« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

2013年4月26日 (金)

見届け人 おしごとウーマン

こんにちは。yaccoです。

今週は本当に激動の一週間でした。

私が所属する部署が他県の工場に事務所移転する、ということが
昨年の夏に決まり、その方針に従い、秋には同じ部署の
半分以上の仲間が他県に移転・転居したり早期退職で辞めたりして
更に今年2月には残りの一部が移動して、最後まで残ったのは
私のいる課と隣の課の計10名だけになってしまいました。

私は転勤できないことを昨年の面接のときに伝えていました。

残留してもこの状況だから異動先となる職場がないかもしれない、
とのことだったので、転勤できないのであればやはり辞めるしか
ないのか・・?と、かなり悩んで迷って、結局辞める決断すらも
できないまま、いちかばちかで、職場異動もやむなしという覚悟で
今のこの勤務地に残留することを決めました。

今の部署の最後の部隊である私の課がいつまでも
ここに残れたらいいのに、、って何度も思ったし同僚の
Tちゃんといつも

「転勤したり離れ離れになったりしたくないね、、(ノ_・、) 」

と、しんみりしながら話していたけども、いよいよその日が
来てしまいました。

3月半ば過ぎに、残りの課が5月1日から他県に移動、
それをもって今の部署はここから撤収する、ということが正式に
決まりました。

それが決まってからがもう大変でした。

特に他県に転勤する人たちが。
既に転勤していった人たちも大変だったのでしょうけど
正式に内示があってから辞令・赴任日までが実質1か月しか
なく、アパート探しも他県のため何度も足を運ぶこともできず
会社のルールもいろいろあって、転任休暇が適用できる範囲とか
アパート探しでの出張は1回だけ、とか、個人的な手続きと
会社に対する手続きと、事務所の片づけや引き継ぎなど
本当に最終部隊は大変でした。

私は転勤できないということで、後任として別工場の技術者を
上司が交渉してひっぱってきたりで、拠点の異動による波紋は
そういうところにも広がりました。

私は私で仕事の引き継ぎや片づけをやりました。

数週間前から少しずつ皆仕事や事務所やプライベートの
身辺整理を始め、キャビネットや解析用の設備や顕微鏡も
机も椅子ももっていくので分類してラベルを作って張り付けたり
その下準備に追われていました。

これまでの移動は、個人もしくはその課のみの移動だったので
自分の課の荷物や個人の荷物を移転先に送ればそれで
済んだのですが(個人の引っ越しの負担は皆同じですが)、
今回は最終部隊ということで、事務所の備品のファイルや
キャビネットや設備関連一式まで移動させないといけなくて、
また、先に移動した人たちの分のサンプルや不要物もまとめて
廃棄処置したのでまさに「後始末」という感じです。

ファイルや備品や個人の物品を入れたダンボール150箱以上、
事務用キャビネット20以上、さらに机+椅子のセット10セット強、
打合せ用椅子やテーブル、解析設備+テーブル+椅子、備品、
工具、何もかも事務所から運び出したのが昨日(木曜日)。

その前日までには机の中やキャビネの中身も全部だして
梱包して、引き出しを空にして識別用のラベルを張り付けて、
そんなこんなで今週は別れの悲しみや寂しさに浸っている
場合ではなく、それどころじゃないー!急げ急げ間に合わん!

┌|*゚o゚|┘┌|*゚o゚|┘┌|*゚o゚|┘ウホウホ

って感じで本当にバタバタでした。

昨日は梱包したダンボールやキャビネットを搬出するのと
大量に出た大型廃棄物の処理だけ、ということで
立ち合い・手伝い含めて出社したのは6人。

他のメンバーは自分の引っ越しもあったのでそちらを
優先して、Tちゃんやトトロ君は水曜日が最終出社日となりました。

私は最後まで今の部署の一員としてお手伝いをしたいと
思い、頑張って搬出や廃棄処理の手伝いをしました。

搬出関係のロジスティクス、運送業者の人たちが大人数で
ぞろぞろとフロアに入ってきたときはなんだか、いよいよだなと
いう感じでした。

搬出と廃棄処理だけ、とはいえ、予想以上に時間がかかり
やっぱりこれだけのものを持っていくのは並大抵のことじゃ
ないなーと思いました。

広く空いたスペースに長年蓄積されたたくさんのほこりや
いつのものか分からないごみが落ちていたのを掃除機で
吸い取り、別室にある実験室も空っぽになった後に
掃除機をかけ、それまであった机の跡やキャビネットの跡は
目立たなくなり、広いがらんとしたスペースだけがそこには
ありました。

そして4時前には何もかもが終わり、広いフロアの
一部、私たちがいたブロックがすっかりからっぽな
状態になり、隣の部署は何事もなかったかのように
淡々とデスクワークを続けていて、すっからかんになった
フロアの一部を見ていると、本当に

「あー、、ここでのうちの部署の歴史は今日でピリオドか」

と感慨深いものがありました。

他県でリニューアルする、私が入社してからずっと所属した部署。

長く仕事をさせてもらったこのフロア、この部署のここの拠点での
最後の一部始終を見届けることができてよかった。

慌ただしすぎて何を考えるでもなく搬出や掃除のことに
集中していたのに、搬出も掃除もほぼ終え落ち着きが
戻ってくると、見届けることができてよかったと思うと同時に
ふとなんだか空しさがこみ上げてきました。

今まで転勤や退職や異動とかで、たくさんの人がこの部署を
去ってゆくのを私は見送る立場でした。

いったいどれだけ多くの人を見送ってきたかと思うくらい
たくさんの人たちを見送りました。

見送るとき毎回

「自分がこの部署を去る時って想像つかないな。
 いったいどんな風なんだろう」

って思っていたけど、まさかこんな形で長く在籍した部署を
去ることになるとは思ってもおらず、「私が去る」というより
やはり「部が去る」「一緒に仕事をしたチームメイトがここを去る」
のを見届ける立場で終わりました。

こんだけ汗水流して働いて、自分がこの部の一員としての
最終日がこれ、って・・。

なんだかちょっぴり寂しいけど・・。

でも

これが私の終わり方。私らしいじゃないの。

お別れ会もやってもらったし遠いところから来てくれた人もいた。

 

忙しくて慌ただしくて何が何だか分からないぐらいの方が
悲しみに包まれなくていい。
涙もそんなに流さなくていい。
ドライにあっけなく終わる方がいい。
みんなそれどころじゃないのはわかっているから。

私はやるだけのことをこの部署でやった。
最後の片づけは頑張った。

だからそれでいい。

余計なことは考えない。期待しない。求めない。

変にイジイジメソメソするより、最後までやることやって頑張ったって胸はれる方が断然カッコイイ。

 

空しさもこみ上げてきたけど、こんな状況だし自分も仕事を
抜けることで課の人たちや関係者に迷惑をかけるし、
これでいいんだ、と自分の沈みかけた気持ちをひっぱりあげた。

朝から騒々しく慌ただしかった一連の引っ越し作業が
ほぼ終わるころ、フロア一帯が元の静けさと落ち着きを取り戻し
驚くほどのビフォーアフター劇。

でも最後の最後まで、運搬業者の人たちが最後の物品を
運び出されるのを見届けることができ、がらんとなった
スペースに確かに私たちがいて仕事をしていたんだという
証を感じることができ、私はただただその空いたところを
いつまでも眺めていました。

私は4月末のぎりぎりまで今の職場で仕事をさせて
もらいました。

上司の配慮で、今の部署とは違うけれども、今までの
スキルをそのまま使える解析専門の部署へ導いてくれました。

今までのような雰囲気で仕事を出来るわけじゃないけど、
事務所も人も仕事もがらりと変わるわけだけど、きっと
これも何かの縁。

行った先にもいいことがあると信じて、いい方向に向かうのか
悪い方向に向かうのかは自分次第であるといいきかせて
ポジティブに頑張っていきたいと思います。

本当にお世話になった人たちに感謝しています。

直接会って感謝の気持ちを言えなかったけども、またいつか
会える時があると思って頑張ります。

私がずーっと仕事をしてきた部署、居心地の良かった部署、
みんなと笑いあったり協力し合ったりして仕事をしてきた部署の
事務所の引っ越しに立ち会うことができてよかったです。

他のみんなは自分の引っ越しもあるからきっと大変だろうな・・

くれぐれも怪我やアクシデントなどなく無事に引っ越しが
終わりますように。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2013年4月 5日 (金)

中堅クラスの壁

こんばんは。早いものでもう4月に入りましたね。

4月というのは、進級、新入学、新規入社、転勤、などなど
いろんなところで、いろんな人が新たな生活を始める
始動の月でもありますね。

今までと違った環境で学校生活を始める人、社会人生活を
始める人、たくさんいると思います。
4月に限ったことではないですが。

この春新たに社会人になった人は大きな節目だと思います。
今までの「学生」という身分から「社会人」に変わる瞬間、
そこから先は完全に自分の力で乗り切っていくことに
なると思うので、先輩や上司の方々に教えてもらいながら
少しずつでも成長していってほしいですね。

これからしばらく緊張やストレスがあると思いますが
まずはその環境に慣れることから始めましょう。

私は、その昔、新入社員という「ウブで若くて世間知らず
時代から、中堅社員という「波と調子に乗りはじめた生意気」
時代を経て、ベテランという領域に足を踏み入れて
今に至っています。

新たな生活を始めた人たちが心に疲れを感じる頃ということで
「5月病」という言葉があるのですが、社会人になって
ストレスを感じるのは、新人だけではないでしょうね。

新入社員は新入社員なりのストレスがあるとは思いますが
実は、中堅社員も結構ストレスを抱えていると思います。

まあ、中間管理職とか、どの階層でもその階層特有の
ストレスがあり、種類も質も違うのでしょうけど。

中堅社員は、業務を遂行する実行部隊として一番
動かなければいけないし、経験値も上がってくるから
仕事に対しての意思や自信や自分なりのポリシーみたいな
ものが出来てくるのだけど、その分関係部門とのやり取りや
上司とのやり取りにおいて、衝突したり、言い分が通らな
かったり、上司の指示に納得しにくかったりして不満を
多く抱えがちな時期でもあると思います。

新米時代を抜け出た頃あたりが、仕事は慣れてきて
自信もついてきて、自分のやりたいやり方でやろうとするけど
関係部門とか取引先とかまだまだ自分の思うように
動いてくれなかったり、自分の意見が通りにくかったりで。

まだなめられていたりするんでしょうね。

私も20代後半ぐらいが、いろんなジレンマがあり、きつかった
ように思います。
いろいろ不満を抱えていました。
上司や同僚にというより、仕事がうまく進まないこととか
やりとりがスムーズにいかないこととか、関係部門から
あーだこーだ言われたこととか。

そして、そういうちょこちょことした不満とか言いたいことを
思うように上司に言えなかったり相談できなかったりして
更に消化不良になっていったり。

 

いろんな壁があったように思います。

 

今思えば、私も何か問題があったのでしょうね。
やり方がまずかったりとか、言い方や伝え方が未熟だったり
生意気だったり、うまくいかない原因が自分にも
あったのでしょうね。

中堅時代を経てベテラン領域にさしかかると、それまでの
ジレンマやストレスみたいなものは薄まっていきました。

自分も仕事に対する姿勢とか、人に対する態度とか
以前よりうまくなったのか、はたまた仕事の進め方や業務に
習熟して更に経験値と年齢が増すことにより、
人に頼みやすくなったり、頼んでもスムーズに動いてくれるように
なるからかなのか。

生意気だったんでしょうね。私。
いっちょまえだったんでしょうね。
知ったかぶりだったんでしょうね。
仕事や人を甘く見てたんでしょうね。
誠意が足りなかったんでしょうね。
言い方がとげとげしかったり、人を認めてなかったんでしょうね。

今だからそう思います。

だから、新入社員の人たちにも新たな気持ちで頑張って
ほしいと思うと同時に、中堅クラスの若者の人たちにも
めげずに乗り切って、仕事のスキルだけでなく、特に
メンタル面で更に成長していってほしいと思います。

なんだか真面目路線でしたね。

基本、真面目ですからね。私は。

さあさ、明日もがんばるかね。

 ←よかったらクリックをお願いします

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »