« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年12月26日 (水)

年末のつぶやき

こんばんは。yaccoです。

またまたお久しぶりです。

おひさしブーリーねー あなたに会うなんて~

by小柳ルミ子

 

・・・(゜д゜)・・・

  

古すぎませんかね?!

  

  
というか、古すぎるかどうかすらも今の人は
ワカランでしょ。

「古い~」とか「昔すぎるー」と思ったアナタ、

  
既に若くないですね!  (。-∀-) ニヒ♪

  

  

もう年の瀬ですね。
年末は慌しくて気ぜわしいですね。
1日が過ぎるのが早いというか、、、

仕事はボチボチです。
とにかく自分がやれること、やらなきゃいけないことを
ひたすらやるのみです。
自分の守備範囲の仕事でなくても、線引きしている
余裕などなく、総勢で協力し合ってカバーするしかないので
できることをやり、できないことも出来るように、人から
新たに教わってでもやるしかない状況になってます。

そんなこんなで慌しく一日が過ぎる、、というか
慌しいというよりなんとなく一日が過ぎるのが早いので
何かをするためにゆっくり時間を割いてやることが
少なくなったような。
気づくと、アレ、自分って何やってたんだろ??
ってなります。

以前は、ブログもこまめに更新していろんなことを
書き綴ったりしてたし、イラストもちょこちょこ描いて
ブログに載せたり、職場の社内HP用に描いたりも
してたのだけど・・。

ふと昔のバックナンバーをいくつかランダムに遡って
見てみたら、懐かしいですね。

1年前、3年前、4年前、同じ時期でもその時期時期で
書いている内容やトーンも違うし、興味のあるものや
書き方も違ってて、面白いなーと思いました。

今の自分には無い持ち味や感性があるような。
よかったら昔の分も見てみてくださいませ。

 

日記帳に直接ペンをとって書いたりはしないけども
ブログにはその時々で思ったことや考えたことを
書いたりして、まさに電子ダイアリーですね。

大事な宝物です。

最近は自分の中で面白みがなくなったのかも
しれないですね。
感性が鈍ったというか。

パソコンに向かっている時間が少なくなったのも
あるでしょうね。

いろんなことを感じたり思ったり感情は以前のように
浮いたり沈んだりしているのですが。

それでも時々は面白いことや楽しいことや
面白くないこととかつまらないこと、いろいろ
綴っていけたらなーって思います。

題材はたくさんあるのだけどもね。
書き出すと長くなっちゃうもので。。(* ̄∇ ̄*)

昔のブログに負けないよう
これからも私らしく自分流で書いていきます。

最近は過去を振り返ってばかりだわね。
でも過去の、自分らしさや自分のいい持ち味は
そのまま維持し続けていきたいと思うのです。
そして気持ちは前向きで。

そんなこんなで、これからもどうぞよろしくお願いします。

なんだかかしこまっちゃったね。
出だしの軽いノリと違って真面目なこと書いてるし!

 ←よかったらクリックをお願いします

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年12月14日 (金)

過ぎ行く時間 未熟な自分と今の自分

こんばんは。yaccoです。

もう12月に入っちゃってますね。
というか、もう12月も半ばだし。

ブログも1ヶ月に1回程度の更新になってるような。。( ̄ヘ ̄;)

仕事はボチボチです。
なーんかやる気は出ないです。
自分の行く末がはっきりせず、中途半端な状態で
どっちつかずの状態で、モチベーション上がるわけもなく。

前を向いて進むしかないのだけど、時々ふと振り返ることが
あります。
自分がまだ新米の頃、新米を過ぎて中堅に差し掛かった頃。

今思えば本当に未熟者で自分勝手で自己中心的なところが
多かったなーって。
今もまだまだそんな部分はあるけども以前に比べると
それなりに私自身変わりました。

以前、その頃の上司が苦手でした。
好きじゃありませんでした。
その頃の私にとってその上司は偉そうで、親切そうだけど
なんか恩着せがましくて「君の勉強のためだから」とか言って
雑用とか面倒な仕事を押し付けられてたように思います。
そんな風に見えていました。

でも今自分が歳を重ねて仕事もベテランと言われる領域に
入って、新入社員の教育担当を任されたり人に教える
ようなことが増えてきて思いました。

はたして昔の上司は単に恩着せがましかっただけか?
雑用を押し付けていただけなのか?
もしかしたら本当に自分の仕事のスキルアップのために
いろいろと考えてくれて業務の指示をしてたのでは
ないのか?
単に自分の方が甘ったれで未熟で器が狭かっただけ
なのではないか?だから自分の視野の狭さだけで
自分のものさしで上司や上司の言葉や指示を
勝手に解釈して勝手に評価し、「嫌な上司」と
決め付けていたのではないか?

今となっては分かりません。

その頃の上司がどれだけ良くてどれぐらい良くなくて
自分がどれだけ物分かりがよくなかったのか。

自分が歪んだ気持ちと偏見で相手の言葉を
受け取ると「君の勉強のため」と言われても
「きれいごとだ」とか「押し付けている」とかしか
思えなかったりするけども、もしかして本当に
自分のためを思ってくれているのかもしれない、
そう思うとなんか何がどうなんだか分からないです。

だから自分で勝手に決め付けてしまうのは
危険なのかもしれないと。

今思うと自分も相当甘ったれの未熟者で
自分が嫌だと思う原因は相手にあると勝手に
思うようなところが大いにあったような気がします。

今から先、気持ちの持ちよう次第でよくもなるのだと
そう思ってやっていきたいです。

自分が人に教えられる立場から、逆に人に教えるような
ことも増え、改めていろいろと考えるようになりました。

私が若手のため経験を増やして成長するためと思って
業務を任せたり頼んだりしていることも、もしかしたら
彼らは「やらされている」とか「押し付けられた」とか
思っているかもしれませんね。

そうだとしても、自分が歳を重ねて物事を広く捉えられる
ようになったおかげで彼らの未熟さもある程度は
自分の方でなんとか許容できそうな気がします。

そう思うと、時が経つことや歳を重ねることも
悪くない、そう言い聞かせている今日この頃です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »