« 贈る言葉 | トップページ | モノレスな時代 »

2012年11月 2日 (金)

怒涛の10月と11月の境目

こんにちは。yaccoです。

11月になりました。ほんとに早いですね。
10月は1回しかブログを書いてませんね。

なんだかバタバタしてました。
バタバタしてたといっても、毎日毎日サザエさんのような
生活を送っていたわけではないですけども。

とにかく仕事・会社関係で慌しかったです。
慌しいといっても、朝から夕方まで座ったり立ったり
走り回ったり、椅子に座ってぐるぐる回ったりとか
電話を二つ両刀遣いで話してたとか、そんな
あからさまな慌しさというわけではないですけども。

 

  Photo_2

  ※↑こんな状況だったというわけではありません。

 

なんとなく心が落ち着かない日々がここのところ続き、
10月中旬あたりからは退職予定の人が後任に
仕事を引き継いだり、職場の他県への移転とかで
引越し準備を始めたりで、通常の仕事をする雰囲気では
ありませんでした。

環境が変化しつつある(変えざるを得ない)状況を
頭では分かっていても、気持ちがなかなかついていけなくて。

会社を辞める方々も今回はものすごく多くて
この現実に対する寂しさ、悲しさ、不安、迷い、憤り、不満、
やりきれなさ、無念さ、いろんな感情を処理しきれずに、
一時期は毎日涙が出ていたこともありました。

10月も終わる頃、少しずつ少しずつ落ち着いてきて
大好きな仲間、同僚、仕事でお世話になった同僚や
大事な先輩達がこの会社を去っていくことも
これからの一歩なのだと思えるようになり、ちょっとしたことで
涙が出るようなことはなくなりました。

ですが、やっぱり10月の最終週や最終日は辛かったです。
とても。

今回は皆積極的な選択ではなく、マイナスとマイナスを
比較して、選ばないと前に進めないから仕方なく選んだ
究極のマイナスの選択。

だからどちらを選んでも苦しいし辛い。

それでも、自分にとって何を優先して何を我慢して
何を得て何を失うか、それぞれがそれぞれに一大決心した
それぞれの道です。

ですから、これからさき自分で一大決心して選んだ道が
いい方向に向かうよう願います。

私もこの先どうなるか分かりませんが、会社に残ると
決めたからには、悔いの無いよう頑張れるところまで
頑張りたいと思います。

まあ、自分で覚悟して決めたことなので、その先転んでも
うまくいかなくてもそれはそれで納得できるのだと
思うんですけどね。

11月に入ったばかり。

大きな波は通り過ぎたばかりで、波が過ぎ去った後の
余韻や違和感はありますが、少しずつこれが平常になり
この寂しさを寂しいと感じなくなるのでしょうね。

それぞれが新しい一歩を踏み出しました。

たくさんの人にありがとうと何度でもいいたいです。

(挨拶の時にもたくさん言いましたが)

ここのところ悲しい気持ちばかりでしたが、
号泣するほどに、悲しい、寂しいと思えるほどに
親しい先輩や同僚たちに出会って一緒に仕事が
できたこと幸せに思います。

涙と笑顔の百面相でした。

また笑顔を忘れずがんばっていきます。

  

Photo

 ←よかったらクリックをお願いします

イラストは昔描いてブログで使ったものです。
昔描いたイラストを引っ張りだして見てみると懐かしい
ですね。
最近はほとんど描いていません。
昔のような自分の中の感性やユーモアさが薄れたのか、
思うように描けなくなりました。

それでもこの頃の気持ちや楽しく描いていたときを
思い出して、描けそうなときには描いてみたいなと
改めて思いました。

|

« 贈る言葉 | トップページ | モノレスな時代 »

コメント

こんばんは。ご無沙汰していました。早いもので今日は「立冬」、冬の文字だけで寒さが襲ってきそうです!!
いろいろ大変だったのですね。皆さまの選択がより良いものであることを願っています。
イラスト、久しぶりに見ることができて嬉しかったです。
お身体に気をつけてお過ごし下さいませ。

投稿: オスカー | 2012年11月 7日 (水) 23時37分

オスカーさんへ

こんにちは。レス遅くなってすみません。
もう冬がいっきに来た感じですよね。
明日からまた冷え込みそうです{{ (>_<) }}

会社でいろいろありました。
製造業や、家電業界はほんと先行き不安です。
なれ親しんだ人達も会社を去っていかれたので、とても寂しいですが、いい方向にお互い進めばいいなと思います。

昔描いたイラストとか見てると懐かしいやら。
最近何もする気が起こらなかったので、またイラストとかも忘れないように書き続けていけたらいいなと思います

投稿: yacco | 2012年11月11日 (日) 15時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/139811/47689702

この記事へのトラックバック一覧です: 怒涛の10月と11月の境目:

« 贈る言葉 | トップページ | モノレスな時代 »