« 盆と実家と母と私 | トップページ | 再び実家に帰るの巻 »

2011年8月17日 (水)

高校野球とプロスポーツ

こんにちは。yaccoです。
Coccoはものすごく痩せてますがyaccoは痩せていません。
意味はありません。(*'-'*)エヘヘ
でもCoccoは拒食症だったとか?何も知らずTV番組で見た時は
その細さや独特の雰囲気に奇妙さを感じてましたが。
事実かどうかは分かりませんが、なんだかちょっと気になりました。

夏の甲子園(全国高校野球選手権大会)面白いですね。

私はここ最近はサッカー観戦が好きで、Jリーグやワールドサッカー
はもちろん、特に地元ロアッソ熊本の応援には気合が入ります。

野球観戦は熱心な方ではないのですが、高校野球(春・夏の
甲子園)は好きです。
高校野球もそうですが年末年始にある全国高校サッカー
選手権大会も好きでテレビ観戦してます。

プロ野球、Jリーグなどプロチームの試合は見ごたえがあり
技術力も卓越していてスポーツとして「別格」という感じで
面白いですが、高校野球、高校サッカーは別の面白さが
あります。

何故かと考えた場合に、必死さ、ひたむきさの度合いが
プロスポーツとは違うようなそんな気がしたんです。
彼らはその大会のその一つの試合に全てを注いでいるから
かなぁ、と思ったんですね。

そこで負けたら彼らが注いできた全てが終わってしまうので
必死なんだと思います。
「あとがない」から必死に頑張るのでしょうね。

3年生はそこで高校で頑張ってきた野球生活に区切りがつけられ、
1,2年生も甲子園という舞台で闘う機会が次にあるという保証は
なく、だからそこに向けてやってきた全ての思いが甲子園での
試合ひとつひとつに注がれる、そこの試合で負けたら終わり、
1試合でも上に勝ち進んで今までの努力を報いたい、そんな
気迫が高校野球や高校サッカーにはあるような気がします。

もちろん野球やサッカーに限らず全ての学生スポーツにおいて
当てはまりますが。

そして私たちはそんな彼らの必死なプレーに心をうたれ
感動するのだと思います。
まさに全力投球ですね。

プロ野球やJリーグは選ばれしプレーヤーの集団であり
チームでありそれで収入を得ているまさしく「プロ」です。

だからプロスポーツはプロスポーツの面白さがあり、
皆それぞれ応援するチームに熱心に声援を送るのだろうと
思います。

ただ高校野球や高校サッカーに比べ「あとがない」
「ここで負けたら終わり」という切迫感が違うように思います。

年間を通してのリーグ戦か、1大会限りのトーナメント戦かの
システムの違いによるところが大きいのでしょうけど。

やっぱりリーグ戦だと「今回負けたとしても次に勝てば大丈夫」
という次への期待が無意識のうちに存在する中でのプレーに
なるのかもしれないですね。

プロの方々が緊迫感がないとか必死さが足りないとか
そんなことを言うつもりはないし、もちろんプロ選手の方々も
必死に戦っているし、プロだからこその苦労もしているだろうし
素人にはできない人並み以上の努力と技術力があっての
プロ集団なのでその試合も見ていて面白いし巧みなテクニックと
そのプレーにすごく尊敬しています。

ただ今回法事の兼ね合いで、実家で空き時間や待ち時間があり
高校野球をTV観戦する時間がいつも以上に多かった中で
高校球児のプレーや試合など感動する場面をいくつも見て
ふとそう思ったんですよね。

「ここで負けたら終わり」「あとがない」「だから負けたくない」
「だからここで頑張らなければ」という彼ら一人一人の思いや
貪欲さが大きな力になっていったのかなぁなんて思ったり
しました。

サッカーJ2のロアッソ熊本はここ数試合ずっと勝ちがなく
むしろ直近の試合では3試合連続で負けていたのですが、
先日の大分トリニータ戦は先制されながらも追いつき、
最後の最後で逆転勝利を得ました。

私は直接試合を見に行けなかったのですが、「あとがない」
「勝ちたい」という「勝ち」に飢えた選手全員の精神状態が
ロアッソチームの個々の力を引き出し、前へ前へと走らせた
のかもしれません。

1試合1試合に全力を尽くすのは大変なことだと思います。
奮い立てた精神力を持続させるのは難しいことだと思います。

皆が持っている力を存分に発揮できるようチーム一丸となって
プレーすることが選手やスタッフ、サポーターの喜びに繋がる
ので大変でしょうけどプロで活躍しているアスリートの方々には
頑張っていってほしいと思います。

それから余談になりますが、最近ロアッソ熊本のGK南雄太選手の
ブログをよく見ているのですが、南選手のサッカーにかける思いや
それぞれの試合での反省や心境などが自然体で綴られています。

 南雄太オフィシャルブログ

またそれに対するサポーターやロアッソサポーター以外から
多数寄せられるコメントにちょっと感動してジーンときたりも
します。

負け試合の時のサポーターの怒りのコメントや、嘆きのコメント、
励ましのコメント、労いのコメント、勝ち試合の時の感激のコメント、
喜びや祝福のコメント、などなど、みんな熱いし一生懸命だし、
温かいし、ロアッソサポーター以外の人たちもコメントしていたり
してついつい全部読んでしまいます。

スポーツする人、応援する人、何かにひたむきになれるって
素敵なことなんだなーと思いました。

ちなみにスポーツしている人や観戦する人たちが活用している
スポーツコミュニティサイト「LaBOLA」には様々なアスリートや
一般人のブログが掲載されているようですよ。

  スポーツコミュニティサイト:LaBOLA

   

人生は一度きり。
どうせなら少しでも感動を得たいから、好きなことに打ち込んで
みるのもいいよね。

話がそれましたが、、それにしても高校野球、どこが優勝
するんでしょうかね。
負けたとしても「頑張ってここまで来た」ことが素晴らしい
ことですね。

ガンバレ~みんな。
ガンバレ~わたし(ついで)。

 

 

 ←よかったらクリックをお願いします

  

|

« 盆と実家と母と私 | トップページ | 再び実家に帰るの巻 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/139811/41242092

この記事へのトラックバック一覧です: 高校野球とプロスポーツ:

« 盆と実家と母と私 | トップページ | 再び実家に帰るの巻 »