« がんばれ高校サッカー | トップページ | 母からのメール »

2011年1月 9日 (日)

Chance in life

こんにちは。昨日とはうってかわって今日はどんよりしていて
小雨混じりでとても寒いです。

昨日は夕方、ばあちゃんの様子を見にグリーンヒル(老人福祉施設)
に行って来ました。

12月に担当医師から説明があったときは、心臓がだんだん弱って
きており全身の機能も低下していて老衰が加速しているので
自然に心臓が停止するかもしれません、もうあと数日か正月まで
もつかどうか・・・と言われていたのですが
その後、見に行く度に前回来たときよりも少しずつ回復してきて
いるようで、その生命力に驚きつつ、とても嬉しい気持ちで
いっぱいです。

昨日もベッドで手をごそごそしていて、私や伯母や従兄弟が
話しかけるとしっかり答えてくれたりして、意識も前よりしっかり
していて、目をあわす力も手を握る力もあって、血色もよくて
ほんとにびっくりでした。

ほとんど点滴のみになっていますが、逆に体内に余計な菌を
持ち込まないだけ身体への負担が少なく安定しているのかも
しれないですね。

ばあちゃんは、昔から
「地獄耳だけん悪いこともよく聞こえとらす」
と言われるぐらい耳はものすごくいいです。

なので、ばあちゃんとの会話はなんとかできます。
でもさすがにばあちゃんがしゃべっていることは最近は聞き取れ
なくなってきましたが。

ほんとに可愛いおばあちゃんです。

ばあちゃんを見に行く度に元気がよみがえってきているので
昨日もほんとに安心したし嬉しい気持ちでした。

で、ばあちゃんが寝たのでそっと部屋を出ました。
グリーンヒルからの帰りは景色がとても綺麗でした。
小高い丘の上にあるグリーンヒルの下り坂から写真を
とりました。(急いで撮ったので写りはイマイチですが)

   Dvc00192

そのまま丘を下りて川沿いの道を帰っている最中も西の空の
夕焼けがとても綺麗でした。

車の中から見える川辺の夕焼け空に、渡り鳥の集団が
くの字を描いて空を舞って北の方に飛んでいくその風景が
それはそれはとても綺麗でした。

目の前を白いサギのような野鳥も横切っていきました。

車を運転中だったし、複数車線ある大きな道路だったので
車を路肩に止めて写真を撮る、ということもできなかったし、
カメラもデジカメは持って来ておらず、携帯電話のカメラしかもって
いなかったので、そんな絶好の景色を写真に収めることはできず
ただ目に焼き付けてやり過ごすしかなかったのですが・・。
(その前によそ見運転するなよ、って感じですが)

その時間、その天気、その空模様、その場所、その渡り鳥の形と
軌跡、そのタイミングで見れる景色をもう一度見ることは
ほとんどないでしょうね。

車を走らせているたった数分、数十分の時間の中にさえ
シャッターチャンスはどれだけでもあるんですよね。

そう思うと、写真に収めるシャッターチャンスに限らず、これまで
通過してきた人生の時間の中でもどれだけ多くのチャンスが
自分の周りにあったのかと思うと、計り知れないですよね。
きっと。

大小多くのチャンスのうち、どれだけを自分のものにして
どれだけをやり過ごしてきたのでしょうか。
どれだけをチャンスとして気づいていたのでしょうか。
チャンスと気づかずに見逃していたことも多かったかもしれません。

今回の景色と同じように絶好のチャンスと分かっていても
なんとなく見過ごしたり、それを何かの形に取り入れることが
何らかの事情で状況的に難しくて目をつぶってやり過ごして
きたことも多かったかもしれません。

でもその大小のチャンスをものにしたりしなかったりがあって
その結果が今につながっているんでしょうね。

そう思うとまだまだこれから先の未来もどうにでもなるんだ、
という気もします。

一瞬一瞬が大事であったり、ありふれたものの中の一瞬が
大事であったりするのでしょうね。

ばあちゃんのおかげで綺麗な夕焼け空と渡り鳥を絶好の
タイミングで見ることが出来ただけでも気分は上々です。

   

   

ちなみに、年末まで老人福祉施設の入り口に飾ってあった
置物がなんだか印象的で写メにおさめましたよ。
 

 

  

         これです↓

 

   Dvc00191

 

  

 

ピカチューだと思われますが、なんかちょっと違う・・・?

まるで

「ちょっと、そこのオバサン、焼き鳥が安いよ~
  買ってかない?」

って言っているみたい(笑)

どこがどう本物と違うのかわかりませんが、その違和感が
面白くてついつい写真にとりました。

 ←よかったらクリックをお願いします

 

|

« がんばれ高校サッカー | トップページ | 母からのメール »

コメント

こんばんは。小さな子どもがみたら泣き出しそうなピカチュウ!!コワイよ
~夢にでるかも(笑)
さっきまでテレビで「任侠ヘルパー」を見ていたので、介護と看護について考えてしまいました。
あたたかくなって一緒にお花見したいですね~きっとできる気がします!!綺麗な写真によいお話、ありがとうございました。おやすみなさい☆

投稿: オスカー | 2011年1月 9日 (日) 23時56分

オスカーさんへ

こんにちは!
ピカチューのハリボテはまさに子供が泣き出しそうでちょっと怖い感じでした(笑)
私も以前は介護とか人生の終わり方とか死に際とかほとんど考えたことがなかったんですが、父の死や祖母の残りわずかな人生を身近にみて、いろいろと思うことが増えました。
皆、家族や親しい人の死を通して「生と死」を考えるんでしょうね。

ほんと、ばあちゃんとお花見ができたらいいなーと思います。
ばあちゃんは3月30日が誕生日です。
誕生祝もできたらいいなーと思います。

投稿: yacco | 2011年1月10日 (月) 13時42分

多分ピカチューなんでしょうね。
違和感は有りますが、それが何故なのか分かりません。下半身がずんぐりしすぎているからでしょうか?
けど愛嬌は抜群ですね。声掛けてそうな手が良いですね(^-^)

投稿: うめ | 2011年1月10日 (月) 14時55分

うめちゃんへ

なかなか違和感があっていいでしょう?どこが、というとどこが違っているのかわからないけども、その傾き加減といい、いい味だしてました(笑)
隣には温泉センターがあるのだけど、実はその入口にも別のポケモンらしきハリボテがあってそれもまたなんか違和感あります。

投稿: yacco | 2011年1月11日 (火) 23時36分

ふとしたタイミングでsign03sign03これcamera撮りたいって時、確かによくありますね

そして、手持ちのコンパクトcameraの性能に限界感じてたっていうお話を昔したかと思いますけど、とうとう新しいcamera買っちゃいましたgood
最初は一眼レフかなっても考えていたけど、写真撮るのが仕事だとか趣味ってわけじゃないから、そこまで高級なやつじゃなくていいかってcoldsweats01
一眼レフとコンパクトの中間くらいの光学ズームの倍率が高いやつにしましたhappy01
これで運動会とか発表会はgood………なハズ
只今取説片手にcameraと格闘中な日々を送ってますcoldsweats02

ところでピカチュウみたいなのってあちこちでみかけますよねhappy01
ウチの地元の商店街で毎年夏休みの土曜日の夕方から道路を歩行者天国にして夜市やってますが、そこでみかけたピカチュウみたいなのってってとっても印象的でしたsign02sign02sign02sign02
頭はピカチュウのかぶりものなんだけど、大きさが人の頭を一回りくらい大きくしたくらい
そして、体が………
たんなる黄色いツナギってbleah
しかも律儀に尻尾はついていますが、体形がまんま人runしかも身長170くらいの大男だからちっとも可愛くないっsweat01
まぁ、夜市を盛り上げようと商店街の誰かがやっている努力は認めますが………coldsweats02
誰も寄り付くこともなく、小さい子供は逃げて行ってましたshock

頑張れ地元商店街sign03
でめそんな、ほのぼの感?って嫌いじゃないけどねーconfident

投稿: yas | 2011年1月13日 (木) 17時45分

yasさんへ

こんばんは!やっしゃんとうとうデジカメ買ったんだね~。
一眼レフは性能がよくて遠い場所もズームがきくし綺麗に取れるから持っておくといいなーって思うけどやっぱりコンパクトさに欠けるし(そこそこ小さいのもあるけど)、値段がお高いし、そこまで専門的な写真を撮る必要がなければ、手軽なコンパクトデジカメあたりが便利よね。

光学ズームが聞くのであれば運動会とかもバッチシだよね。

やっしゃんの地元商店街にもピカチューらしき着ぐるみキャラがいるんだねー。
似ても似つかないあたりがまたミソなんだろうね(笑)
細身とか大柄のワイルドなピカチューとかいたら印象的だろうね!

地元ならではのオリジナルキャラで町を盛り上げていってほしいよね。
私はそんな庶民的で下町的な雰囲気って好きだな~

投稿: yacco | 2011年1月13日 (木) 22時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/139811/38398168

この記事へのトラックバック一覧です: Chance in life:

« がんばれ高校サッカー | トップページ | 母からのメール »