« 父のこと(6) | トップページ | 無題 »

2010年9月30日 (木)

父のこと(7)

父は8月4日に日赤病院に転院しました。

その週末に見舞いに行きました。

7月下旬に見舞いに行ってから、日赤病院への父の見舞いは
このときが初めてでした。

7月下旬の見舞い時とは違って、父は点滴と酸素マスクをつけて
パジャマの上着と短パンでベッドに寝ていました。

意識はあるものの、呼吸困難や身体の苦痛で、とても話せる
ような状態ではありませんでした。
父は苦しそうに酸素マスクをつけ天井を見つめるのみでした。

前回は歩いていたし、かすれ声だけども会話をしていて
なおかつその時は癌とは誰もが知らなかったので、それほど
期間があいてないにも関わらず、父の容態が明らかに悪化
していることに改めてショックを受けました。

本当に病状は深刻なのだと認識させられたと同時に
こんなに短期間での急な展開に私はどうしていいのか戸惑いと
同時に、またこれまで何もできていなかった自分に後ろめたさも
感じました。

父は私が見舞いに来ていることは知っていつつも話す余裕も
なく、たたただ苦しそうでした。

唯一、父が体を起こしたがったので、体を起こすのを手伝うと
ミニ冷蔵庫を指しその中にウィダーインゼリーが入っているので
取って開けてほしい、としぐさで訴えました。

ゼリーのふたをとって渡すと、父は別途の端に座って少しずつ
飲みました。
マスクを外して呼吸をするその体からはガラガラと音がしていました。
おそらく気道にある痰の音だったのでしょう。

ベッドの脇には母と会話をするために使った筆談ノートが置いて
ありました。
ただその筆談もままならないほど、父の手も腕も自由がきかない
ことは、くずれて読めない弱々しい字が物語っていました。

それでも父は私に何かを語りかけようとして手を上げたり
ジェスチャーをしてみせてくれました。

その日私が病室を出るときには、父は顔をしかめながら
「申し訳ない」と何度もしぐさで示すので、
「おとうさん、きついけど頑張ってよ。またくるからね!」と
励ますと、父は「うん、がんばるから」と表情で答え
こぶしを上げてそのあと私に握手を求めてきました。

父と激励の握手をしたその手は、筆談は難しくても
まだまだ力強いものであり生命力を感じました。

それと同時に精一杯笑顔を作っているような父を見て
涙がこぼれそうになりました。

だけど、ここで涙を見せてはいけないと、私も頑張って
泣くのをこらえ、父のいる病室をあとにしました。

病院の廊下を歩く時には既に涙が止まりませんでした。

 

  A0830_000346_m    

 

 

 

明日から10月ですね。
「涼しい」から「寒い」に変わっていきつつあります。
季節の移り変わりについていくのがやっとです。

皆さん、体調をくずさないようにしてくださいね。

 

 

|

« 父のこと(6) | トップページ | 無題 »

コメント

私達も親世代を見送る歳になったんですね。こうやって次の世代へとバトンをまわしていくんでしょうね。
切ないけど、こういう現実は受け止めないといけませんね。

それはそうとお互いに母親が心配ですよね。。。

投稿: うめ | 2010年10月 6日 (水) 09時39分

うめちゃんへ

うめちゃんも今回は大変でしたね。
旦那さんの方も相当気落ちしているのではないでしょうか。
旦那さんやお母さんを支えてあげてね。
こういう現実を通していろんなことを学んでいくのだろうね。
悲しいけど・・

うめちゃんもあまり気を落とさないようにね。

投稿: yacco | 2010年10月 6日 (水) 21時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/139811/36883683

この記事へのトラックバック一覧です: 父のこと(7):

« 父のこと(6) | トップページ | 無題 »