« 久しぶりの出張劇場 | トップページ | 久しぶりの出張劇場2 »

2010年8月 9日 (月)

夏休み なかやすみのつぶやき

今日は義父の見舞いにいく。

ずっと前に重松清さんの「その日の前に」を読んだ。

がんに侵された妻を持つ夫(主人公)が、息子たちとともに

妻の「その日」が訪れるまでを心と日常の準備をしながら過ごす物語。

  

少し他人事ではないような気がした。

でも今は前向きにとにかく義父と母を支えるのみ。

  

日常はいろんなことがあって、楽しいこと、嬉しいことと平行して

悲しいこと、やりきれないこと、つらいこと、苦しいことも押し寄せる。

  

悲しみだけに押しつぶされてはいけない。

苦しみだけにのみこまれてはいけない。

  

悲しいことや辛いこともあるけれど、同時に楽しいことや

面白いこともみつけて、自分を支え大事な人を支え励まし、

そして助け、精一杯 真面目に 時には不真面目に 

日常を過ごすのみ。

 

明るい日と書く明日もまた楽しくやっていきたい。

悲しみのオーラに包まれてしまわないように元気と笑顔を

私は忘れないようにしたい。

 

めそめそばかりはしていらなれない。

私がめそめそしたら めそめそが移って みんな気弱になる。

だから 私は 今日 頑張って 涙を流さなかった。

  

 

 ←よかったらクリックをお願いします

 

|

« 久しぶりの出張劇場 | トップページ | 久しぶりの出張劇場2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/139811/36088541

この記事へのトラックバック一覧です: 夏休み なかやすみのつぶやき:

« 久しぶりの出張劇場 | トップページ | 久しぶりの出張劇場2 »