« 久しぶりの出張劇場3(完結編) | トップページ | 今日の反省 »

2010年8月21日 (土)

ソラノカナタ

  

 P1000846   

  

まぶしい夏の日差しが緑の山を照らしていました。 

 

穏やかな風が吹いていました。

 

 

何事もなかったように 道は続いていました。

 

  P1000842

  

 

  

空は青く 風に乗った白い雲が流れていくのを 見送っていました。

 

 

    P1000843_3

 

 

おとうさんは 空のかなたに いきました。

 

 

静かで穏やかな緑の山は おとうさんそのものみたいでした。

 

 

 

    

 

   

|

« 久しぶりの出張劇場3(完結編) | トップページ | 今日の反省 »

コメント

おとうさん、きっと幸せな人生だったと思います。大好きな人にそばで見守ってもらえて。そして一杯悲しんでもらえて。
人として最高の最後だったのではと思います。

お母様、早く悲しみが癒されて、楽しい思い出で暮らしていけるようになるといいですね。

投稿: うめ | 2010年8月22日 (日) 23時43分

うめちゃんへ

ありがとう。母は父に本当に幸せにしてもらったんだなーとつくづく思いました。
夫婦愛そのもので、母もおとうさんを慕い、お父さんも母を慕っていました。
その分母の今後が気がかりだけど、母は私と違って外交的で積極的なので友だちも多く、喪が明けたら自分から外に出て行かなきゃと思っているようです。
とはいっても私もちょくちょく様子を見に行かなきゃとは思っているんだけどね。

投稿: yacco | 2010年8月24日 (火) 08時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/139811/36278724

この記事へのトラックバック一覧です: ソラノカナタ:

« 久しぶりの出張劇場3(完結編) | トップページ | 今日の反省 »