« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月29日 (日)

父のこと(1)

ブログやツイッターに書く内容は人それぞれで、情報発信であったり
日々の雑記であったり、人とのコミュニケーションであったりと
様々です。

私の場合は、やはりこのブログは「日記」「記録」のようなもの
であり、日々の出来事を通じて思ったことや感じたことを
楽しいことも悲しいことも、自分のいろんなそのときの心情を
書き留めておきたいと思って書き綴っています。

なので、書く内容も様々であること、ご了承ください。

  

今は父の事、父への思いを書き綴りたいと思います。

 

8月15日午後、父が亡くなりました。

病名は食道がんでした。

全くもって急でした。

私たちからしたら急だったのですが、父にしてみれば
どことなく体調が悪かったり、あるいは、時にひどく体調が
悪かったりしていたのかもしれません。

それでも父もまた、まさかこんなに早く人生に幕を閉じることに
なろうとは思っていなかったでしょう。

昨年の10月に肺炎で一度入院しましたが、それほど長期では
なく、2週間ほどで退院しました。

今思うと、病状悪化の前ぶれだったのか、もしくは、肺炎を
わずらい体力低下したことで病魔が猛威を振るい始めたの
かもしれません。

その時に食道がんが見つかっていればもう少し違っていたの
かもしれません。
変わらなかったのかもしれません。
それは今でも分かりません。

その後は元気に過ごしていたようでした。 

 

父は、正確に言うと“義父”であり、私が大学に入った頃に
私の母と再婚しました。

私が、母と付き合っている父と初めて顔を合わせたのは、
高校生の時でした。

父とは血はつながっていないし、幼少の頃に育ててもらった
わけでもないけれど、それでも私にとってはいつの間にか
「父」「おとうさん」と呼べる大事な存在になっていました。

なのでいつの頃からか「義父」と表現するのが違和感に
なり、「父」と表す方が自然に思えていました。

でも、高校から大学の頃にかけては、やはり私も
思春期から抜け出したばかりの、中身は子供そのもの
だったので、素直におとうさんに笑いかけることもできず
まともに会話することもできず返事をすることもできず、
ただただ照れくさいのと、母をとられたような面白くない
気持ちと、子供の頃からそれまで父と呼べる存在の人が
いなかったのでどう接していいか分からないのと、いろんな
気持ちが入り混じってとてもとても複雑な思いでいました。

だから私は高校生の時は学校で友だちと遊んだり部活動の弓道に
専念することで家庭の事情から目をそむけていたのでした。

そして大学の頃、母と父が再婚し、田舎の方へ引越しました。
私は引越し先からは大学に通学するのが大変だから、という
理由で市内に残りアパートで一人暮らしを始めました。

なので、母と、父と、私とで3人で一つ屋根の下で生活を
共にして暮らした時期はほとんどなく、私は休みの日や
ヒマだったり退屈した時に、今では実家と呼んでいる
父母が移り住んだその田舎の家に帰る程度でした。

  

  P1000853

  

   

 

  

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年8月25日 (水)

今日の反省

ついつい出てしまった。

私の愚痴、ぼやき。

「私なんて」 「私なんか」。

  

頭ではわかっている。

足りないものを数えても何にもならないのだと。

足りないものを数えたり 人と比べたりしても 

何の意味もないのだと。

足りないものを数えることは 自分をみすぼらしくするのだと。

 

ここ最近の疲れと ここ最近何もできなかったこととか

どこにもいけなかったこととか、そういう行き場のないボヤキが

友人を前にして ついつい口から出てしまった。

ちょっとだけ うらやましかった。

ちょっとだけ いじけていた。

心配かけたかな。ごめんね。

心がみすぼらしかったかな。

 

足りないものを数えるのではなく

今足りているものを数えていかなくちゃね。

 

 

今日の反省は 明日の素直な自分

   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月21日 (土)

ソラノカナタ

  

 P1000846   

  

まぶしい夏の日差しが緑の山を照らしていました。 

 

穏やかな風が吹いていました。

 

 

何事もなかったように 道は続いていました。

 

  P1000842

  

 

  

空は青く 風に乗った白い雲が流れていくのを 見送っていました。

 

 

    P1000843_3

 

 

おとうさんは 空のかなたに いきました。

 

 

静かで穏やかな緑の山は おとうさんそのものみたいでした。

 

 

 

    

 

   

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年8月12日 (木)

久しぶりの出張劇場3(完結編)

こんにちは。暑い日が続きますね。夏バテしていませんか?

しょーもない話をネタに前回、前々回と出張劇場を書き綴って
きましたが、とりあえず今回で終わりです。
(たかだか日帰り出張ぐらいでしつこかったですね)

何も始まっちゃいないけりゃ完結などしちゃいないって話もありますが、
まあ、つべこべ言わずに今回まで書かせてくださいませ。

第三章)お仕事ウーマン アウェーからホームへ

ということで、出張先の入門で守衛さんを説得して無事に工場内に
潜入することができた元NSSのキム・ヒョンジュンは北朝鮮の
工作員に混じって・・・
(って違う違う、ドラマ「IRIS」の見すぎです)

ということで、出張先で無事にお仕事を済ませたお仕事ウーマンは
普段から仕事で世話になっているいろいろな人たちにペコペコと
頭を下げ、今後の仕事についてもよろしくお願いしますと念押しして
帰ることにしました。

仕事中の様子を省略してもう帰りの話になるとは早すぎますかね?

いえ、出張先での仕事は工場の現場の中でただひたすら測定
して外観をひたすら顕微鏡でみるだけの機械的な作業でしたから
これといった話題性もなかったんですよね。

とは言っても帰りも特にはあっと驚くような面白い話はないんですが。

朝から一緒に同行した同僚は泊まりの出張なので、夕方挨拶して
私だけその工場から帰ることになりました。

タクシーを呼んで工場の最寄の駅に向かいます。

さあ、ここから私だけの一人旅です。(帰るだけなのにおおげさ)

最寄の駅に着いたら、予定していた時刻より一本早い特急電車に
たまたま間に合いそうだったので(あと4~5分というところだった)
ラッキー♪と思いその電車に乗りました。

ヤッコさんのことだから乗り間違えたんじゃ?と、どなたか
期待したかもしれませんが、そうは問屋がおろしませんよ。

ちゃんと博多行きの特急に乗りましたから。

よくできましたshine d(>_< )Good!!

ちなみにぶっちゃけて言うと、その特急は「ソニック号」です。
(最近なんでもぶっちゃけてるね)

座席のヘッド部分がミッキーマウスの耳みたいですね。

で、帰りは一人で窓側の席に座りホッとひと息ついて
ボーっと夕方の景色を眺めていました。

しばらくすると、車掌さんが前方から切符の確認で
乗客のところを回っていました。

私のところにも、もれなくやってきて

「切符を拝見します」

と車掌さんが言われたので、私は帰りの切符を3枚見せました。

切符を確認して車掌さんは言いました。

  

「このまま博多まで行きますか?」

 

  

ハ??

 

「このまま」 って 「どのまま」 よ??

 

(ω・ )ゝ 今ナンテ言った??

 

アタシは紛れもなく博多駅に行くつもりだけど??
このまま乗ってたらどうなの??
「このまま博多に行く」以外にも行く選択肢があるってこと???
(どこかで降りて乗り換えで博多に行くこともあり得る?)

何気ない確認だったのだろうけど、
“このまま”という言葉の意味が分からず、一瞬たじろいだけれども

「博多まで行くのか?」という結語の部分でとりあえず
四捨五入することにして

「はい行きます」 ∠( ̄∧ ̄) ラジャ!

と、たぶん大丈夫であろうという推測で
また流されるままに答えた私なのでした。

何事もなかったかのように、私はまた窓の外の夕方の街並みを
眺めました。
普段見ない景色はなかなか新鮮なものです。

ということで、無事に(?)博多駅に着いて乗り換えることが
できました。

博多駅に到着する前に車内放送で、
「○○行きの特急は6番のりば、△△行きの特急は4番のりば
 になっています」
と言っていて、携帯をいじっていた私は

「はっ?!(ω・ )ゝ 今ナンテ言った??
 たしか今○○行きは6番のりばって言ったよね?
 言ったよね???誰か聞いてた??」

誰に確認することもできなかったけど、博多駅に着いて
ホームに下りたらすぐそばが6番のりばになっていて
そこには「19:14分発 ○○行き特急電車」と電光掲示板に
表示されていたので

「これよこれこれ!」と予想的中した喜びを心の中で味わいながら
6番ホームに入ってきた電車に乗り込んだのでした。

乗り込んだあと、若干
「ん?これでいいんだよね??その一本前とかの電車が
 たまたま来て、私はそれに飛び乗ったわけじゃないよね?」

不安になりましたが、車内放送でちゃんと行き先を述べていたので
安心しました。

全く小心者はこれだから・・・・ ┐( ̄ヘ ̄)┌ ヤレヤレ・・・

 

帰りの電車に乗って発車を待っていたら、浴衣姿の女の子たちが
駅のあちこちにいるのに気づきました。
浴衣姿の女の子達は私が乗る電車にも乗り込んでいました。

きっとどこかで花火大会があるのでしょうね。

皆それぞれにピンクや紫や水色のかわいい浴衣を着て、
髪形も可愛く盛っていたり、メイクも目ヂカラアップで華やかでした。

こんなにおしゃれをするのは何のためかしら?
かわいい服やおしゃれな服やバッグや靴やメイクにこだわるのは
なんのため?
自己満足のため?誰かに見せるため?人に自慢するため?
優越感のため?自分を可愛く綺麗に見せるため?自己アピール?
それって異性ため?異性の目や異性の気を引くため?

この世の中が全て女ばかり、もしくは男ばかりだったら
そんなおしゃれなどして可愛く見せようとかカッコよく見せようとか
してなかったのかしら?

などと、精一杯の「おめかしをしている」彼女達をみて
ふと思ったのでした。

そんな若くてカワイイ浴衣姿のギャル達は、ワクワクドキドキの
楽しい夏のイベントの花火大会に行くために電車に乗るのに対し、
私といえば、朝から仕事で大分に日帰りで出張に行き、ただの
仕事帰りの長い道のりを夜までかけて電車で帰っているだけ。

可愛くヘアスタイルを盛って決めている女の子たちに比べ
私ときたら、工場のクリーンルームに無塵服を着て測定ばかり
してたものだから髪の毛は汗でペッタンコ、後ろ髪は帽子の
せいですそがはねまくり。

イケてる若い元気な彼女たちと、
イケてない若くない疲れきったお仕事ウーマン。

この差はいったい何??

この差はジェネレーションの差、立場の差、身分の差、
価値観の差なのでしょうかね。

花火大会も今となっては人混みと渋滞で疲れるだけで
積極的に行こうとまでは思わなくなりました。

帰りの電車の中から、彼女達が目指しているであろう
花火大会の花火が見えました。
遠目に見ると色鮮やかで暗闇の空に光り輝く花火はとても
いいものです。
たまたま帰りの電車の中から見えた花火にちょっと得した
気分でした。

帰りの電車では、ボーとしていたり考えごとをしていたり
携帯でサイトを見たりして過ごしました。

自分のパンプスの底が無くなっていたまま出張先まで
往復したことが結構可笑しくて、その流れで、ある人の話を
思い出しました。

その彼が、遠地の出張先に行く際にスーツ姿なのに
靴は間違ってスニーカーで行ってしまった、というドジ話を
話していたのを思い出し、始まったばかりの夜の風景を
電車の窓から眺めながら一人で笑いが込み上げてきました。

でもそのあと少し涙が出そうになり鼻がツンときました。
その人は私の大好きな人でしたから。

楽しく笑ってバカ話をしていたあの頃が、ふとしたことで
いろんな感情と思い出がよみがえってきて
ちょっとせつなくなりました。
今でもずっと大好きな人です。

そんなおセンチウーマンを乗せた特急電車は夜8時半すぎに
最終目的地の駅に到着し、日帰り出張珍道中は無事に
終了したのでした。

さあさあ、新しい靴を買わなくっちゃ。

 

 

 ←よかったらクリックをお願いします

 

※義父の容態が悪くなりました。今から病院に向かいます。
 どうぞ少しでも苦しみが和らぎますように。

 

 

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月11日 (水)

久しぶりの出張劇場2

こんにちは。yaccoです。

今日は台風情報がニュースで言われているように少し生ぬるい風が
強めに吹いています。皆さんいかがお過ごしでしょうか?
お盆休みに入った人は帰省しているのでしょうか?

今回は、前々回の記事「久しぶりの出張」に行ったときの話の
続きです。

たいした話とか事件とかハプニングとかではないのですが、
ささいな出来事もワタシ的にはユカイツーカイ、ヘソカイカイ
だったりするんですよね。

前回は、出張に出発する間際での、お仕事シューズが
壊れていたことに気づいて驚いた話でした。

今回は紛失騒動です。

  

第二章)消えた社員証

ようやく、大分県の最寄の駅に到着して、タクシーに乗って
出張先の工場に向かいました。

出張先では身分証明として社員証を見せないといけないの
ですが、あと5分で到着するぐらいの頃に社員証を準備して
おこうとバッグの中を開けたのですが、

ん?社員証はどこかいな?? ^(・・ )( ・・)^ ドコドコ?

確かにその日は持っていました。
朝から自宅を出て車で駅に向かう途中の信号待ちの時に
バッグの中をちょこっと整理した際にちゃんとありましたから。

タクシーを降りる頃は、かなり焦ってバッグの中のありとあらゆる
ところを慌てるドラえもんのように掘り起こしてました。

なんかないかなsweat01 なんかないかなsweat01

突然神隠しにあった社員証・・・・

というか、どこかで落としたのだろうか・・・( ̄へ ̄|||) ウーム

社員証は、こんな感じの↓ストラップ付きのプラスチックのケースに

  01000877306_l

入れています。
社員証には会社名、名前、社名ロゴ、写真が表示されています。
しかも名前と写真が結構デカイです。

もしかして、

駅のトイレとかでハンドタオルを出した時に一緒にポロッと
落ちた?

駅でサイフを出した時に、一緒にポロッと落ちた?

落ちたとしたらいつ??どこで??

頭をフル回転させて今朝の記憶をたどる私。

( ̄ヘ ̄;)ウーン・・・ 思い出せない・・

とはいっても、もし駅やどこかの道ばたに私の社員証が
落ちていたらどうなの??

 

またもや私の脳内シミュレーションが始まりました。

もしも私の社員証が駅や道ばたに落ちていたら・・・

  

①誰かが拾う。

②誰かが拾って、「あら、この人結構オバサンね」と鼻で笑う。

③誰かが拾って、「あら、この人、結構オバサンだけど、会社員?」
 と、この社員証の持ち主が、若くもない女であり会社員であることを
 不意に知る。

④誰かが拾って、「あれ?この素敵な女性、見たことがあるぞ」と
 言って私の社員証を拾った男性がたまたま故郷の幼なじみであり
 たまたま彼が出版社に勤めていて私のイラストや漫画を雑誌に
 採用してくれる。

⑤誰かが拾って、親切にその会社に連絡してくれて事なきを得るが
 社員証紛失のことで会社から叱られる。

⑥誰かが拾って、悪事を思いついた人が、私になりすまし
 出会い系サイトに勝手に登録するか(カテゴリは“熟女”)、
 ネットなどで詐欺まがいの悪事をはたらく。

⑦誰も拾わず、不特定多数の通行人たちに痛々しくも
 踏まれ続ける。

  

どのパターンにしてもよからぬことばかり・・・<(T◇T)>うぉぉぉぉ!!!

 

そうこうしているうちに、タクシーで着いてしまったので仕方なく
降りて、守衛のオジサンに

「あの、、社員証忘れました く(*´ー`) エヘヘ 」

よその拠点に入るために必要な、身分を証明する社員証を
持ってこないのは明らかに仕事人失格よね。

 

まあ、自分の会社名と所属を受付台帳に記入したら
通してくれました。
そこで門前払いされたら、わざわざ3時間かけて来たのに

なんの意味もない! (by小島よしお)

 

ですからね。よかったです。

 

ちなみに、社員証は、車の助手席に落っこちてました。
朝から車の中でバッグの中をあさったりしたものだから
そこでポロッと落ちてしまったのね。

人騒がせな社員証だわね!“(*`ε´*)ノ彡☆バンバン!!

いやいや、人騒がせなのはアタシですから。

  

ということで、ヤッコさんは無事に社員証と再会することが
できましたとさ。

   

めでたしめでたし。 

 

 

 ←よかったらクリックをお願いします

全く別の話ですが、昨日は阿蘇に行きました。
すがすがしい空気と緑の山並みが朝日を受けて綺麗でした。

 

  P1000811

 

 「あぴか」という陸上競技場でサッカーの試合が行われていました。

  

  P1000814

 

  P1000815

   

  ※ちなみに、この写真のチーム・選手達は私とは無関係です。
   (後姿がなんかよかったものでついパチリと撮ってしましました)

   → あぴか

 ちなみに このサイト ではいろんなスタジアム情報が掲載されて
 いました。

   → スタジアムガイド

  

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年8月 9日 (月)

夏休み なかやすみのつぶやき

今日は義父の見舞いにいく。

ずっと前に重松清さんの「その日の前に」を読んだ。

がんに侵された妻を持つ夫(主人公)が、息子たちとともに

妻の「その日」が訪れるまでを心と日常の準備をしながら過ごす物語。

  

少し他人事ではないような気がした。

でも今は前向きにとにかく義父と母を支えるのみ。

  

日常はいろんなことがあって、楽しいこと、嬉しいことと平行して

悲しいこと、やりきれないこと、つらいこと、苦しいことも押し寄せる。

  

悲しみだけに押しつぶされてはいけない。

苦しみだけにのみこまれてはいけない。

  

悲しいことや辛いこともあるけれど、同時に楽しいことや

面白いこともみつけて、自分を支え大事な人を支え励まし、

そして助け、精一杯 真面目に 時には不真面目に 

日常を過ごすのみ。

 

明るい日と書く明日もまた楽しくやっていきたい。

悲しみのオーラに包まれてしまわないように元気と笑顔を

私は忘れないようにしたい。

 

めそめそばかりはしていらなれない。

私がめそめそしたら めそめそが移って みんな気弱になる。

だから 私は 今日 頑張って 涙を流さなかった。

  

 

 ←よかったらクリックをお願いします

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月 8日 (日)

久しぶりの出張劇場

こんにちは。yaccoです。
木曜日は久しぶりにお隣の県まで出張に行って来ました。

電車で乗り換えて約3時間かかるところです。
(ま、ぶっちゃけて言うと大分県なんですけど)

普段行くことのないところへ電車を乗り換えて行くのは、
「はじめてのおつかい」なみに私にとってはドキドキするもの。

ただ、初日は偶然職場の同僚が同じ場所に出張に行くということで
ずいぶん気が楽になったんですが。

まあ、そんなたかだか日帰り片道3時間強の出張でも
なんやかんや想定外のこともありました。

  

第一章)おしごとシューズに異変

出張当日の朝から最寄の駅の駐車場に車を停めて、駅に
向かうときに、靴音に違和感を感じました。

仕事で外出や出張するときにだけ使う黒のパンプスを今回も
履いていったのだけど、通常、コツコツと音がするのに
なんとなく右足から

 

「カン、カン」

 

とちょっとバージョン違いの音がするようなそんな感じでした。

何か靴底に金属のものが刺さっているような感じの音でしたので
歩きながら右足の裏を見てみました。

すると、なんと

  

靴の底がなかった!! w( ̄Д ̄;)wワオッ!!

  

ええーっ!(≧◇≦)   いつの間に無くなってたのー?!

 

どういう状態かというと
普通の状態のパンプスの裏側はこんな感じ↓ですが
(つたない絵ですみません)

   Photo

  

 

右足のパンプスの裏は下の絵↓の右側のようになってました。

 

   Photo_3

靴の底がなくなっていて、かかとの部分が空洞になっているのが
スケルトンではなくても丸見え状態。

 

ソコにあるはずのソコがない!!ソコハドコ?コノ靴ハ何??

ヤスコ、おっどろき~up

  

もしかして、、、左の靴は??と慌ててみると、

  

ちゃんと 底がついていた・・・  ε-(;ーωーA フゥ…

   

行きの電車に乗る朝っぱらから、まだ切符も買う前なのに
マイお仕事シューズに驚かされる私。
まあ、かかとそのものがない、というよりましよね。

多少カキンカキンと歩く時の音は変だけども、見た目は普通に
気の利いたお仕事ウーマンさんに見えるし、まさか靴底が
取れている靴を履いているなどと誰も気づくまい。
( ̄皿 ̄)うしししし♪

と気を取り直して、お仕事ウーマンは、何事もなかったかのように
コツコツ、カキンカキンと靴音を複合的に共鳴させながら
さっそうと歩き、みどりの窓口できっぷを買いましたよ。

到着駅までの往復切符を私が言うと、窓口でお姉さんが
乗り換えを含んだ特急券と乗車券を片道3枚分ずつ
ものすごい早口で説明しながら「行き」と「帰り」分をくれたので

合計6枚を受け取りながら、心の中で

ハ??(ω・ )ゝ 今ナンテ言った??

と思いながらも、ま、いいかと流されるままにお金を払って
切符を受け取り改札口に向かったのでした。

そこから職場の同僚と合流して無事電車に乗ってお隣の県に
いきましたとさ。

  

めでたしめでたし。 (*´∀`*)

  

 

・・と、終わったように見せかけて、実は終わってなかったんですねー。

 

ちなみに、私の靴の底がないのがあまりにもブザマすぎて
ワタシ的にはなんだか可笑しかったので、同行した同僚にも

「ホラ、見てくださいよ!
 靴のソコがないんですよね~(≧m≦)プププー!」

と、靴の裏を見せて教えてあげました。
(彼としては別に教えてもらわんでもいいのだが・・)

仙人のように穏やかな彼は

「・・ハハ。それはすごいですね」

と、小笑いで、いたって穏やかで反応でした。

  

(o¬ω¬o)アリ? 意外にウケテナイ??

 

つづく・・

 

それにしても私の靴底はいったいどこへいった?

教訓)
時々は 靴底があるかどうか 確かめるべし

  

 ←よかったらクリックをお願いします

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月 4日 (水)

小心者のおしごとウーマン

こんばんは。
慣れない電車での移動の際、電車から降りたときに
どっちに向かって歩いていいのか分からずに、とりあえず
人の流れが多そうな方の流れに乗って流されてしまう小心者の
yaccoです。

流されやすいタイプです。はい。

明日は久しぶりの出張です。
しかもお隣の県とはいえ、電車で3時間ほどかかる場所。

乗り換えもあるからちょっと心配よ。 (,,-_-) 大丈夫かしら・・

おいおい、子供じゃないんだから、っていうか、大人も大人、
あたしはれっきとしたオバサン・・ちがったお仕事ウーマン
なのだから電車の移動を心配してどうするの?って感じよね。

いやいや、これで私は結構間違いだらけの人生を送ってしまう・・
ちがった、結構緊張しすぎて間違ってしまうことが多いんですよね。

ま、分からないときは何でも人に聞きゃいいことだけどね。

まるで子供に諭すように自分を諭している自分。

特急電車の座席シートをリクライニングしたり回転させたりするのも
要領得なくてどこにレバーがあるのか何をどうしたらどうなるのか
慣れないことだらけ・・困った箱入りオバサンね~

「明日、誰か出張に行く人いない?」 

道中を一緒に同じ目的地に向かう人が職場にいないか探したら
一人いましたよ。

「僕、明日電車で行きますよ ( ̄∀ ̄ ) 」

 

すんごいお人よしそうな同僚(その落ち着きぶりが仙人みたいだと
一部では話している)が同じ場所に出張で行くとのこと。

  

やった 仲間がいた (。-∀-) ニヒ♪

  
これで乗り換えもこの人についていけば大丈夫かも。

 

きびだんごをくれなくてもお供します~

ε=ε=ε=┌┤*´д`├┘エッホ、エッホ

 

でもその同僚は結構天然ボケが入ってそうな人でもあるので
二人揃ってアクシデントに見舞われなけりゃいいけど・・なんて
失礼なことを思う私なのでした。

 

 ←よかったらクリックをお願いします

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »