« 韓国デビューのお仕事ウーマン | トップページ | 行ってきます »

2010年5月13日 (木)

トトロマンはおしごとマン

こんばんは。yaccoです。
なんだかバタバタして今日も慌しく終わりました。
何をやっていたのかよく分からないぐらい余裕がなかったように
思います。

新人君・・いやもう2年目なので「新人」ではないです。
トトロ君とでもいいましょうか。

トトロ君にも構ってあげてないままここ数日が過ぎました。
彼は今仕事の面で少し手が空いてきたようなので
何かさせないと・・と思いつつ、適当な任せられる仕事が
すぐには見当たらず、ちょっと申し訳ない感じです。

雑用みたいなやつはいろいろとあるんですけどねー・・
もっとましな技術らしい仕事の方が張り合いもあるかなとは
思うんですけど、とりあえず今は雑用でもなんでも
「やらせる」ことが大事なのかなーなんても思います。

それが経験を積み成長に繋がるのでしょうからね。

そして彼なりの人脈を築いていってほしいなと思います。

何かを頼むにしても彼らのような新人から抜け出したばかりの
下っ端は経験と実績が浅い分どうしてもなめられるというか
軽んじられるというか、人にお願いしてもスムーズに引き受けて
くれなかったりして前に進むのも大変だったりします。

なので、とりあえず、とにかく自分で動いて下積みをやって
周りから信頼されて認められるようになれば、あてにもされるし
仕事もどんどん任せてもらえるようになるし、次第に周りを
動かせるようにもなると思うのです。

トトロ君は消極的だから自分から動いていくのがまだ苦手の
ようです。
でも仕事のやる気はあるようだし、雑用でも私が頼むと
「はい!」と元気のいい返事はするので、今はどんな仕事でも
頼まれることはまんざらでもなさそうな気がします。

真面目な人ですからね。
あと少しユーモアを磨いてくれたらいいなーと思います。

これも大事な要素ですからね。(私流)

私ももっと仕事を手放していかないといけないですね。
でも今はちょっと余裕ない・・・

来週後半以降にしっかり考えよう。

 ←よかったらクリックをお願いします

|

« 韓国デビューのお仕事ウーマン | トップページ | 行ってきます »

コメント

人を育てることって、本当に大変な仕事なんだと思います。「現場の中で鍛えるのが一番!」なんて言われても、そう簡単にいかないよね。

私も、相手の力量に応じたメニューを提供するのに、けっこう悩んだことがありました。自分の仕事の段取りよりも、「まず今日、何やってもらおうかな?」という感じでした。

そんな時は、周りの人たちに協力を仰ぐのが、一番いいのかもしれない。「トトロくんに回せる仕事、ありませんか?」と、相談に乗ってもらえば?

それに、トトロくんも、いつまでも新人気分のままだったら、やっぱりまずいよね。少しでもいいから、自分で仕事を見つけ出すくらいの姿勢とか意欲を見せて欲しいね。

投稿: ayachin | 2010年5月14日 (金) 18時32分

ayachinへ

こんばんは!
そうなのよねー、あやちんも相手への仕事の任せ方など悩んだ時期もあったんだねー。
確かに相手のタイプによって教え方や任せ方もかわってくるよね。
厳しくした方がかえって成長することも大いにあるし、困ってもいいからつきはなして自分で考えてやらせる事の方が伸びるのだろうし・・
親切にしすぎてもそれがいいとは限らないのよね。

あやちんが言うようにトトロ君の仕事の割り振り方は同じメンバーに相談してみようと思っていたよ。
彼に評価させるような仕事は他にないか?いろんな仕事を取り込んで彼に振るためには何が必要か??ってね。

トトロ君も頼めば張り切ってしてくれるところはあるけど、引っ込み思案なのか未だに受身なのよねー・・。
周りからの動きや指示を待っているというか。
急ぎや大事なことでも電話をせずにメールだけで済ませようとしていたから何度も「直接するように」ってアドバイスしてようやく最近は自分から電話もするようになったけど。

こういうとき冗談が言えて人とすぐ打ち解けるような友好的な性格の人はいいなーって思うよ。
それだけで周りも親しみを持って仕事を頼んできてくれるものね。
トトロ君に足りないものを強化していきたいなと思う今日この頃。

投稿: yacco | 2010年5月15日 (土) 22時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/139811/34680776

この記事へのトラックバック一覧です: トトロマンはおしごとマン:

« 韓国デビューのお仕事ウーマン | トップページ | 行ってきます »