« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月31日 (土)

最終日の金曜日

こんにちは。テレビを何気につけていたら、ジャパネットタカタの番組が
始まって社長を何気に見たらなんだかカツラなのでは?という気が
ふとしたヤッコです。

そんでもって、そのまま「ジャパネットタカタ 社長 かつら」で
検索しながら、「我ながら くだらんなー」と思ってしまいました(笑)

検索したら、ジャパネットタカタの社長はヅラ?とかいう疑惑が
既にあるんですね~。

皆思うことは同じね。
(いやそこを思う人はそんなにいないと思うけど)

結構こういう風に思えることってありませんか?
普通に見てると若そうに見えるけど、よくよく見たら顔の感じが
若くないことに気づき(肌のハリとかたるみとかで分かる)、
そういう目で改めて見たら髪形が顔と微妙にアンマッチしている・・・

そこで思う。

この人、カツラでは・・? (-"-;)

特ダネの小倉さんのカツラ説は有名だけど、他にもなんだか
あやしく思えるのが、草刈正雄。

二枚目をウリにしている人ほど、カツラかも・・?、という疑惑は
なんだかワクワクするものがありませんかね?

福山雅治も疑惑があるとかないとか・・。
でも彼は見た感じでは全く違和感がないです。
小倉さんや姉歯さんと違って。
 (※姉歯さん…耐震強度偽装疑惑の元建築士)

見た目のイメージを商売にしている人や仕事に直結している人は
大変ですよね。

その点、私なんて単なる年増女を地でいけるから楽です。
おばさんになりすぎず、無理な若作りをしすぎず、包容力のある
素敵な大人の女性を目指して自然体でいきたいですね。
(えらく願望が細かいね)

今の新人君達から見たら私とか「大人の女性」を通り越して
すごく年上のオバサンに思えたりお母さんと同じように
見えたりするのかなぁ??

ま、若くはないよね。それは事実ですから(笑)

私は歳だとか世代だとか同姓とか異性とか肩書きとか立場とか
身分とか上とか下とか、そういう壁は感じたくないし感じさせたく
ないし分け隔てするつもりもないし、どんな人ともバリアフリーで
やっていけたらいいなーなんて思っているんですけどね。

 

話は変わって、金曜日(昨日)、もと上司の課長さんの
最終出勤日でした。

技術スタッフの有志からメッセージを募って寄せ書きアルバムを
作りました。

    P1000494

 

表紙のところには写真とかポストカードなどをいれるポケットが
あるのだけど、そこには職場の書道の達人Iさんに表紙を飾る
「書」を書いてもらいました。

 

    P1000490

 

海援隊の歌、「贈る言葉」から抜粋した言葉を綴ってもらいました。
素敵でしょうshine

内表紙には私が似顔絵を描きました。

 

    P10004962_2

 

 

メッセージは約50枚ほど集まったので1ページに2~3枚ずつ
貼り付けていきました。

    P10005022_2

 

なんか写真の写りがよくなくてすみませんsweat01

そんでもって最終ページには、送別会の時にみんなと一緒に
撮った集合写真を2枚ほど貼りました。

 

夕方、最後の挨拶がそのk課長のいる部署のフロアであるとの
ことだったので、私たちの部署の有志メンバーもぞろぞろと
挨拶を聞きにそのフロアまで行きました。

k課長はにこやかな笑顔で明るく挨拶の言葉を述べられてました。
内心は、やっぱり寂しい気持ちや名残惜しい気持ちもたくさん
あったのではないでしょうか。
それを悟られないように紛らわすかのような、周りも自分もしんみりと
辛気臭くならないようなちゃめっけのある笑顔だったようにも思います。

挨拶が終わった後に寄せ書きアルバムを渡すことが出来ました。

みんなからの心のこもった温かいメッセージにk課長も喜んでくれた
と思います。

来年4月から別会社との統合で社名が全く別物にかわるうちの
会社。

長年背負ってきた歴史ある社名の看板をしょったまま引退される
k課長はタイミングがよかったのかもしれませんね。

今は会社が大きく変わろうとしていることや、慣れ親しんだ人や
上司の方々が会社を去っていかれたり、会社方針のしわ寄せで
まさに今痛みを被っている人もいたりと、感慨深いというか複雑
というか・・・、そんな感じです。

 

そうそう、話は変わりますが10月も今日で終わり。
それでハロウィーンなんですよね。
同じグループのTちゃんが昨日、私とIさんに手作りお菓子を
くれました。

 

    P1000503

可愛いでしょう♪
ハロウィーンのラッピング用品は100円ショップにあったものだそう
です。
100円ショップといっても可愛いものとか気の利いたデザインの
ものとか100円で何でも揃っているのが便利で嬉しいですよね。

実はメッセージカードも100円ショップで見繕ったものなんですよね。

 

これから寒さが本格的にやってくる頃。
心はいつでもhotでホッとしていたいですheart04

 

 ←よかったらクリックをお願いします

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月28日 (水)

動揺の水曜日

こんばんは。yaccoです。
刻々と時間は過ぎていきますね。

今日、会社の組織改編についてプレスリリースされていました。

工場閉鎖、製品移管、人員配置転換、集約・・。

私がいる工場でも前工程のライン集約による従業員の配置転換が
余儀なくされています。
私たちの部署にもその影響はあるのかどうかは分かりませんが。

会社としても存続をかけた仕方のない決断なのでしょうが、
それを受けて苦渋の選択を迫られる従業員はとても辛いです。

心がとても痛くなります。
私のいる部署も、過去にいったん今の本社工場から切り離され
移籍をするかどうかの決断を迫られ、皆あれこれ悩んだ時期が
ありました。

自分とは無関係だとはとても思えません。
私のいる部署もそのうちどこかへ集約・統合・分散など
大いに有り得る話です。
時間の問題といったところでしょうか。

心が痛くなります。

こればかりはどう不安に思ってもどうなるものではないのですが・・。

ただただ今目の前にある仕事を淡々と自分なりに精一杯
こなすのみです。

なんだかしんみりしてしまってゴメンナサイね。

 ←よかったらクリックをお願いします

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年10月26日 (月)

月曜日の勘違い

こんばんは。
月9のフジテレビドラマ「東京DOGS」は中途半端に見ている
yaccoです。
吉高由里子は綺麗で可愛いですね。

今日も普通に仕事して、普通に職場のTちゃんとIさんとしゃべって
仕事を終わって会社を出て駐車場に行くまでの間をTちゃんと
話しながら帰りました。

家に帰って普通に過ごして9時過ぎに携帯を何気に見ると
「新着メール」が表示されていました。

何かなと思い携帯のメールを見ようとしたのですが、たぶん
新着メールを確定したつもりで、きっと矢印ボタンのどれかを
同時に押したのでしょうね。

たぶん携帯の受信ボックスの古い方のページにジャンプして
偶然そこで選択されていたメールを開いたようです。

そのメールを見ると、Tちゃんからで
大好きなB'zのコンサート会場からのメールでした。
私の他、同じ職場の仲の良い女性たちにも配信されていました。

「今から開演です。~中略~
  久しぶりにパーマをかけました」

私はそのメールが過去のメールとは思いもよらず、携帯に表示
されていた「新着メール」がそれだとすっかり思い込んでいました。
メールの受信時刻を見ると夕方6時半すぎ。

そのTちゃんのメールを見て、

「ん?コンサート会場にTちゃん行ってるの??
 今日そんな話してたっけ???
 夕方普通に駐車場までTちゃんと話しながら帰ったけど??
 しかもパーマかけたって、、いつの間に??
 パーマかけてコンサート会場に行った??すごく早くない?」

かなりそのメールを読んで不思議に思えました。

状況が飲み込めずに、でもメールをもらっているのは6時半で
今は9時過ぎだし返信したほうがいいよね?
と思いつつ、もう一度メールBOXを操作すると、未読のメールが
他にありました・・。

よくよく見ると、その未読メールがさっきの「新着メール」でした。
(知り合いからの連絡メールでした)

よくよく見ると、Tちゃんからのメールは日付は1月で、過去に
既にもらって読んだことのあるメールでした。
その時返信した記憶もあるといえばある・・。

確かあのときはTちゃんは休日だったか休暇だったかで
美容院に行ってコンサートに行ったという状況だったんだよな。

あやうく過去のメールにもう一度返信するところだったよ。
ε-(;ーωーA フゥ…

 

 

 ←よかったらクリックをお願いします

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月24日 (土)

不毛地帯と贈る言葉

こんにちは。yaccoです。
木曜よる10時のフジテレビドラマ「不毛地帯」も面白いです。
唐沢寿明をはじめ豪華キャストで彩られています。

 不毛地帯

終戦後、11年 シベリア抑留されていた主人公
壹岐 正(いき・ただし)=唐沢寿明 が帰国後、大阪 近畿商事に
入社し 商社マンとなり軍隊経験を活かしビジネスという「商戦」に
手腕を発揮しながら様々な策略・陰謀に巻き込まれる話です。

 不毛地帯・あらすじ

キャスト:
唐沢寿明、原田芳雄、柳葉敏郎、竹野内豊、岸部一徳、伊東四朗、
橋爪功、中村敦夫、段田安則、古田新太、阿部サダヲ、松重豊、
和久井映見、天海祐希、小雪、佐々木蔵之介

どうです?豪華キャスティングでしょうshine

これに「おしごとウーマン役」としてyaccoが出演したらもう
完璧ですよね。ヾ(-д-;)ぉぃぉぃナンデヤ

 

さて話は全く変わって・・

10月いっぱいで会社を辞められる、もとうちの課の課長・上司で
今は他の部署の課長のKさんに、寄せ書きの代わりに有志から
メッセージを贈ろうと、技術スタッフの有志たちに呼びかけて
「贈る言葉」をメッセージカードにそれぞれ書いてもらいました。

 Kさんに関する過去記事はコチラ 

うちの課の現メンバー、もとメンバー、そしてKさんは工場に
出向されていた時期もあったので工場でKさんと交流のあった
何人かの人にも書いてもらいました。

メッセージカードを全て回収しきれていませんが、今のところ
50枚ほど集まりそうです。

これらをアルバム様式に綴って、来週最終日にでもKさんに
渡したいと思っています。

Kさんの似顔絵も今日描きました。
アルバムの内表紙に貼る予定です。

職場に書道の達人、Iさんがいるので、彼女に何か
四字熟語ことわざみたいなものを素敵な書体で書いてもらって
表紙を飾りたいと思いますが、どんな言葉がいいかは思案中です。

「四字熟語」がいいかなと思っていますが、かなり
たくさん種類があって全ての言葉と意味を知り尽くすことが
なかなかできません。

これから会社を辞めて今までの仕事から引退されて、
第二の人生・セカンドライフを送ることになるKさんに
どんな言葉がいいでしょうかね。

ちょこっと見繕った言葉は

「晴耕雨読」
意味:
晴れた日には外に出て田畑を耕し、雨の日には家の中で
読書をするというように、思いのままのんびりと生活するということ。

もいいかなーと思いました。

「一期一会」は私は大好きな言葉ですが、なんだかありきたりかな
とも思って・・。
でも響きや字体は綺麗な感じですよね。

あまりマイナーな言葉や重い言葉、硬い言葉、難しすぎる言葉も
避けたく、さわやかとか和やかとか優しさとか感謝とか温かさとか
ゆるさとかそういうものを感じるそこそこポピュラーな言葉が
いいんですよね。

何かおススメの四字熟語やことわざがあったら教えてください♪
参考にしたいと思います。

ちなみに会社を辞められる元上司のKさん、苦労をたくさん
されたのか、頭のてっぺんは髪の毛がしょぼしょぼでぽやぽやで
まさに「不毛地帯」です。  ・・あ、言っちゃった・・(´゚艸゚)
 

 ←よかったらクリックをお願いします

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月22日 (木)

ギネとクセ

こんばんは。秋のドラマはいくつか見てるyaccoです。
昨日は日テレ系のドラマで水曜よる10時の「ギネ」を見ました。
藤原紀香が産婦人科医の役で出ています。

 ギネ 産婦人科の女たち

医療もののドラマは緊迫感があり「救命病棟24時」と同様
面白いですが、どうも藤原紀香(の役)があまりにも無愛想で
ニコリともせず、人に話しかけられても答えもせずシカトしたりして
協調性もなく我が道を突き進む姿が、見ていて腹立たしくもあり
不愉快になるのは私だけでしょうか?(▼皿▼#)ナンカ シャベレ~

何か過去に事件がありそれを引きずっているという設定なの
かもしれないけど、藤原紀香の演技(役)は今の時点では
なんだか不愉快ですね。

なんだかイライラする~(いとうあさこ風)ε=(>ε<) プーッ!!

でもこの「ギネ」のドラマの主題歌「My measure」(マイ メジャー)は
なかなかいいと思います。(歌っているのはlecca)

 

さて、前置きとは全く関係のない、どうでもいいことなんですけど
同じ職場の同僚女性が、「近くの席にいる男性のクセがとても
気になる」と困惑した面持ちで今日のランチ時に話していました。

その男性のクセとは

 

鼻をグリグリほじる

 

ことだそうです。 ( ̄d¨b ̄) 鼻くそホジホジ

彼女の席の斜め前らしいので、PCでモニターを見ながら仕事を
していると必ず視界に入るそうで・・。
それがちょこちょこっとほじる程度ではなく、モロ、モロ、モロに!
ほじっているそうです。( ̄d¨b ̄) 鼻くそホジホジ

どうしたもんでしょうかね。

誰か周りや上司に相談したとしても、誰かが代表で
「ちょっとキミ、鼻を堂々とほじるのはヤメナサレ」と
ストレートに忠告するのは勇気がいりますよね。

その前にそれを上司に相談するのも気が引けますよね。

そしてそのハナクソの人は、お茶コーナーに行ってポットのお湯の
ボタンをその手でその指でジャーっと押すのでしょうか・・(-公-;)ムムッ

見過ごしたいけど見過ごせない問題です。

そんなこんなでイライラしてつい自分が( ̄d¨b ̄) 鼻くそホジホジ
になっていた・・・なーんてことがないように皆さん注意しましょう。

 

変なクセではないですが、今の事務所には他の部署の人もいて
いろんなところから人事異動でやってきたたくさんのスタッフが
いるのですが、えらく遠く離れた前方の席のところからすごい
クシャミが聞こえてくることがあります。

うぉっふっ!!うぉっふっ!!!

 

そうこうしていると、今度は遥か後ろの方の離れた席からまた
変わったクシャミが聞こえてきたりします。

 

ウェッフォイ!! ウェッーフォイ!!!

 

・・・・・・・・( ̄д ̄)・・・・・

 

変なクセあり、変なクシャミありで、なんだか騒々しいというか、
動物園みたいだというか、いろんな人がいるんだなーと
思いました。

こういうときこそ、「ギネ」の藤原紀香のように何事にも動じず
無表情で無反応を貫き通すのがモアベターね。

 

 ←よかったらクリックをお願いします

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月20日 (火)

自分に自信を

こんばんは。
黒木瞳は本当に綺麗だな~とつくづく憧れるyaccoです。
フジテレビの火曜夜10時のドラマ「リアル・クローズ」は見てますか?
それに黒木瞳が出ているんですけど、それはそれは可愛く綺麗です。
無理な若作りでもなく、でも年齢以上の若さと歳相応の潤いがあり
洋服の着こなしも「大人の女性」ですごく憧れますshine

 リアル・クローズ

もちろん主演の香里奈も、本当は綺麗なのにやぼったいという
役どころがいいんですけどね。

百貨店で、おしゃれとは無縁のやぼったい風貌の香里奈が
ふとん売り場から婦人服売り場に異動になり、これから
ファッションについて学び自分に磨きをかけて綺麗になっていく
ところが見どころって感じでしょうかね。

私も明日から職場で黒木瞳を気取ってみようかしら。(-_☆)キラーン

「そこのアナタ、このデータを印刷してくださる?(ё_ё)」

「あら、素晴らしいセンスの資料ね。結構shine('ー') 」

なんて。

 

いやいや、仕事では しくじってばかりですから。
そんな気位の高い振る舞いはまだまだ出来る立場にありませんcoldsweats01

今日も仕事の要領のまずさで引き起こしたちょっとしたトラブルを
引きずってました。

つくづく自分が嫌になります。

分かっている自分の悪いクセ、克服できない自分の課題が
やっぱりどこかでいつか裏目に出ちゃうんですよね。

好きでやっているわけでもない仕事で文句を言われ、ホント
逆ギレして投げ出したくもなるけども、自分のやり方がもう少し
スマートだったらもっと違う展開にもなっていたと思うので
ここは自分を振り返りぐっと我慢するしかないです。

だからめげずに乗り越えます。

気にかけてくれている人もいてありがたいことです。
大丈夫ですよ。私は大丈夫です。

仕事ではなかなか不調の波から抜け出せずにいますが、
心は以前より開けてきたように思います。

前に(春先に)記事である人の言葉を書いたことがあります。

その一部をもう一度。

  

開かれていると、空気も流れる。閉じていると、呼吸のとおりも悪い。
心を開いていないと出会いの流れも悪い。人との出会いを求めるなら、
開いた人にならなきゃいけない。

春だし、心も体も開かないと。
でも、心を開くと、人を信じると傷つけられると誰かが言う。
だから、人を信じないのだと。それは、今までの出会いであって、
これからの未来も、そんな色眼鏡で見ていると、見えるものも
見えなくなる。
それに何より、傷ついたキズなんて、身体のどこにも付いてはいない。
傷ついたと思うことが、より心を傷つける。傷ついたと思う人は、
やはり閉じている人だと思う。

 「傷なのだ」ととらえるか、「学びだ」ととらえるかで、人は
違ってくるもの。
体のキズはカサブタになり、その皮膚はより強くなる。
筋肉は激しい運動で、より太い筋肉に生まれ変われる。
修復する自信がないなら、しばらくココロの冬眠をすることも
必要だけれど、さらに、強くなりたければ、恐れないで
人との出会いの海原に立ち向かうしかないと思う。

 もちろん、笑っていても緊張している人もいる。
その瞳の中に、攻撃性や不安が隠れている。人は、人を
信じ、周囲に友好的でないと、心は開かない。
だから、深く呼吸して、胸を開くこと、そして、
「相手は敵ではない、安心できる仲間」と、自分に言い聞かすこと。
何度も、何度も、お念仏を唱えるように。

  ※詳細は 過去記事「自分を引き締める言葉」

 

  

 

自分はひとりじゃない。

自分はだめじゃない。

心を開いて楽しくありたいですね。

そして、リアル・クローズのように自分に自信を持ちたいですね。

  

 ←よかったらクリックをお願いします

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年10月19日 (月)

月曜早々のぼやき

こんばんは。ウォーキングはすっかりサボりんぐのyaccoです。

今日は月曜早々夕方にちょっと凹みました。(;-_-) =3 フゥ

私もまずかったんですけどね。

急がば回れともいうんでしょうかね、根回しをしておくべき
だったのでしょうかね、というか事前調整が足りなかったのだと
ちょっと反省しております。

でもなんだか納得いかない部分や腑に落ちない部分もあって
今日は帰ってからもそのことが頭から離れず、ずっと引きずって
ました。

なんだかむしゃくしゃしたので、クローゼットにしまっていた
最近着ていなかった自分のシャツを数枚引っ張り出して
あまりしないアイロンがけをがむしゃらにしました。

かなりやけくそになった私の腕の圧力とアイロンの熱で
シャツのシワは見事にプレスされてピンと綺麗になりましたshine

普段は会社でもアイロン不要な服ばかり着ているので
久しぶりに自分の服にたくさんアイロンかけましたよ。
へたくそなせいか、一枚仕上げるのに時間がかかったんですけど。

さらにアイロンかけを頑張ったら姿勢が悪かったからか
腰が痛くなりました(≧ヘ≦)

  

姿勢が悪かったからというより、歳のせいですかね?

 ←よかったらクリックをお願いします

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年10月18日 (日)

気分は平静かつ停滞ぎみ

こんにちは。yaccoです。
なんだか久しぶりですかね?
といっても一週間ぶりぐらいですけど。

どうしたってわけではなく、何があったというわけでもなく
普通に過ごしていました。
どちらかというと安定しているのかもしれません。

何事もなく過ごしているのでブログに書くネタもあまりないって
いうのもあるし、以前からブログで行き来させてもらっていた人も
しばらくブログをお休みされている方が多いので、なんとなく
気分が下火になっておりました。

面白い内容も文章もイラストも思いつかない・・(-ω-;)ウーン

  

仕事面では相変わらず新人への教育も含め、自分の仕事の
出来の悪さに常に悩ましい気持ちを抱えていますが、仕事仲間や
上司など人間関係には恵まれているので、あとは私自身の
モチベーションと自信がもう少しついたらいいなーと思っています。

 

話は変わりますが最近は、犬や猫やうさぎなど癒し系の動物を
飼いたいな~と思いつつ、日中面倒見る人がいないので今は
断念しています。

YouTubeで動物もの(主に猫)を見ていました。

以前ネコ鍋を紹介してもらって癒されたのだけど、他にも
面白く可愛い猫ちゃんの動画があったので紹介しますね。

 

  短足猫マンチカン

  極猫★ゴクネコ

  猫のグーパー

  こたつねこ

  めちゃめちゃ可愛い猫ちゃん

極猫★ゴクネコも写真のみならず編集がなかなか面白かったです。

それにしてもマンチカンって可愛いですね~。

飼うならやっぱり犬かなと思っていたけど、マンチカン(猫)も
短い足と小さくてたれた耳がすごく可愛くてほしくなってしまいます。

この間の飲み会で、ある課長さんがうさぎを飼っている話を
してくれたけど、その課長さんが言うには、「うさぎは結構ひとりが
好きな動物だから昼間は誰もいなくても寂しがったりしないし
飼いやすいよ」とのことでした。

へ~、ひとりが好きなんだね。
なんだか自分と似ているような感じがしました。

  

 ←よかったらクリックをお願いします

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年10月11日 (日)

ザ・ベストハウス123で

こんにちは。yaccoです。

少し前ですが、
10月7日放送のフジテレビ番組「ザ・ベストハウス123」スペシャルで

SHELLY プレゼンの
「壮絶!闘病人生 命を燃やして残したメッセージBEST3」には
号泣しました。

☆第1位☆『負ケテタマルカ』
負けてたまるか!12歳の少年が絵に描き続けた、壮絶な生き様

☆第2位☆『僕の履歴書』
早く僕なんか死んでしまえ!病床での想いを叩きつけた、
 ケータイ小説

☆第3位☆『電池が切れるまで』
せいいっぱい、生きたい!笑顔の少女が、最後に残した心の叫び

こういうのに順位をつけるのはちょっと違和感を感じますが、
「負ケテタマルカ」の本田紘輝君の闘病生活や母や父との愛情の
やり取りに涙なくしては見ることができませんでした。

 →★本田紘輝君のオフィシャルサイト

  その中から 「本田紘輝について」のページより

小さい心身でたくましく強くありのままの姿で病気と闘う姿を
見ていると、自分とはなんて生ぬるいものなのだろう、って思って
しまいます。

苦労はできればしたくない。
不自由もできればしたくない。
嫌な思いもできればしたくない。
痛い思い辛い思い悲しい思いもできればしたくない。

それらをせずにすむことが、果たして幸せなのでしょうか。

というよりも、

それらをせずにすむことで、幸せが何かを感じることが
できるのでしょうか。

楽で自由で楽しい方が幸せなのだろうけども、普通に日常を送る
ことそのものが幸せであり恵まれていることなのだろうけども、
それを「幸せ」だと本当に自覚している人は少ないのかもしれない
です。私も含めて。

上を目指しすぎたり求めすぎたりするといつまでも「幸せ」を
感じることはできないのかもしれません。

自覚できるかどうか、気づくことができるかどうか、なのかも
しれないですね。
結構あちらこちらに転がっているんだと思います。
幸せは陽炎のように。

辛くて苦しくて短い生涯でも、彼がもらったものはたくさんあって
彼が与えたものもたくさんあって、私のような人間がどうこう言える
立場ではないけども、彼の存在はたくさんの人々に影響を与えた
ことは確かなのだろうと思います。

  

 ←よかったらクリックをお願いします

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月 6日 (火)

余談

こんばんは。yaccoです。
ここ数日冷え込んできました。
風邪などひいていませんか?

先週金曜日のK課長の送別会の話の余談です。

その時のメンバーにN君という、昔K課長の部下だった男性も
来ていました。
彼は今は私のいる部署とは違う技術部にいます。

彼は何やら霊感があるらしいと聞いていました。

何人かは彼に霊視してもらったとも聞いていたので、
私も何か守護霊がついているのではないかと、飲み会の時に
時間があったら見てもらおうと思っていました。

送別会の最中は席が離れていたのであいにく話すことが
できなかったのだけど、一次会を終えて店を出て4~5人で
立ち話をしているときに彼がいたので唐突に聞きました。

「私に何かついてないか見える?」

N君はタバコを吸いながら目を細めて私の頭上あたりを
じーっと凝視しました。

「うーん、男の人が見えますね。でも薄いです」

「え?男の人?じいちゃんじゃないかな?私、
 じいちゃんに守られているような気がするんだけど」

「うーん、そうかもしれないですね。男の人は確かです」

って言ってました。

薄いって頭のことじゃないよね?
希薄な男の霊がついているのかしらね?

確かに私は子供の頃からなんとなくじいちゃんに守られている
ような気がしてたんです。
でも、じいちゃんのことは写真でしか知らないんだけど。

「すごいね~」と私たちが感心していると、彼は

「いや、今だから言うけど、さっきの飲み会の座敷には
 たくさん(霊が)いましたよ」

と言ってました。

 

(≧◇≦) ヒーーー!!!

 

飲み会での会計時に想定外で予算オーバーだったから
会計係のTちゃんと

「あ~、だから予算オーバーだったんだ~。
 きっと浮遊霊たちも入れて大人数だったんだね~」

と冗談言ったりしましたが、ほんとにあの場にいろんな霊が
浮遊していたんでしょうかね。

同僚女性のIさんが

「あの部屋に(霊が)たくさんいたということだけど、
 霊同士でも“あ、初めまして”とか“こんばんは”とか
 挨拶しあったり居酒屋の中で仲良くなったりしているのかな、
 と 思ったらちょっと可笑しいね」

って笑ってました。

いろんな霊が本当にそこにいたとして、その霊たちも
その場で仲良くなってたり親睦を深めてたりしたら確かに
面白いかも。

 

 ←よかったらクリックをお願いします

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月 4日 (日)

見える優しさ 見えない優しさ 

こんにちは。yaccoです。
ここ数日は雨の日が多かったです。
今日は打って変わってとてもいい天気で、すがすがしい
秋の日和です。

10月いっぱいで辞められる元上司(課長)の送別会が
一足先に金曜日にありました。
課長のKさんは今は別の部署の課長さんです。

送別会では今のグループ(課)のメンバーと、Kさんがうちの
課の課長時代だった頃の旧メンバーや新人君たちも交えて
楽しい時間を過ごしました。

Kさんはとても厳しく怖い人でちょっと評判でした。

でも厳しくて怖いけど、部下思いのとても人情味のある
優しい課長でもありました。

ふざけているようにしながらも、びしっと締める所はびしっと
締める、厳しく叱った後はちゃんと何故いけなかったのかを諭す、
そしてユーモアで心を和ます、そういうメリハリのある課長でした。

部下を教育する、新人を教育する、子を育てる、どれも基本は
同じように思います。

教え育てることには変わりないのですからね。

私は人に教えるのが上手くないような気もするし、人を育てるのは
たやすい事ではないとつくづく感じています。

私の課にいる新人君は私がとりあえず何でも教えているのですが、
これまた悩ましい感じで、どう教えていけばいいのだろう、彼の
成長のためには自分はどこまで何をすべきだろう、って最近思います。

ある程度成長すればあとは自ずと自分の道が切り開かれていく
のは分かっていますが、それだけに「今」が大事、この最初の
基礎を固める時期が大事なのだと思います。

うちの部署にいる今年配属された新人は全部で3人。

他の課の新人二人は、担当課長を含む男性技術者がついて
仕事を教えています。

教育のやり方、教え方なんていうのはまさに人それぞれであり
考え方で違うし、教える人の性格によるものもあるし、一概には
言えないけど、男性と女性の違いも多少あるのではないかな、
なんて思います。

男性と女性の違い。
それは父親と母親の違い、要は父性と母性の違いから
来ていることもあるのではないか、と思うのです。

例えば
母親は目に見える優しさ。
父親は目に見えない優しさ。

母親は子供が困らないように、子供が苦労しないようにと
先回りして身の周りの世話を焼きながら育てていく。
つまづくことに否定的であり、つまづいたら慰める母性。

父親は子供が困っても苦労してでもいいから自分自身の力で
させることで子供の成長を促すものと考え育てる。
つまづくことに肯定的であり、つまづいたら自分で立ち上がらせる
父性。

厳しく出来るのは、どちらかというと母性より父性なのではないかと
思います。

自分が憎まれたり嫌われたりするのも場合によってはいとわない。
それが相手のためであれば少々厳しく突き放すことも苦労させる
こともできるのは、どちらかというと父性なのかもしれないと思ったり
します。

なので父性は母性よりもうひと回り大きいところにあるように
思います。

もちろんこれも一概には言えないし、私の独断と偏見がかなり
入っていますし、また「厳しい」ことが良いことと直結するつもりも
もちろんないです。

そんなことを思ったりしつつ、現実問題として果たして私は
父性を持って新人に仕事を教えていくべきか、厳しさを持つべきか
どうかは別として、もっと苦労をさせてでも新人に負荷をかける
方が結果的に彼の成長としては大きいのではないか、、と
自分に問いかけているのです。

やっぱり正直、憎まれたくない、恨まれたくない、嫌われたくない、
自分は常にいい人でありたい、そういう自分本位の気持ちもあって
厳しくすることも大変な仕事をさせるのも気が引けているのだろうと
思います。

でも「人が成長するため」であれば、自分本位な都合は排除して
相手がつまづくことや苦労することは承知で、いろんなことを
させないと本当の成長はないのかなとも思うんですね。

だから悩ましいんです。

頭では何となく分かっていてもそれを実行に移すのは難しいんです。

送別会の主賓だった元上司のK課長は、それを私に教えてくれた
人でした。

あの厳しさがあったからこそ私はあのときの成長があったのだと
思います。
きつい思いをして、大変な思いをして、涙や悔しさがあって、
それを乗り越えてきたからその分私なりに大きくなれたのだと
思っています。
まだまだ成長は足りませんが。
厳しさの向こう側にその人の優しさを感じることができました。

目に見える優しさや偽りの優しさだけで左右されないように
しなくては、と気づきました。

男性または父性が全て厳しさを持って人を育てているとは
思わないし、実際今のT課長はとても優しい人でK課長とは
対照的な部下の育て方をしています。

対照的ではあるけども、共通して言えるのは、T課長もK課長も
どちらも、相手を思いやる気持ちあっての育て方だった、という
ことです。

私にそういう、人を育てる力、というものがどれだけあるかは
分からないし、今のやり方ではまだまだ不十分であるだろうし
人を育てるにはまず自分がしっかり育ってないといけない部分が
あるけども、なんとか自分なりにやっていこうかなと思います。

努力することが苦手な私だけど、努力しないとだめなときも
あるものね。

新人君への教え方、仕事の任せ方を試行錯誤しながら
私も成長していくしかないです。

K課長の送別会、昔のメンバーも集まって楽しかったし
せっかくだったので珍しく二次会まで行ってきましたよ。
料理もお酒も美味しかったです♪

 

 ←よかったらクリックをお願いします

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月 3日 (土)

無題

どりの風が 揺れる

トンボが ふわふわ飛ぶ

オレンジの空が 深みを帯びる

心は 風に乗って どこへ行く

明日へ行き 昨日へ行き

そしてまた 明日に向かう

父のもとへ 母のもとへ 君のもとへ

あの時の笑みは 

今も 私の奥底に光を注ぐ

 

ありがとう

ありがとう

そして

おめでとう

  

      Etc074

 

 

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »