« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月27日 (金)

しみじみなるつれづれ

【今日の私】

今日は帰休で仕事は休み。
午後からは用事がある。
来週は恒例の半年に1度サイクルの技術活動発表会がある。
私はその発表に今回当たっている。
だからテンションはすごく急下降downwardright

【雨の日と香りとよみがえる記憶】

今日も天気は雨。少しだけ暖かいような。
雨の湿気を帯びた空気に混じり車に乗り込む。
雨の日の日中の薄暗さに加えて、湿り気のある道路や草木と
空気の匂いと、自分のつけた香水のうっすらとした匂いが
車の中で交じり合った時、ふと思い出すことがある。
そんな雨の雰囲気と香りに不思議なくらいに過去の記憶が蘇る。

雨の日の公園。
雨の日のお寺。
雨の日のあじさい。
雨の日のひと気のない観光地。
雨の日の遊歩道。
雨の夜と車のワイパー。

香りは不思議だ。
視覚よりも聴覚よりも嗅覚の方がより記憶をリアルに再現させる。

【抽選会】
午前中ドラッグストアに行った。
鼻炎薬とジュースなどこまごまとしたものを買った。
抽選会の補助券を3枚もらった。
補助券10枚で一回の抽選会に参加できると書いてある。
このドラッグストアではおそらく月に1回抽選会をやっているようだ。
今月の抽選会の期間は25日~28日と補助券に書いてある。

サイフを見てみると、このドラッグストアで以前買ったときにもらった
抽選会の補助券4枚あった。
今日のを合わせて全部で7枚
あと3枚足りない・・・
補助券は500円につき1枚もらえる。
1500円分の買い物をすれば3枚補助券がもらえる。

他の人がレジの向こうで抽選会のガラガラ回すガラポンくじを
やっていた。
その人はハズレ。ポケットティッシュをもらっていた。

・・・・。

そこまでして1500円の買い物をするべきか・・・。
ハズレ=ポケットティッシュの可能性が極めて高いのに
1500円を投資するのか・・?
必要なものって他になかったっけか・・??
頭の中であれこれ考えをめぐらせるヤッコ。(補助券ごときで)

でも補助券10枚集まったものの1回限りのくじで
ハズレだったらどうよ?
エビで鯛を釣るどころか、鯛でおきあみをゲットするような
ものじゃないの?

そこまでするのも面倒&もったいないのでやめた。
(考えるのも面倒になってきた)

でもその後サイフの中にもう2枚見つけた。
それは1枚で一回ガラポンが回せる抽選券
先日化粧品を買ったときに2枚もらったのだ。
(結局シミ取りにいく勇気がなくホワイトニング化粧品を
買って紛らわそうとした)

平日のドラッグストアでひとりガラポンくじ2回にトライする
ヤッコの光景。

ガラガラガラ・・と取っ手を持って回そうとしたら

店員が

「あ、お客さんそっちに回すと反対です」という。

「え?あ?どっち?こっち回し?」 (よく考えりゃ分かるはず)

気を取り直して、ガラガラ・・・。
白の玉が出た。ハズレらしい。
例に漏れずポケットティッシュをもらった。

もう一回、ガラガラガラ・・。
黄色の玉が出た。
おっ?あたり??何等??私のラッキーカラーじゃないの。

黄色の玉でゲットしたのは、使い捨てカイロ。8個入り。
冬になり始めの頃にもらいたかった。
時期ハズレものだから景品に回しているのだろうか。
ま、いいか。

得なのか何なのかよく分からない抽選会システム。

 

【もしも・・】

テレビを見ていて思うことがある。

もしも、 「ドラえもん」の実写版があったら
スネ夫の父親役麻生総理にやってほしい。
もちろん他のキャスティングは考えてない。
でもスネ夫の父親って出てたっけ?

主役の「ドラえもん」役は、さすがに適役いないだろうと思えるが
実はうちの会社に推薦したい人物がいるけど、もちろんそんなこと
はどうでもいいことだ。

  

最近マンガもイラストもちっとも描いてないな。
また「やる気なし無気力ゾーン」に突入かしら。
そんなつぶやきまじりのつれづれブログ。

  

 ←テンション上がらないけどランキングは
            上がらないかな。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

しみじみなるつぶやき

順調であることはいいことだ。

疎遠になってしまった人とかどうしているかな、と思うときがある。

私はこうして自分の様子をブログで発信しているけども、遠くに
行ってしまった人の様子は、私からは分からない。

でもきっと順調に楽しく忙しくマイペースでやっているのだろうと思う。

そうやって目の前の時間と生活に囲まれてだんだん薄れていく
ものもある。
新たな出会いや新しい人間関係で、昔の人間関係や繋がりも
薄れゆくもの。遠のいていくもの。
それが自然であり、順調というものはそういうものでもある。

ちょっと寂しくも思うけど、そう思ってばかりもいられない。
気にかけているのは私だけで意外と皆順調にうまくやって
いっているものだ。
変わっていくのだ。時間とともに。心も。周りの環境も。
だから私も変わっていきたい。
取り残されないように私も前に前に進んでいきたい。

ただ 焦らないように。

  

そうやって時の流れ、時の波にのって私たちは過ごしていく。

そしてその波の狭間に何かを見つける。

    

     Fuu068

    

   

時に 流れゆくさざ波に心の便りを乗せてみる。
どこまで流れていくだろう。便りはちゃんと届くだろうか。
でも届かなかったらそれでいい。
便りもこなかったらそれでいい。

それが今なのだから。

   

新しい波がまたやってくる。

私はまたその新たな波を迎えようとしている。

            

    

 ←クリックしてもらえたら嬉しいです

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月25日 (水)

誰かの言葉 ちょっといい話

元気ですかー?(アントキの猪木風)
元気があれば何でもできる!
明太子があれば何杯でもご飯が食える!yaccoです。

久しぶりの更新のような気がするけど、4日ぶりなのね。
なんかいろんなことにやる気が出なかったもので・・
(いつもだけど)

今日は、会社の友達に教えてもらったちょっとした「いい話」
紹介します。
その友達もあるお偉い方から教えてもらったという話です。
そのお偉いさんがご自身で考えた話ではなく、その方がどこかで
見聞きした、「どなたかの言葉(文章)」です。
誰の言葉かはそのお偉いさんに聞けば分かるはずですが、今は
まだ私もそこまで知らないので誰の言葉とは言えないですが。
たぶん心理学専門の方の言葉だろうとは思います。

長いかもしれませんが、よかったら読んでみてくださいね。

**********************************************

一瞬の中に永遠をみる

時間はうそつきです。ある人にとってアッと言う間に終わる
楽しい瞬間も、ある人にとっては息をするのも苦しい時間かも
しれません。

 すべての人が同じ時間を楽しんでいるのではありません。
その時間にどのような感情で意味を塗り、仕上げていくかで
人生は変わってきます。

これを心理学では「意味づけ」と言います。

 だから、時間は、その瞬間には意味が見当たらなくても、
その時間が過ぎ去った後で、その意味が現れることがあります。

人生のすべての時間を、素敵な色に塗り仕上げる人もいます。
そんな人は、自分の人生に与えられた「時間」を大切にしている
人です。

 どんな悲しい別れも、今の出会いのために必要だったと思える人。
また、「あの悲しみがあったから今の幸せがある」と言える人は、
時間の意味づけが、とてもうまいのです。

 そのように感じる人は、悲しい出来事も人が人として成長する
ための、大切な時間に違いないと信じています。つまり、人生の
すべての時間は「学び」だと知っているのです。

 そういう人は、去りゆく瞬間の「今、この時」を大切にしています。
幼い子供たちの今の瞬間。
今、目の前にいる人の瞳のきらめきを感じようとしています。
そして、人生の中で今、一番新鮮な自分自身の感情をも大切に
しています。

 まわりの景色や、いつも出会っている人を、退屈で見慣れた
時間に埋没させないようにと・・・・。

 だから、苦しい出来事も、これも、いつか何かを気づくために
意味があることなのだと思えたなら、それも時間の意味づけに
なります。

 でも、本当に苦しみの真っただ中にいる時には、強くなった
未来の自分に、この瞬間にワープしたいと思う時があります。
しかし、苦しくても悲しくても、それを通過しなければ未来の強く
たくましい自分にはなれません。そして、その苦しみの中で
学んだことが、あなたの大切なストーリーになります。

 インディアンの彼らは自分が語れる紆余曲折のデコボコ道を
選びます。
舗装された道には語るべき感動がないのです。
物語もそうです。
いろいろな人生があるから面白いのです。

小説も、日常の中で突然起こった出来事からスタートするのです。
そして、波瀾万丈のエピソードへと動き始めるのです。
だから、ワクワクし、感動するのです。

「ある人が、すべて順調にことがすすみ、幸せに暮らしましたとさ、
めでたし、めでたし」では、小説は一行で終わってしまいます。
そんな物語を本屋で買ってまで読む気にはなれません。

 成功セミナーの
「あなたが成功するための」「幸せをつかむために」という発想は、
「今の人生が不幸だ」という前提からスタートしています。

でも、そうなのでしょうか。

 「今、ここ」にある日常のドタバタ劇や大騒ぎの中に、人々の
喜びや感動のストーリーが満ちているのです。それを味わうために
人生にはたくさんのバリエーションが存在します。

これが幸せだよ。これが不幸せさ。と誰かに信じ込まされて、
戻らない今、過ぎ去ってゆくこの時間を十分に味あえないことが、
何よりも不幸せです。

 だから、『勝ち組』『負け組』という言葉を僕は、いまだに好き
にはなれないままです。

 なぜなら、豊かさの中にも不幸の種はあるし、挫折の人生の
中にも語るべき人生の宝物が落ちているからです。それが人生の
深さなのです。
カウンセリングをしていると、それをヒシヒシと感じます。

 人生の中で、それぞれの意味を見つけるために、僕たちには
いろいろな人生のストーリーが与えられています。
その経験から教訓として学んだことが、多くの人から歓迎される
知恵になります。
それが、その人の財産になります。それをたくさん持っている人が
人生のストーリーテラーなのです。

 でも、人生は「勝ち組」と「負け組」という二通りだけに決められて
しまうと、単純にその組み分けを信じた人々は、自分の人生の
醍醐味や深みを楽しまないままで自殺したり、その苛立ちの
はけ口を外に向け、無差別殺人や、花や動物を虐待したりします。

 こうした悲しい人々は人生の意味づけがヘタなのです。

 この二元論の単純化は、多くの現代人の持つ病です。

 子供をよりよい学校へ、より収入のよい職場に、人並み以上の
結婚へ、未来は、さらに豊かにと・・・セミナーをはじめ、啓発書も
それを後押しします。

しかし、人生も自然の一つだから、自分の理想のように出来事が
進まない。それが、かんたんに「負け組」だと思い込んでいると、
自殺者や、キレる人々が後を絶たない。

 現代人の多くは神様に「明日は、もっと幸せにしてください」と
祈ります。
僕は今までの話から、神様に祈るなら「今この時を、『幸せ』だと
思える、強く優しい心を与えてください」と祈ることが大切だと
思えるのです。

 現代人の祈りと違って、インディアンの人々の祈りは、
「今日と、同じようなステキな日々が、七世代先まで続きますように」
と祈ります。
彼らの言うステキな日々は喜怒哀楽のある何も変わることのない
日常です。
「彼らは永遠に今と同じ日々が続きますように」と祈るのです。
彼らがセブンス・ジェネレーションと言う時は、未来永劫と同じ意味で
使います。

 彼らは、泣いたり笑ったりの波乱万丈のデコボコの日常が永遠に
続けばよいと祈ります。

 そのデコボコの中に、人生の贈り物がたくさん詰まっていると
知っているからです。

 「プレゼント」の英語の語源は「現代」です。
 「今、この瞬間」を楽しむことです。

 彼らは、今という時間に、たくさんの『意味』を詰めてくれた神に
感謝します。悲しみも、いつかは喜びに変わる、大きな時間の
スケールで、人生をながめる能力が彼らにはあったのです。

 「今日よりも明日は・・・」これは現代人の右肩上がりの呪いの
呪文です。
先進国の多くが、この呪いを信じるようになったがために、僕たちは
今の中にある時間の深さを楽しめなくなりました。
世界中の人が、この「右肩上がり」の呪文を祈り続けると、やがて
すべての国と人が、今の人生を楽しめず、競争し、奪い合い、先細り
して、そして人類は崩壊への道を進むことでしょう。

 「もっと、もっと、未来をよりよく!」と言う考えは時間が右肩上がりで
直線的に進むという発想です。こう考えた文明人と言われた人々は、
豊かなアメリカ大陸の自然を、二百数十年で変えてしまいました。

 アメリカ・インディアンが、1万年も長きにわたりアメリカ大陸の
自然を、そのままの姿にとどめてきたのです。

 それは、時間をゆるぎない円環として観ていたからです。
彼らは何気ない日常を噛みしめて生きてきたのです。
日常の変わらない人生の中に、たくさんの幸せがある。
そう信じていたのです。
彼らの祖父も祖母も、先祖もそれを楽しんだと・・・・・

 だから、人生とは廻る輪の中で楽しむものだと。
だから、彼らは円環(ホイール)が大切なバランスの象徴なのです。

それは、今という瞬間の中にある光や、自然や、笑顔や、涙や、
見慣れた景色の中にも「美しさ」があることを味わった者だけが
到達した永遠の知恵なのです。

 皆さんのデコボコの人生に幸あれ・・・・

**************************************************

私はこの、どなたが書いたものか分からないけど、この話でとても
心が温まり、ホッとして、そして慰められたような穏やかな気持ちに
なりました。
癒されて救われたような気がしました。

苦しいことでも悲しいことでもその時は辛いけど、決してそれは
無意味なことではないのだと、それがあっていいのだと。
そしてそれに意味を見出すのは自分自身であり、自分が気付く
ことができるかが大事なのだと。

泣いたり悲しんだりすることもまたあっていいのだと。
それがあるからこそ喜びにも気付くことができるし人生を鮮やか
にしてくれるものなんだって思わせてくれる。
肯定してもらうことで、心に抱えていたものが、ふと軽くなる瞬間
でした。

文章の中で
「彼らのいうステキな日々は
 喜怒哀楽のある何も変わることのない日常」
が更に心に響きました。

この文章を友人経由で教えてくれたお偉いさんは、会社の
役員の方です。

他のお偉いさんは、どこかいつも上ばかりを見て先ばかりを見て
仕事の堅苦しい話を、綺麗ごとの建前論を、当たり前だけど
上から目線で話をされるけど、この役員の方は違うのです。

ちゃんと末端の社員のことや立場も理解して気にかけてくれる
唯一私が尊敬・信頼する、ちっとも偉そうでない役員の方なの
です。
まあ、ドラマに例えたら「水戸黄門」のようなお方にも思えるお人。

大事にされるものが他の方とは違うのでしょう。
理想も理想で大事だし上を見ていかなければならないけども
ちゃんと忘れてはならない大事なものもしっかり忘れずに
気にかけている人です。

そういう人が大事だと思う言葉は私にとってもやっぱり素敵な
言葉なのです。

長くなって申し訳ないけど、そういうことで誰かの言葉を紹介した
今日のブログ。

ちっとも偉そうでない優しいホントは偉いオジサン、いい話を
ありがとう。
そしてその話をまた教えてくれた友達に、ありがとう。

  

 ←クリックしてもらえたら嬉しいです

  

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年2月21日 (土)

ナナ転び ヤッコ起き

私は私 人は人

自分に自信がなくなることもしょっちゅうで

自分に嫌気がさすこともしょっちゅうで

コンプレックスのかたまりなのも間違いなく私なのであって

でも そんな私だけど

私は私

こうして優しくしてくれる人たちがいるだけでありがたい

つまらない自分を嘆いている私に同調してくれる人がいると

思うとありがたい

  

変えていくべきもの

継続していくべきもの

  

時に  自然に身を任せるほどのしなやかさと柔軟さを

時に  よからぬ雑流に流されないほどのたくましさと信念を

 

落ち込んでも 転んでも つまづいても 立ち止まっても

たまに後ろを振り向いても 涙を流しても

    

それでも

私は私なりに 工夫して 前を向いて歩いていきたい

  

   

 ←クリックしてもらえたら嬉しいです

  

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年2月20日 (金)

私のぶっちゃけ

こんにちは。
R-1グランプリの採点方式と優勝者が腑に落ちないyaccoです。
(まだ言ってるよ)

いやー、100点満点で96点と93点とかつけてるけど
その違いって何??
すごくあいまいで不安定な感覚的評価点だよね~。

5段階評価のポイント制にするとかね。
(会場の一般観客にもポイント投票制にするとかね)

正月の紅白(?)かくし芸も50点満点なのに。
NHK紅白歌合戦欽ちゃんの仮装大賞レッドカーペットなんかの
審査方法は、ランプを2つつけるか1つつけるか、全くつけないかの
チョーシンプルなやり方だけどまだ理にかなっているような。

仮装大賞であとでペコッと追加得点入るのはまあ会場の場を
盛り上げるためのお決まりとして・・・(-ω-;)ソコハ ミノガシテ

やっぱり最後まで観賞した上で全体を通して優劣つけた方が
公平性はあるよね。

・・・って、ヤッコさんしつこすぎ ヾ(-д-;)ぉぃぉぃヤメレ
もうその話題はいいから。

(ヤッコさんはよっぽど優勝者に不服だったとみえる)

だって中山功太、顔がなんか汚いんだもん・・・
笑った顔もキモイ・・・

ちなみに、ワタクシ、M-1グランプリの方はその番組そのものを
見逃したから見てません。
でもあれでグランプリとったNON STYLEは私も好きだな。

 

ということで、今日は何を書こうかしら♪

   

えっ (゚Д゚) ??

今までのは前フリだったの?!(長っ)

 

 

ひとつのブログ記事が長くなるはずよね・・ヤレヤレ。

今日は
「ここだけのぶっちゃけ話」シリーズでいってみましょうかね。

ってシリーズにするほど何もないんだけどsweat01

ここだけの話、ここだからぶっちゃけますが

私、苦手な女性がいるんです。(コッショリ)

え??もしかして私のこと??とか心配された人がいたら
紛らわしくてゴメンナサイ。でも大丈夫です。
私が苦手としている人はここを見ている人ではありませんから。

皆さんにはあまり関係のないことだから「な~んだ」って思うかも
しれませんが、だからこそここでぶっちゃけてみたのです。

は~、言っちゃった。

いえ、その人の性格が悪いとか意地悪とか変わっているとか
そういうのではないんですよ。
むしろ、誰もが彼女のことは「性格がいい」とか「優良」「明るい人」
「良妻賢母」であるという好印象を持たれていると思います。

私もそう思うところや認めているところはあります。

だから嫌いじゃないし常に「嫌だ」って思っているわけじゃないし、
いつもいつも接しているわけじゃないからそれによってストレスが
増大するってわけでもないからいいんですけどね。

でもなんとなく“苦手”な感じがするんですよね。
なんとなく、ですけど。

優良と周りから思われている人だからこそ、そういう“苦手”って
思う理由がある私は、そうやたらに周りに言うこともはばかられて
心で思うに留めていたのですけどね。

“優良さとセレブ感に満ち溢れたさりげない自信と自慢”なるものを
なんとなく大げさに感じてしまうときがあったりして。

こういう心境を、小説家の「角田光代」さんは、うまーく描写するん
だと思います。
その“なんとなく”の部分を、その核心的な部分をさりげなく鋭く
表現するのだと思います。
だから結構角田さんの“微妙な表と裏”を描いた人間模様は
共感するところがあって私は親しみを持てるのでしょうね。

“いい人”と言われている人に対して、そう思うこと、そう感じること、
そう受け止めること、そういう自分にすごく罪悪感を抱くし、そういう
ことを思ったら“やっかみ”とか“嫉妬”とか“ひねくれもの”とか、
常日頃くだらない人間や醜い人間にはなりたくないと蔑視している
自分自身が醜い人間だと自分で言っているようで、そんな自分が
嫌だからそう思わないようにしているし接するときは普通に接して
いるし気にならないときは気にならない、そういうレベルなのですが。

でもちょっとくらいここでぶっちゃけるのぐらいはいいかな、と
思ったりしたわけです。
名前をあげるわけでもないし、ここを見ている人ではないし。
人を傷つけるような攻撃的なことを言うつもりでもないし。

心の中に閉じ込めていた自分の汚い部分を正直にぶっちゃけて
みたかったのです。
身近な人でも言えなかったから。
かえって自分が軽蔑されるかもしれないし自分が非難される
だけのように思えるから。

誰かにその人の悪口を言うわけでもないし、その人とそれほど
親しく接しているわけでもなく、ほどほどの距離感も保てているし
嫌だと思っているわけでもないし、ただ“苦手”に感じるだけだし
それも私の中だけで秘めているだけだから日常生活には支障は
ないし、迷惑もかけていないからほんとにここだけの
“限定ぶっちゃけ話”なのです。

皆さんも多少はありますか?苦手なタイプっていますか。

考えすぎとか言われたりして凹むこともあるけど、そういうのではなく
自然に感じる“苦手感”ってないですか?

性格のめちゃくちゃ悪い人のことは、割と抵抗なく親しい人には
“あの人は好きじゃない”って批判して言うことできるけど、
「いい人」って評判の人に対しては、それに水をさすようなことや
イメージに反することを思ったり発言したりすることになんとなく
後ろめたさを感じます。

「いい人」って自分でも分かっているけど、“だけど苦手”っていうのも
アリなんだと思いました。

そんな私の性格が悪いのでしょうかね?
ひねくれものでしょうかね?

そんな風に思えてくるから口にするのも思うこともタブーだって
自分に言い聞かせているのでしょうね。

あ、でも今同じ職場にいる人たちは皆心から素直に
「朗らかで気だてもよくて優しいいい人」と思える人ばかりなので
仕事仲間には本当に恵まれていると思います。
どこが違うのかっていうと私の独断と感覚的な部分によるところが
大きいのですが。

    

ぶっちゃけ話のついでにもうひとつ、ぶっちゃけます。

 

私、エアコンをつけっぱなしにして会社に行ってました!

 

つい数日前の話です。

会社から帰ってきたときエアコンがついているではないか・・・

 ・・・(;゚д゚)・・・・・ボーゼン・・・

   

  

まて~い! (ジャックバウアー風) ←マイブーム

  

    Photo

 

ここに誰かが潜んでいるかもしれない・・

自分が留守中に何者かが上がりこんでエアコンをつけたのかも
しれない・・・

  

あたりをよーく見回せ~ (゚Д゚;≡;゚Д゚) ?!?

  

ハッcoldsweats02

へ、部屋が乱れているっ・・・

モノが散乱している・・・

よく思い出すんだ。 思い出せ~ ∑( ̄皿 ̄;;ウーン・・・・

何者かが忍び込んだ可能性・・・・・・。

  

   

そしてヤッコは思い出した。

  

朝自宅を出るとき、エアコンを切った覚えがない・・・

(゚Д゚) アタシ??

  

  

やっぱり犯人はヤッコだった。チャンチャン♪

部屋が乱れているのは私が片付けしてないから~up

  

それにしても、朝から一日中誰もいない部屋を無駄に暖めて
いたとは・・・またもやエコでないヤッコ。

ファンヒーターの方が危険性が高い分、消し忘れたら一定時間
後に自動で停止するけど、皮肉なことにエアコンだったものだから
延々と機械的にブンブン動いていたわけで・・・。

今日から暖房は入れずに辛抱しようかな。トホホ。

節約して 無駄に使って プラマイゼロ むしろマーイ

  

 ←クリックしてもらえたら嬉しいです

  

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年2月17日 (火)

R-1グランプリの個人的感想

こんばんは。
今日会社のコピー機で原稿を裏表反対にセットして白紙を
何枚も出してしまったエコでないヤッコです。

R-1グランプリ2009の決勝戦が今日19時から放送されて
ましたね。

グランプリは大逆転で中山功太でした。

私としてはなんだか納得いかないような気がする~up
単調だったよね~。
だから時間が長く感じたし、同じ調子でまだやるか?って
感じがしたのよね。

えー、あれがグランプリ??
最高得点取るほどの笑いだったか??

審査員の点数が高かったけど、笑いのテクニックや専門性は
分からないけど、単に“素人が素直に笑える”ものかどうか
って意味では会場での一般者採点もあっていいのでは?って
感じもしましたが。

だって、会場で結構笑いが出ていたものが意外とそれほど
点数高くなかったり、まあまあだけど大笑いするほどじゃない
というものが意外と審査員採点が高い点数だったりして一般の
素人の笑いの評価と、審査員の評価が必ずしも一致しないような、
そんな風に思うのは自分が面白いと思ったものがベスト3に
入らなかったからでしょうか??

あの採点方式だと、最初の1~2番手は不利ですよね。
採点するときの比較対象がないから最初は根拠のない点数に
なりがちで、後の番手はそれと比較した感じで点数つけられる
感じがするから最初よりは有利な気もするのだけど。
だから岸学・・・ちょっと形勢不利だった??

2位のエハラマサヒロも1位を争うほどの大爆笑が得られたか
っていうと私は、うーん・・・( ̄へ ̄|||)

中山功太は面白くないわけじゃなかったけど、最後の最後で
みんなをゴボウ抜きして1位にのし上がるほどの爆発的なよさが
あったとは私は思えないな~。私はね。

ピン芸は難しいんでしょうね。
ツッコミ役もいないから。

私は基本的にお笑い芸人は

「ムッツリ系は好きじゃない」というのもありますが。
だから中山功の芸風はもともと好きじゃないというか。

だいたひかるとか、友近とか、今回の中山功太とか長井英和とか。
鳥居みゆきもキモキャラが売りだろうけど私は受け付けないな~。
どこが面白いんだろう??って思っちゃいます。
笑いに厳しい人は最近の芸人さん全てに対しても厳しいのかも
しれませんが。

私が好きなお笑い芸人としては前にも書いたかもしれませんが
基本的に「笑い顔」の芸人さんが好きですね。

ニコニコ系ニヤニヤ系とか、あと困り顔系も好きですね。

たとえば・・

COWCOW (笑福亭笑瓶に似たあのニコニコ系)
ジョイマン (変な踊り系のニコニコアホキャラ系)
ハイキングウォーキング (Q太郎のボケボケが面白い)
なだぎ武 (ただシンプルに面白い)
もう中学生 (甲高い声と笑顔が癒し系)
芋洗い坂係長 (困り顔できれのいい踊りと体型がいいね)
ザブングル (何といってもあの顔)
髭男爵 (ひぐちカッターが好き)
昔からの芸人さんで最近はグルメ系が多い石ちゃん

(ホンジャマカの石塚英彦。あの笑顔がまいうー)
レギュラー(あるある探検隊の)←古いけど癒し系?

M-1グランプリで売れ出したNON STYLEもあのボケの
笑顔でつられ笑いしちゃいますね。

ザブングルのあの顔を使ったベタベタな笑いも好きですね。
顔が面白いといえばバナナマンもいいかも。

「笑い」「癒し」でもあるので、見た目や雰囲気だけで
癒されるような芸人さんの方が素直に笑えるような気がします。
(ヤッコ、“笑い”を語るの巻)

だからムッツリ系はムッツリした表情や風貌からして
笑いのスタート地点がマイナスより?
アドバンテージに欠ける??ハンディキャップ??
そこがいいとかいうマニアックな笑いやよさがあるのでしょうけど。

私は素直に笑える方がいいですね。
顔や表情や風貌が面白いのはそれだけで有利のような。
でも衣装ものはそれにネタの自由度を奪われるので要注意
ですよね。長続きしないのは確か。
(レイザーラモンHGやギター侍、桜塚やっくんetc)

あと、ニコニコ系でもないのに好きなのは

狩野英孝や どきどきキャンプ(ジャックバウアーもの)とか。

彼らはニコニコ系じゃないけど、勘違い系だから面白いような
気がします。
気取っていたり、なりきっていたりする勘違いそのものが“ボケ”
ですよね。

  

何を語っているんだか・・・(¬_¬)ヤレヤレ

それは今日のR-1グランプリの優勝が不服だったから~

COWCOW山田よし と 意外に知らなかった芸人さんで
サイクロンZが私は面白いと思ったかな。
どきどきキャンプの岸学のネタは、その時間帯ちょうど
見てなかったから分かんないのだけど。
バカリズムもたまたま見逃したから分からなかった・・。
あべこうじは結構面白かったと思うな。

まあ、面白いと感じるのもどのお笑い芸人が好きかなんて
いうのも人それぞれですけどね。

それにしても今回のR-1グランプリは全体的にたいしたこと
なかったような・・・ ←えらそうに言うヤッコ

あーあ、どうでもいいことでまた長々と書いちゃったかな(笑)

  

 ←クリックしてもらえたら嬉しいです

  

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年2月15日 (日)

日曜のつれづれ

こんにちは。
映画「余命」の主題歌が妙に耳についているyaccoです。

ここ数日は暖かい日が続いてますね。でもまだまだ寒い日も
ありますから風邪などひかないようにしてくださいね。
では今日もとりとめのないつれづれを書いていきます。

《つれづれ1 映画「余命」の主題歌》

ちなみに「余命」の主題歌は
twenty4-7が歌う「Get A Life」 です。
↑には歌詞もあります。

歌詞のメッセージ性とソウルフルな歌声がいいと評価されて
いますね。

この曲がTVCMやその他至る所でかかっているので、歌の
サビの部分が妙に頭と耳にこびりついています。

そ~れ ぞ~れ い~きてきた~♪

  

《つれづれ2 甘いのはお好き?》

バレンタインデーも終わり今日あたりから余剰チョコが安売り
されているんではないでしょうか?

「甘いのが好き」って言うとなんとなく「女の子」っぽくもあり
「キャワユイ」感じも「乙女」な感じもするし、「甘い」とか「スウィーツ」
っていう言葉の雰囲気から女子度が増すような響きがあるので
私もついついみんなに合わせて「私も甘いの好きなんだよね~」
って言うけど、実は私、

それほど「甘党」でもないんです  (o ̄∇ ̄o)ヘヘッ♪

ここだけの話ね。(ヤッコ告白するの巻)

ま、いわゆる

なんちゃって甘党  ですな はい。(;¬∀¬)ハハハ…

いや、好きではありますよ。
でも、他の「甘いのが好き」な本物の甘党の人に比べたら
それほどでもない、「甘党」に属しないモグリなんです。

それほど大好物でもないのに「甘いのが好き」って言って
可愛らしさをアピールしようとするヤッコさん・・

セコ過ぎ!!(´゚艸゚)ププッ

子供時代に食べたケーキは安っぽい甘さのどぎついバタークリーム
のケーキだったからかあまり好きではなく、和菓子やあんこの
入ったまんじゅうも好きではなく、好きなのは肉まんぐらいでした。

チョコも板チョコのようなオールチョコは好きではなく、
森永チョコフレークや、ロッテクランキーチョコのような、シリアルや
ウェハースやパフなどと組み合わせたチョコだったら結構好き
でした。

ぜんざいとかは、「100%あんこ汁」みたいな感じで苦手でした。

甘いのを余計に食べると、なぜか“耳たぶ”ズキズキと痛む
ような感じがして好まなかったのもあります。

不思議なんですけどね、糖分のかたまりを摂取すると本当に
耳たぶがズキズキというか、何か血液がドクドクする感じがして
身体的に違和感を感じていた覚えがあるのです。

では子供時代に何が好きだったかというと、スルメやサキイカ。

うわっ、オヤジくさっ (゜д゜#)

あとベビースターラーメン(←これは今でも好き)。

他にせんべいやおかき系。
塩やしょうゆベースの味が好きだったんですね。

あ、でもシュークリームだけは大好きで、シュークリームを
食べきれないぐらいにたくさん食べたいな~って子供の頃
夢を抱いていました。

今は甘いものも以前よりだいぶ好きになりましたheart04

ショートケーキも好きです。
味も風味も昔に比べレベルアップして美味しいからでしょうか。
あんこものも好きです。たくさんは食べられませんけど。

ちなみに、ケーキやまんじゅうにはどちらも意外と「牛乳」が
合います。

ということで、私の「甘いもの好き」の実態は、5段階レベルで
いうと実は「3」(=普通)であり、女子度アップ効果を狙ったり
人と話をあわせる程度だったんですね。

みんな、内緒にしておいてね。( ̄b ̄) シーーッ!

《つれづれ3 お買い物》

先日の帰休で休んだ日に靴を買いました。
今まで履いていた靴がだんだん傷んできていたのもあるし。
私は複数の靴をファッションに合わせて使い分けるということを
せず、普段はいつも同じ靴を毎日履き続けるので傷むのも
早いんですかね。(安物だからっていうのもあるけど・・)

夏はサンダルが多いけど、春や秋ぐらいの季節にちょうどいい
軽めのカジュアルシューズがほしかったので。

BOBSONの靴で履き心地もよかったし値段も手ごろだったから
これにしました↓ 3,990円で売ってありました。

    Dscn3378

   

私は足のサイズは23.5cmなんだけど、足の甲の幅がワイド幅
なので、つま先がシューっと細くなったトンガリ靴は絶対履けない
んですよね。
履いた見た目も不恰好だし・・。
ブーツも憧れるけど、背が低くひざ下も短いので、私が履いたら
きっと魚屋さんの長靴状態。

      Photo

これ↑ 以前もブログで出した絵ですね。

だから靴選びも結構難しいんですよね。
色も迷うしね。ブラウン系もよかったけど、今回はまたもや
無難な黒にしてしまいましたcoldsweats01

《その他つれづれ 意味不明夢》

今朝方、へーんな夢をずっと見続けていました。
いろんなシーンが断片的に出てきてそれが微妙に繋がって
いたりして。
目を覚ます寸前だったから覚えていたんだけど。
学食のような食堂で並んでいたんだけど、カレーライスの
皿の上に、ケンタッキーのチキンをドーンと乗せて、
更におでんの大根と玉子をドーンと乗せていた夢。

あれはそのまま食べていたら美味しかったんでしょうか・・

あとメーカーの営業さんもなぜか夢に出てきてました。
ゴルフバッグを背負って私の家の近所を歩いていました。
私はその営業さんに話しかけようとしてそのままになって
しましました。

まあ、夢なんで、ふぃ、ふぃ、フィ~クション∵ゞ(>д<)イクシッ

って感じですな。(さぶ~)

《その他つれづれ ふと思ったこと》

自分にとって楽しかったことや良かったことをあまり人に
話しすぎても自慢話にしか聞こえなさそうでなんとなく
自分のことを謙遜してみたり自分が底辺にいるような立場で
物事を言ったり話したりするときもあるけど、それって人から
見たらもしかしたら
「ヤッコさんはネガティブなことばかり考える人」
って思われているのかしら。

「毎日面白くないのよね~」とか「嫌な事ばっかりよ~」とか
「失敗ばっかりでさ~」とかばっかり言っていると後ろ向きな人
だなーって思われるかしら。
まあ愚痴は多いかな。

上から目線だったり自分が優位であると思わせるような
言動で人を不快にさせたくないから謙遜したり自分や
自分の立場を卑下したりするときもあるのだけど、あまり
いつもそうだと「後ろ向きな人」って思われちゃうのかもしれない
って、ふと思いましたよ。

なんとなくね。

  

今日も長文、読んでくれてありがとう。

 

  ←クリックしてもらえたら嬉しいです
             (ブログランキング参加中)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年2月12日 (木)

昨日の休日

こんにちは。昨日は祝日(建国記念の日)でお休みしていた
yaccoですが、今日も帰休で仕事を休んでいるyaccoです。

皆さんお元気ですか?
遠いところで頑張っているアナタ、元気にしてる?

なんとなく元気が出ない世の中の雰囲気ですが、大丈夫。
私なんていつも元気元気じゃありませんから。
幸せオーラや明るいオーラは出せないですから。
私のようなもっと下のテンションレベルの人がいると思って安心して
みなさん自分を励ましてやってくださいませ。

さて、昨日もまったりと過ごしました。
(今日もまったり過ごしたけど)

昨日、午前中は自宅にいたのだけど、あまり家の中ばかり
いても世の中がどういう状態にあるのか分からないでしょう?

もしかして、
カーテンをちらっと開けてみたら景気がよくなっていた!とか
外にふらっと出てみたら近くの市道を、長瀬智也が運転する
鉄腕DASHのソーラーカーが走っていた!
なんてことがあるかもしれないでしょう?

(ないと思います!)

だから、ちょっくら外に出てみるかと思い午後はブラブラと近場を
車でチョコドラしました。 

案の定、外に出てみても景気はよくなってなさそうだし、
長瀬君のソーラーカーも走ってなかったわよ・・・(-ω-;)ションボリ・・

いつもの如く古本屋に行って立ち読み&物色して、その後
すぐ近くのダイソーではない別の100円ショップ「Seria(セリア)」
っていうちょっと可愛げな店に行きました。

普段は、 “あ、今度100円ショップでアレを買っておこう”とか
何か不便を感じたときに“あ~これがあればいいけど100円
ショップにはないかな、今度見てみよう”
って思うのだけど、
いざ100円ショップに行くと、

“はて?何を100円ショップで買おうと思ってたんだっけ??
 (-ω-;)・・・ウーン ”

って思い出せないのよね。

たしか台所用品だったっけ?って思ってそれらしきコーナーに
行くけどそこでも思い出せない。

ついついカゴに入れてしまったのは、イチゴスプーン。

      Img1046439082

 

なんだか違う気がするしすごく必要なわけじゃないけど・・・

ま、いっか。(´▽`*)

 

で、Seriaの店内を一人でブラブラ見てまわって、ビーズコーナー
で立ち止まりあれやこれやを物色してました。
綺麗な水色のビーズを見っけshine

これは天然石ビーズ?プラスチックビーズ?ガラスビーズ??
ビーズの小袋の裏を真剣に見ていたら、左の方から「あら?」って
不意に声をかけられました。

1月末でうちの会社の仕事を辞めた派遣社員のKさんでしたhappy01

おお~!こんなところで会うとは~ ☆(*^o^)乂(^-^*)☆ オヒサ!!

Kさんには彼女の最終出社日にここのブログを教えたから
その後お互いのブログではやりとりしているんだけど、
実際に会うのはちょこっと久しぶり。10日ぶりぐらい?

で、100円ショップの店内の片隅で、お互い空っぽのカゴを
持って30分ぐらい立ち話してました。
会社では個人的な話をすることもあまりなかったのだけど、昨日は
いろんな話ができて楽しかったッス。
(100円ショップの店内で立ち話で語らう二人)

バレンタイン用の包装箱とかラッピング紙とかいろいろあって
Kさんと見ながら、

“この箱に、普通にスーパーとかで売ってあるチョコ
(トリュフっぽいの)を入れて「手作り」って言ってあげても
 分からないですよね~”

“うんうん、わからん、わからん (≧▽≦) ”

なんて言ったりしながら他人事のようにそのコーナーを見て
楽しんだのでした♪

  

 100_2    

Kさんと出くわしたとき、私はかろうじてファンデーションと口紅は
つけていたものの、まゆ毛を描くのをすっかり忘れててちょっぴり
恥ずかしかったっす。 (ё_ё)キャハ♪

  

んで、その時100円ショップで買った品物のみなさま↓

   

   Dscn3380

 

なんか「すっごく必需品」、って感じしないよね・・(汗)

色画用紙も特に使用目的はなく・・いつか何か役にたつかな・・と。
洗濯ネットも今もあるけど、四葉のクローバーの柄が何となく
可愛かったし大きいもの用がなかったから。
カエルちゃんのハンドソープ容器はただ可愛かったから。
ガラスビーズは色が綺麗だったから。
イチゴスプーンは・・・・ただなんとなく・・。

  

これって無駄遣いですか?
はい無駄遣いです。(。-_-。)

ま、いいんですよ。

だって100円だもの。(やすこ風)

 

でも意外とよそのディスカウントスーパーで100円以下で
売ってあったりするような気がする~up

  

 ←クリックしてもらえたら嬉しいです

  

  

| | コメント (4) | トラックバック (0)

長いものにまかれるのはお好き?

こんにちは。

ブログが長文になってしまいがちのyaccoです。

文章を書いているとついつい長くなってしまいます。私は。

なんでかっていうと、頭に思いついたことは洗いざらい
文字に書き出してしまうことが多いからです。

だから長くなってしまうのだけど、それで読みにくかったり
読むのに疲れるかもしれないですね。ごめんなさいねcoldsweats01

とりわけ私のブログでは、執筆家を目指しているわけではないし、
文章のテクニックとかを駆使して「読ませる」ことを主な目的として
いるわけではないから、書いた後で“文章が長くなったな~”と
思うことはあるけど、“つぶやき”の色あいが強く、自分が
思い描いたことを全て書き出したり、考えたことがごちゃごちゃに
なりかけるので整理したり、忘れないように書きとめておきたい
って思って書いているから、“ま、いいか”って自分のペースで
思うままに書いています。

でも中には“伝えたい”“分かってもらいたい”ってこともあるし
メッセージ性のあることも書きたいときもあるから、そういうときは
なるべく伝わりやすいように、分かりやすいように書きたいって
思ってます。

 

あと、日常の出来事を書こうとすると細かく表したいものだから
長くなってしまいがち。

時間に余裕があるときや、テーマについていろいろと思い浮かぶ
ことがあるときは特に長くなりがちですね。

かきだしたらとまらないのです。 ( ̄曲 ̄) カイカイーーーーーーーッ゙!

ってその“掻く”じゃなくて・・

メールにしてもブログにしても頭に思い浮かんだら、まるで
「ワードの神様」が両手に降りてきたように手が止まらないと
いうか。

(((c=(゚ロ゚;qホワチャー! カチャカチャカチャカチャ!

ヤッコの手に何かが乗り移った!テレレレッテレーン

キーボードを通して思ったことをそのまま文章や文字に変換して
いるのでしょうな。

全て忠実な表現ってわけにはいかないですが。
読んでいる方には解釈に微妙なニュアンスの違いや誤解なども
あるでしょうけどね。

人を不愉快にさせないようにと注意はしていますが、メールなど
では時に嫌味なことを書いてしまったりするんですよね。
(だってちっとも伝わらないから (-"-;))

 

時折り長くなるそんな私のブログですが、長いものにマカロニ・・
違った、長いものにマカレロって感じで読んでやって下さいませ♪

  

  ←クリックしてもらえたら嬉しいです

  

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年2月11日 (水)

不慮の死とお迎え論

少し前にもブログで触れたけど、1月の20日過ぎに叔父が亡くなった。

亡くなった状態で自宅で見つけられた。

叔父は早くに離婚し、子供は県外で独立しているのでずっとひとり
暮らしをしていた。

67歳だった。

叔父は特に持病もなく車も普通に運転するし、仕事は引退したが
年金とシルバー人材で働いた収入で生活をしており歳相応に
健康な方だった。

正月に会ったときも元気に笑っていた。
叔父について思い浮かぶのは焼酎が大好きだったというぐらいだ。

母が時々叔父のもとに行き来しており、20日にも叔父のところへ
母が立ち寄っているのだけど、その時も普通に元気だったという。

叔父が亡くなっているのが分かったのが24日。

となりのおばさんが「自宅に車はあるけど、新聞が溜まった
ままだし、様子が変だ」と母に連絡してきて母が叔父の家に
入ったところ、叔父は布団の中で冷たく固くなっていた。

「既に死亡」していたこともあり、警察も来たらしいが、おそらく
病死とのこと。

病院で検査を行った。
CT検査では脳には異常がなかったことから脳卒中とか
脳出血とかではないらしく、あとは心肺系といったところだが
死後数日経っていることからはっきりとしたことは分からず
おそらく心臓系の可能性が高いだろうということだけだった。

死因を調べるための検査もどこまでやるかにもよるのだろうけど。

母の話によると、叔父は布団の中で眠ったようにして亡くなって
おり、もがき苦しんだ形跡や乱れもないことから、心筋梗塞か
何かの本当に突然死だったのかもしれないということだった。

叔父の家に私もかけつけたが、日めくりカレンダーは20日の
ままだった。
たぶん、20日母たちと会って話をしたその日の深夜~未明に
かけて異変が起こったのかもしれない。

あっけない死だった。
本当にこの世から叔父がいなくなってしまったとは信じがたい
ぐらいだ。

「死に方」なんて何がいいのかよく分からないけど、ある意味
それほど長く苦しむこともなく、誰にも迷惑をそれほどかけること
もなくこの世を潔く去ってしまうのもいい死に方なのではないかって
思う。
他人事だからそういえるのかもしれないけど。

寝たきりや身体が不自由になって介護が必要になって、お金の
ことや人への迷惑などを気にしながら病気や老いに苦しみながら
生き長らえるよりも、苦しみが少ないという意味では、あっけない
けどそういうこの世の去り方は羨ましい気もする。

本人にしてみたら、「明日これをしよう」とか「来週のこの予定は
楽しみだ」とか「今度あれをしよう」とか、まだまだ明日以降の
予定や明日にまわしていた楽しみなどもあって悔いが残った
のかもしれないが。

そしてもうひとつ思ったことがある。

お年寄り同士の会話などで「お迎えがもうそろそろ来る」とか
「あんたのお迎えに来るにはまだ早いよ」とか言うけど
「お迎え」なんていうのも本当にあるのかどうかなんて考える
こと自体はナンセンスかもしれないし、科学的にはそんな根拠は
どこにもないのだろうけど、もし「お迎え」の使者があると仮定
したら・・。

「お迎えの使者」が意外とそそっかしかったり新米で慣れて
いなかったりして、もしかしたらお迎えに行ったはずの相手を
間違えてた、なんてこともあったりするのかな、なんて。

本当は隣町か3軒先のどこかのおじいさんを「お迎え」に
行ったはずなのに、使者が間違って叔父をあの世に連れて
行ったのでは、なんて。

よく「危篤状態から持ち直した」とか「瀕死の状態から復活した」
とか、死にそうになりながらも命が回復することもよく聞くけど
そういうのだって、もしかしたら「お迎えの使者」が間違って
別の違う人を連れて行ってしまったおかげで命が延びたのかも
しれない。

確かめようがないからそんなのは想像話や奇談でしかない
のだけど。

死ぬとは思えないような人が突然死んだり、今にも死にそうな
人が蘇生したりすると、もしかしてそんな「お迎えの人違い」の
裏話があるのかもしれない、なんてちょっぴり思ったりする。

年賀状を配ってまわる慣れない配達の人が住所を間違えて
郵便受けに入れてしまうのと同じように。
でもそんなケアレスミスで人の命が延びたり縮んだりするのは
もってのほか、ってなるからやっぱりこういうのもあくまでも
架空の話として捉えてもらいたい。

叔父はきっと天国で楽しそうに焼酎を飲みながら私たちを
見守っているかもしれない。

 

それからもうひとつ。

会社の別の部署にいた女性が昨年10月に交通事故に遭った。
道路を横断中に市電(路面電車)にはねられた。

頭を強く打ち意識不明の状態が事故後ずっと続いていたが、
意識が回復することもなく数日前に息を引き取ったとのことだった。

彼女はまだ比較的若く、家庭を持っており幼い子供もいたようだ。

なんだかとても悲しくなった。

事故に遭った日、たまたまその日その場所に行かなければ
命を落とすことはなかったんじゃないかと本人も家族も皆
悔やまれるだろうし、偶然の恐ろしさと命の脆さ、そういうものを
ひっくるめた運命の明暗を痛感するとともに彼女自身とその家族、
彼女を取り巻く人々、そして事故を起した相手側のことを思うと
とてもやりきれない気持ちになる。

叔父の突然死や同じ会社の社員の事故死などを思うと、本人は
自分がそういうことになるとは思ってもみなかったわけで、
“明日も普通にやってくる”と本人たちは当然のことのように思って
いただろう。

だからこそ、明日は必ず来るとは限らないからこそ、本来は
一日一日を大事に過ごさなければならないのかもしれない。
毎日を大切に過ごす、なんてことはパワーとエネルギーが常に
必要そうでついつい無駄に時間を過ごしてしまうこともあるのだけど。

隣り合わせにある「死」と「生」について考えさせられることの多い
ここ最近。

 

 ←クリックしてくれたら嬉しいです

  

  

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年2月10日 (火)

くだらないつぶやき

こんにちは。
社服のポケットにハンカチを入れたまま気付かずに洗濯をして
しまうことがよくあるyaccoです。

ハンカチをポケットに入れたまま社服を洗濯して、そのまま
乾かして、そのまま気付かずに会社に持っていき社服を着て
何気にポケットに手を入れたときに初めて気付くのです。

なにやらいびつな形に様変わりした状態で乾いている
そのハンカチは一体洗濯によって綺麗になったといって
言いのでしょうか?( ̄へ ̄|||) ウーム ・・・

ポケットの中にはひからびたハンカチがひとつ~♪

 

そういえば、社服の胸ポケットに口紅を入れたまま
気付かずに洗濯して、そのまま気付かずに干して
乾きが悪かったからそのまま乾燥機に入れて、胸ポケットの
中の口紅がぐっちゃぐちゃにドロドロに溶けて、洗ったはずの
社服をものすごく汚してしまったこともあったっけ・・(遠い目)

 

今日はなんじゃないつぶやきだな・・

 

プチカスタマイズしてブログレベルはちょびっと上がったけど
ランキングはなんだか下降気味downwardright

 

ま、あまりそれに捉われても仕方がないのでボチボチやりますかね。

  

 ←クリックしてもらえたら嬉しいです

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月 8日 (日)

実写版と原作イメージ

こんにちは。
見よう見まねで壁紙をつけて、記事欄のタイトルにアイコンを
つけたりしてプチカスタマイズしてみました。
v(。・ω・。)ィェィ♪ ヤッコのブログレベルが1上がったupwardright

ところで、今「20世紀少年」が映画で公開されていますが
漫画の「20世紀少年」は面白いと思います。
(映画の方は観てませんsweat01

以前友人が漫画本を持っていたので最初の数巻を読ませて
もらったのだけど、その続きは読まないまま疎遠になってしまった
ので、その後古本屋で購入したりして読んでます。

さて、映画の方の評価はどうでしょう?

いろんな人の感想を聞くとさまざま。
やっぱり映画はちょっと複雑で理解しづらかったり伝わりにく
かったり、SFチックな部分が幼稚に見えてしまったりしている
ように思えます。

やっぱり小説や漫画の原作をドラマや映画で実写化するのは
難しいんだろうな~って思います。

小説や漫画にはきめ細かなストーリーや経緯や描写があって、
それを実写化するとなると、数時間に収めてかつ原作と同等以上の
感動やメッセージを伝えないといけないので、かなりのテクニックや
工夫が必要だろうし、それを持ってしても原作と同じ、もしくは
それ以上、もしくは原作と違った味を出すのはリスクが高いんじゃ
ないかって思うのです。

ちょっと間違えば原作に対する違ったイメージや誤解を招きかねない
のかもしれないって思います。

そもそも、ドラマ化、映画化などされるということは、原作に
それ相当の面白さがあって作品への評価も高いから人気があり、
人気があるから実写化されたりします。

実写化によって原作の面白さや人気の要素をどこまで再現できるか
によるのでしょうけど、映像的にやっぱり無理が生じたり、限られた
時間におさめるには省略せざるを得なかったりストーリーをアレンジ
せざるを得なかったりして、原作と比べると違和感を感じることも
あると思います。

漫画は漫画であり、漫画だから面白い部分もあります。

SF的なストーリーや描画も「漫画」だから面白いわけで。

実写化すると幼稚に感じるストーリーも「漫画」だとすごく
面白かったりするわけで。
「漫画」だから違和感なく入り込めたりもします。

「漫画」だから許されるし面白いしそういう心構えで読むから
有り得ない非現実的なストーリーも面白いし、漫画ゆえの
描写がそのストーリーを効果的に引き立てているのでしょうけど、
実写化することで描写もふくめそのよさをどれだけ伝えることが
できるのかは??です。

実写化すると、どの層をターゲットにした作品なのかがぼやけて
しまいそうな気もします。

漫画だと、子供・大人関係なく「漫画好き」な人には受け入れ
られるけど、ドラマ・映画になると「漫画好き」「原作の既知」の
枠を外れた範囲の層が観るわけだから、普通に成人が映画を
見ると非現実的なストーリーが「幼稚」に思えたりするかも
しれないし、子供が見ると「難解」に思えたりするかもしれない
ですね。

しかも原作に描かれている詳細な経緯や背景が省かれていたり
アレンジされていたりすると余計にそのよさや味が伝わらなかったり
して、原作の評価と同等以上の評価が得られるとは限らないので
しょうね。

コミックで人気があるから実写化する、という単純な理由でも
いいでしょうが、実写化することで「誰に見てもらいたいのか」
「何をどう見せたいのか、伝えたいのか」をはっきりしておかないと
ピンボケしてしまいそうな気がします。

余談ですが、TV番組の「仮面ライダー」も、一体ちびっ子たちに
観てもらいたい番組なのか父親世代なのか、もしくはイケメン俳優
起用ということで若い女性~若い母親世代がターゲットなのか、
ストーリーの難解さや凝った映像からではその番組の意図する
ものが分からないようにも思えます。

ちびっ子相手だったら、もっとシンプルに、昔の仮面ライダーの
ように、たった一人で大勢のショッカーたちを一網打尽で
やっつけてくれればよっぽどカッコイイのに、、って思っちゃい
ます。
まあ、玩具メーカーとのタイアップとかでヒーローの数も多い
方がいいとか別の事情があるのかもしれませんが。

今のヒーローは敵なのか見方なのかすらも判別しにくい人物が
次から次に出てきますよね。

話がそれちゃいました・・・( ̄▽ ̄;)

  

「漫画」のよさやその作品のよさが、実写化された場合に再現
できるとは限らないし、むしろ映画の評価の良し悪しが原作の
イメージに直結するとそれこそ良し悪しであり、原作のイメージが
落ちるのではないかと危惧するところなのであります。

原作は原作のよさがあって、その作品のよさや面白さを広く
世間に知ってもらえたらいいなって思うけど、原作へのイメージ
ダウンになってしまうと本末転倒ですよね。

でもキャスティングはまあまあ原作のイメージに近いものが
あるのではないかなーって思いました。

そういえば、東野圭吾さんの小説「手紙」の映画版も、
アレンジもあったせいかキャスティングも含め違和感があって
小説に比べると少々薄っぺらい感じもして小説ほどの感動は
得られませんでした。

そもそも実写版はその制作において作っている人が原作者では
ないので、原作者が意図していることや見せ場に対するこだわりや
重きをおくところの考え方も違うし表現の手法も文章や文字・絵と
映像では違うので難しいですよね。

実写版は実写版で評価が高かったり原作以上に面白かったり
それを感じるのも人それぞれだったりもするので一概にどうとは
言えないんですけどね。

自分自身、原作を知っているものに限りがあるので偏っている
のかもしれないですが、みなさんは原作と実写版で違和感を
感じたものとか、原作の方がよかったとか実写版もよかったとか
いう作品ってありますか?

  

ちなみに全然関係ないけど、今朝起きたらば「カンナ」↓のような
髪型になっていたよ (゚Д゚)ワオ!

 

    20c1
 

  

顔は全然カンナじゃないけど!  (* ̄m ̄)ぷっ

 

 

またまた長くなってごめんよ~ 

 ←よかったらクリックをお願いします

   

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年2月 6日 (金)

偶然見かけたあの人物

こんにちは。

お店にバレンタインチョコの特設コーナーが出来ていたり、
色とりどりのチョコがたくさん出回ってたりしますが、私にはあまり
関係ないのでそれを横目に見ながら、しれ~っと素通りした
yaccoです。

さて、いつものなんじゃない日常なんですがね。

昨日(5日)のことなんですけど、帰休でひとりでまったり過ごし
ながら、ブラ~っと車で出かけたんです。あてもなく。

で、車で10分ほどもかからない市道の交差点で信号待ちを
していました。

車の中でボーっとしている私でしたが、窓の外の右前方を
何気に見ると、同じく信号待ちしている自転車の二人組を
見かけました。

  

そのとき、私は驚いたのです。

ハッ??!!(゜ロ゜) ア、アレは!!

 

その二人組の片方で気付いたのですが、な、な、なんと、
その自転車にまたがっていたのは、

 

以前目撃した、あの

コンビニ前でヤンキー座りしていたバーサン&オッサン

だったのでした。

そのときの記事はコチラ↓です。

記事:コンビニ前のヤンキーに驚く

 

信号待ちの間にボーっとしていた私の目は一瞬にして
あのバーサンに釘付けになりました。

ななめ後ろからのアングルだったので、顔は見えないけど
あのニューヨーカー風のキャップ、ぼさぼさの白と茶色が混じった
ようなロン毛の茶髪。

そしてなんと言っても、定番ルック?のベージュのサロペット!

  ※彼女が着ていたのと類似のサロペット↓

     Photo_4

  

  

バーサン再発見!!

ウーーウーー car (←パトカーのつもり)

  

ヤツに間違いない!!(低く押し殺したような声で) 
あのキャップ・・・、あのサロペット・・・、そして・・・
曲がった腰・・・!!

  

   Photo_2 

  (どきどきキャンプのジャック・バウアー風)

 

後姿とはいえ、あのキャップとサロペットが決め手でした。

      

そして、そのバーサンたちを再び見かけたその交差点は
あのとき目撃したコンビニの前の交差点でもあったのです。

目撃した場所が前回とほぼ同一なのといい、あの服装といい、
あのインパクトのある年寄りペアは夏に見かけたヤンキー年寄り
と同一人物だわよ。  |_・)チラ

バーサンはコンビニの向かい側の道で信号待ちをしていました。

一緒にいたオッサンも自転車にまたがってそのバーサンと何やら
話していたのだけど、このオッサンはとりわけ、すげーヤンキー
とかでもなく、でもジーンズ姿で、普通の勤め人上がりでは
なさそうな、なんとなく年寄りにしちゃ若そうな出で立ちの
痩せたオッサンでした。

たしかこのオッサンもあの夏の日にコンビニにバーサンと一緒に
いた男に間違いない。

なんだかこの感動めいた興奮、この偶然ぶりと再び見ることが
できた喜びのような感激、それを誰に伝えていいものやら。

私がたまたまその日休みで、たまたまそこをその時間帯に
通りかかって、信号がまさに赤だったからバーサンたちが
信号待ちしていて、そんな偶然と偶然が偶然に重なり合った
ピンポイントでの出来事と、再びあのインパクトある人物と
遭遇できたことに、何か自分に運気めいたものが押し寄せて
きているのではないかという予感さえ抱くのでした。
(それは明らかに気のせいだと思う)

バーサンは相変わらず、夏のときと同じキャップとサロペット姿
だったけど、インナーはさすがに黒の長袖を着ていました。
だって寒いもんね。

乗っていたチャリはババチャリ・・ちがった、ママチャリ。

後ろにカゴが付いていて、カゴには何か衣類のようなものが
そのまま重ねて載せられていました。

うーん、またもや気になる~(≧ヘ≦)

歩行者信号が青になり、そのヤンキーバーサンとオッサンは
自転車に乗って、あのコンビニの前を素通りして左手の方に
消えていったのでした・・・

いったいどこへ何しに向かっているのか・・・
前回同様、彼女の行方や素性や、チャリの後ろに載せていた
モノが気になるし知りたかったけど、どうすることもできない状況が
とても歯がゆかったのでした。 (#`皿´) クソーキリキリ・・・

教えて神様confident あのバーサンのことを。

  

それにしても、目の前の横断歩道をバーサンが自転車に
乗って横切っていったのだけど、バーサン、めちゃくちゃ
自転車こぎにくそうだったな。

サドルがめっちゃ低いからこぎにくそうなのか、バーサンの
腰が曲がっているからこぎにくそうなのか分からないけど
すごく足も曲がったままでペダルをこいでいました。

どうでもいいんだけどね・・(笑)

たかだか通りがかりに見かけた風変わりなお年寄りに
ここまで書くかね (;¬∀¬)ハハハ…
勝手にバーサン呼ばわりされて彼女もさぞ迷惑だわね。

  
ごめんよバーサンcoldsweats01

  

 ←よかったらクリックをお願いします

  

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年2月 5日 (木)

なんとなくそわそわなつれづれ

こんにちは。
イラストは手描きで描くけど、化粧のときのアイラインは上手く
描けないyaccoです。

今日も、会社が「休んでください」と言われて休んでいるのだけど
せっかく休むんだからいろいろと時間を有効に使おうかな~なんて
思っていたら、案外時間が経つのは早いのねsweat01

やろうと思っていたことの半分も満たないまま時間だけが
過ぎていってしまうのね。
というか、欲張りすぎてもそんなに一日では出来んちゅうの。

だからなんとなくそわそわしてしまって。
決してせっかちな性格とかいうわけでもないけど。

午前中が終わったら、私の中ではもう一日の半分以上が
終わったような気がして焦るのね。
(それってやっぱりせっかちだから?)

《つれづれ1 ブログいじり》

で、ブログもデザインも少しいじってみようかなと思って
トライしてみたものの、デザインをいじるところまでは
行き着かず、色あいを少し変えただけに留まった・・・

しかもこの色あいを変えるだけで結構時間くった・・(≧ヘ≦)

何度も似たような色を選んでは試して、プレビューしてみて。

そんで、いじろうとCSSでカスタマイズするのも勉強不足な
ものだから、変えたい部分も変わってなかったりイマイチ
習得しきれてないから時間だけがかかってしょうがない。

ブログを始めた頃もイエロー系だったけど、また基調色が
戻ってしまった。
ここでも思い切った冒険ができない小心者の私。

でも水色系や寒色系は試してみたけど寒々しい感じだったし
自分のブログのイメージにはちょっと合わない気がした。

(ブログのイメージチェンジも、シミ取りに皮膚科に行く勇気もない
 ヤッコなのであった・・・・)

で、黒系も好きだけど、私の場合はイラストを載せるから
やっぱり記事欄のバックは白系が違和感なくていい。
綺麗な写真メインのブログだったらやっぱり黒系のバックが
映えるよね。

だから私のブログのデザインって、イメージを大きく崩したくないと
いうある意味冒険できないこともあって、色あいがブログ始めた
当初のイエローや、それに近いオレンジなどの“暖色系”に
なってしまうのだな。

タイトルバーだけでももう少しデザイン変えれば違うのだろうけど。

他の人のブログを見ると、記事といい写真といいデザインといい
内容とか話題とか友達の多さとか、オッサレ~shine な感じで
羨ましくなっちゃう。
センスがいい人はブログのセンスも違うよね。

私のなんて、なんか書いている内容や生活そのものが

地味~ 暗~  ( ̄へ ̄|||)

ええ、ええ、でもいいんです。
ワタシはワタシですから。
これからも自分のペースでつぶやきますよ。
そこんとこヨロシク。

  

《つれづれ2 依頼されたイラスト描き》

以前会社を退職された人から個人的にメールでイラストを
時々頼まれることがあって、また今週初めに依頼された。

何に使うのかは詮索しないけど。

単なる挿絵程度のカットを10点近く。

イオナイザーやらテスターとか作業エプロンとか
耐熱手袋とかのイラスト。

昨日時間があったのでせかせかと描いた。
とりあえず急ぎと言われていたカット分だけ先に送った。

ちゃちゃっと手早く描いたせいか、やっぱり修正依頼がきた。

簡単な作業エプロンを描いていたのだけど、
「ゴム製のエプロンなので、ゴム感をもっと出せませんか」

保管棚を描いていたのだけど、
「金属製の保管棚なので、ガラスとか壁面とか金属感と
 透明感を出せませんか。設備関係は劇画チックに」

耐熱手袋を描いていたのだけど
「表面にはアルミ箔のような金属が貼り付けてあるので
 もっと金属感を強調してください」

などなど。

うーん・・・「ゴム感」はどうやって出せばいいのだろう・・
あたしゃ素人だからあまり鍛えるでない!
あたしにそこまで求めるでない! (>ε<)ノ

なんだよ~、休日にイラストの手直しかよ~。ブツブツ・・
(どうせすることないから別にいいのにね)

休みというといろんなことを思いついてどれも実行しようと
思うから、ひとつのことだけに時間が費やされてしまうと
なんか焦る~sweat01  <(T◇T)> ひーーーん!

  

そんなに欲張らなくても、焦らなくても
別に土日もあるからいいんだけどね・・・

 

《その他つれづれ》

・知人にPCからメールを送ろうかと思ったけどなんとなく
 途中まで書きかけた文章を下書き保存して終わったよ。
 返信がなかったりするとちょっとガビンってくるからためらうのよね。
 たぶん“消極的”というのはこういうことだと思う。
 ちょっとしたことで気にしたり傷ついたりするから、そういう思いを
 しないですむように消極的になる。
 何に対しても、あたってくだけるのが怖いから消極的になる。

 ということで、また話が脱線したけど、たぶん書きかけたメールは
 最後まで書かずに送らずじまいだな。 こりゃ。

・飯島愛の死因は「肺炎」だったってテレビで言ってたね。
 いろんな面で不調だったのかな。

・気付いてない間にブログにトラックバックがたくさんたまっていた。
 (自分のはトラックバックの公開は承認性の設定にしてる)
 でもたいていトラックバックのほとんどが素性の知れない
 なんちゃってダミーブログみたいなものやエロ系だったりする。
 だからほとんどチェックしないけど、たまに知人や友達からの
 トラバもあるからたまにはチェックしておかないとね。

・ブログ仲間も今ではすっかりご無沙汰になってしまった人も
 少なくない。
 ブログを閉じてしまった人や長らく更新されてないブログとか。
 見に行くことがなくなったり、見る回数が減ったブログも結構ある。
 私はなんとか続けていけてるけど、人それぞれにいろいろ
 あるんだろうな。
 忙しいとか楽しみが変わったとかライフスタイルが変わったとか
 別のWEBサイトや交流の場に重みをおいているとか、それとか
 飽きちゃったとか、いろいろな訳があったりなかったりで。

・今日は「いいとも」に松雪泰子が特別ゲストで出ていた。
 (映画の宣伝も兼ねて)
 相変わらず綺麗だ~shine 
 あんな「泰子」にワタシもなりたいな♪

    ・・・・・・・(;¬_¬)・・・・・・・・・

  やすこ 泰こまりました~ やすこ (ギャグでごまかす)
 

 ←よかったらクリックをお願いします

   

  

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2009年2月 4日 (水)

どうでもいい日常

麻生総理のダミ声が妙に不快に聞こえるのは私だけでしょうか。
こんにちは。yaccoです。

今日はヒマジンガーな時間をまったり過ごしています。

それでも、引きこもり状態だとなんとなく後ろめたい気分に
なってきて、でもシミ取りに行く決心も病院も決められないまま、
そんじゃぶらっと買い物にでも出るか~と思ったわけです。

出かけるからには化粧をしなけりゃ。

私がすっぴんで外出するのは厳禁よ。
すっぴんで外出したら、もはやウィルスを世間にばら撒くのと
同等以上に過激&超ハタ迷惑なことですから。

常日頃“自然体でありたい”と理想を言いつつ、顔面は人工的な
塗りものですっぽり覆い隠しているのは どこのどいつだーい?

  

アタシダヨ  凸(▼皿▼)

   

いつもはささっと化粧を済ませるけど、こんなヒマジンガーな
日だもの、いつもより念入りにお化粧してみたらどうかしら?

アイラインも普段はひかないけど、こういうときこそ練習して
みたらどうかしら?(今さら??その歳で??)
目ヂカラアップするかもup

でもいくらヒマだからって化粧を念入りに手間かけすぎると・・・

 

    Photo_4

 

   

  ・・・ってそれ二度目やないか~い

   チーン (* ̄0 ̄*)/□☆□\(* ̄0 ̄*) カンパーイ

  

 

・・・・・シーン・・・・・  (。-_-。)  オホン・・・・・

  

  

気を取り直してっと・・・。

  

なので、朝から洗顔も歯みがきもしたけど、化粧の前に再び
顔を洗おうと洗面台の前に立ち、ヘアバンドを装着。

さ、顔を洗いましょうかね~♪

歯ブラシをとって、歯磨き粉をつけて・・あら、もう残り少ないわね。
でもこういうのって残り少なくなってからも絞り出せば結構出る
ものよ。

  

ホラこうやって・・  

むぎゅ、むぎゅ、むぎゅ~~ぬぬぬ~  ∑( ̄皿 ̄;;

 

 プスッ dash (※おならの音ではない)

 

ほら、歯磨き粉、結構出たscissors

 

  

そこまでして気がつきました。

 

  

はて? 私、顔を洗うはずだったよね?(゜∀゜*)

 

ヘアバンドまでしておきながら、そのまま歯ブラシをとり
残り少ない歯磨き粉を根性で絞り出すことに気を取られて
歯ブラシを口に入れる直前にようやく自分が何をするはず
だったか気がつきました。

  

時刻は午前10時頃。
意味もなく二度目の歯みがきだけど、ま、いっか。
シャカシャカシャカ。

なんだかちょっと遠回りしたような気分だけど、ちゃんと
顔を洗って目的は達成しました。

たかが化粧するまでの間になにやってんだかね
(;¬∀¬)ハハハ… 遠回りの人生は慣れたわ。

どうでもいい日常でした。

ただそれだけ~(汗)

 

どうでもいいついでに、組織的詐欺で逮捕状が出た
「エル・アンド・ジー(L&G)」波和二会長(75)は
ヘアスタイルのせいかなんとなくオバチャン風↓だ。

        Photo_5

  

個性的なヘアスタイルといえば、昨年あたりにコムスン問題
で話題になったグッドウィル・グループの折口前取締役会長も
インパクトのある髪型↓だったな。

   

        Photo_6   

両者とも、おでこ全開&トップからサイドにかけての
フワフワもしくはチリチリっぽいボリューム感。

くじゃくが飾り羽を広げて自らをアピールするように
彼らもヘアスタイルを広げて己の権威をアピールしていたの
かもしれない。(←ヤッコの根も葉もない推論)

どうでもいいことでごめんねsweat01  

 

 ←よかったらクリックをお願いします

  

| | コメント (3) | トラックバック (0)

飯島愛の本と愛

少し前に本屋でなんとなく目についた飯島愛の本。

PLATONIC SEX (プラトニック・セックス)

(小学館文庫) (文庫)  飯島 愛 (著)

2000年に出版・発売された本だけど、この度「文庫本」で
リニューアル発売され、本屋に並んでいたのを私は手に取った。   

   

    Photo_3

 

私は特に飯島愛ちゃんのファンとかいうわけでもなくて、でも
昨年12月24日に自宅マンションで死亡が確認されて、結局
原因も明らかになっておらず、彼女のことがなんだか気になって
しまった。

この本が最初に世の中に出たのは昔で、この本がそれを語って
いるわけでもないのは分かっていたけど、なんというか、ミーハーな
気持ちというわけでもないけど、この世の中に「飯島愛」という
タレントとして親しまれた女性がいて、この世の中から「飯島愛」
という人間が消えてしまって、彼女の肉体と魂はどこにも
見当たらなくなってしまって。

だから本屋に並んでいた飯島愛の本「PLATONIC SEX」が
彼女自身であるような、彼女自身が「本」という形に姿を変えて
この世に存在しているような、そんな気がして。

彼女のファンでもなかったけど、彼女の存在を確かめるように
彼女の存在が再び忘れ去られないようにここにいるのだと
主張しているかのようにも思え、その内容に興味があるという
よりも、ある意味「形見」のような感覚で買ったのだった。

内容はむしろ興味があるというよりも、きっと単にいやらしいだけ
の暴露本にすぎないような気がして、そんな本を読むこと自体が
ためらわれるようなそんな思いでいた。

読んだら壮絶な半生だった。
この本を彼女自身が全て書いたのかどうかは定かではないけど
そこに出てくる出来事や人生の軌跡はおおむね事実に基づいた
ものであったのだろうと思うと、それはあまりにも普通の人生とは
掛け離れているような現実離れしているような。

どれが普通なのか分からないし、それが本人にとっては普通の
範囲であったのかもしれないし、どれと比べるかにもよるのだろう
けど。

中学生の頃から非行に走り出し、家出を繰り返し厳しかった親を
憎み、恨み、両親に背き、男と金におぼれた生活に走る。

レイプ、援助交際、水商売、中絶、AV女優、タレントへの道のり、
幅広い無数の交友関係と男関係・・
男関係でも、本気で愛した男とそうでない男や嫌々体を預けた
中年男や権力者との関係など、その関係と心理面でも様々。

あまりにも早くから駆け足で過ぎた密度の濃い人生だったから
生きていくためのエネルギーが尽きてしまったのか。

今となっては分からないけど。
彼女が原因不明でこの世から去ってしまっただけに、この本を
読んだ後はなんだかせつなさが残る。

彼女がAV女優を始めたのはお金のため。
AV女優を足がかりにして芸能界デビューをしようと夢見ていた
わけでもなく、莫大な収入を得られる「お金のため」に決意した。

そして、AV女優も長く続けようと思っていたわけでもなく、
淡々と割り切ってやっているうちに、事務所を通じてテレビ番組
への出演話が持ち上がり、軽い気持ちで引き受けたらそのまま
あれよあれよと人気が上昇した。

彼女が芸能界入りに対してなんの羨望も下心もなかったことが
かえって裏表のない無防備であけすけな自然体キャラということで
みんなから好まれたのかもしれない。

彼女のブログ

飯島愛のポルノ・ホスピタル Powered by アメブロ

では、今もコメントが書き込まれ続けている。
今現在で約38,000件以上のコメント数だ。

彼女がどんな人でどんな人間関係や交友関係があったのかは
計り知れないけど、これだけみんなから愛されてたんだなーって
思うとやっぱり彼女の死は残念。

飯島愛の「愛」は、彼女が16歳の頃にカラオケスナックでバイトを
していた頃にお店のママが「みんなから愛される子になるように」
と「愛」と源氏名をつけてもらった、と本には書かれてあった。

ほんとにみんなから愛されていた。

そんな彼女が本当に心から愛した人というのはそれまでの人生で
どれほどいたんだろう。

 ←よかったらクリックをお願いします

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月 3日 (火)

明日の予定は未定だけどシミ取り調査

明日とあさっては私は休日。
この不況で会社も仕事量が激減して皆帰休を取らざるを得ない状況。

あーあ、何をして過ごそうかな。

こういう機会だから、思い切ってちょっと気になる「シミ取り」を
やってみようかしら??
頬のところに一部分気になる薄いシミがあるのよね・・。
美白クリームとか塗ったりするけどいつになることやらって感じで。

綺麗になりたいものね。
内側も外側も汚れてくたびれていく一方じゃ悲しいものね。
内面も外見も綺麗にしなきゃ。

でも心や内面を完璧に綺麗にするのはたぶん無理だと思うのね。
醜い部分や汚れた部分があるのが当たり前。
人間だもの(みつを風)。
そんなに綺麗ではいられないし完璧でもいられない。
でも自分の醜い部分や弱い部分を知った上で、それでも
そんな心の部分を少しでも綺麗にしたいなって。
醜い部分を、醜いからって開き直って放置せずにやっぱり
少しでも綺麗にしようって心がけるようにしたいよね。

また話がそれた・・・(笑)

ということで、そう思いながら、ネットで「しみ取り」「皮膚科」を
検索して調べたら、んー・・・微妙・・( ̄へ ̄|||) ウーム

病院の場所、治療法、通院回数の目処、実績、料金、評判などなど
それぞれにそれぞれ違っているからどれがいいのか、どこの病院が
都合がよさそうなのか判断つかんよ。

皮膚科のいろんなサイトを見てたら「ヒアルロン酸注入」ってのも
メニューにあったりして「へ~」って感心したよ。

ほんのシミ取りのつもりが、いつの間にやらプチ整形とか
ヒアルロン酸注入とか、大掛かりな美容整形をやったりして!

金もないが勇気もない私のことだから、きっとシミ取りも
迷いに迷って行動にうつせないまま終わるんだろうな~。

女優さんや女性タレントって、きっとヒアルロン酸注入とか
コラーゲン注入とかお金かけてやってるよね、きっと。

美しさとその維持で成り立つ職業だものね。

 

  ←よかったらクリックをお願いします

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年2月 1日 (日)

願望と現実の間

 

   Photo_5

 

     

    Photo_6

 

  

  

    でも・・・・

  

   Photo_3

  

 

 

    Photo_7

 

 

「マツコ・デラックス」って知ってます?
あの人、一体ナニモノ?

江原さんや美輪さんのようなスピリチュアル系?

そんな風に思えるのは、
「男でも女でもない男」 「体がなんだかデカイ」
「おごそかなオーラが漂っている」 とかいう共通したイメージが
あるから?それって私だけでしょうか?

 

でも「マツコ・デラックス」は、調べたら要はこんな人でした↓。

コラムニスト、コメンテーター、女装男性タレント、
体重・スリーサイズともに「150」(140と書いてあるものもあり)
雑誌の編集者を経てコラムやエッセイを執筆
自称「デブ女装コラムニスト」
普段の生活では女装をすることはあまりなく
本人曰く「パートタイム女装」
キムタクと高校の同期生だったらしい

TOKYO MX *5時に夢中 にコメンテーターで出演中

すごいね。

先日TV番組の「お笑い芸人歌がうまい王座決定戦スペシャル」
マツコ・デラックスが出ていたのをたまたま見かけました。

えらく上手かったですよ。
惜しくも決勝戦でTKOに敗れましたが。

それにしても選曲が渋いのなんのって。
中森明菜の曲だの欧陽菲菲の「ラブイズオーバー」とか
岩崎宏美の「シンデレラハネムーン」など歌ってましたわよ。
あごの下のすごい脂肪が歌うたびに波打っていたのが印象的
でした。

でもその翌日私が会社で
「マツコデラックスがシンデレラハネムーンとか歌ってたよね~」
って言いながら派遣社員のSさんと盛り上がっていたら、

一緒に話していた後輩のTちゃんは
「え?それ誰の曲ですか?私知らないんですけど」

って言った。

  

(゜д゜;)マジ? そうくる?

  

そ、そうね。知らないよね~。
Tちゃん、私よりほんのちょっと若いものね。
(ほんのちょっとではない)

私も詳しく知らないんだけどさ~  ♪~( ̄ε ̄;)
(ウソまるだし)

 

それにしても、なんだかね~、毎日毎日過ごすのが
面倒くさいよね。(←その面倒くさがりかたって究極すぎない?)

「一日一日を大切に過ごしましょう」なんて綺麗ごとを
たまに言う割には、こんなずぼらなことも思っちゃういい加減な
ヤッコなのでした(笑)。

いいじゃない、これも「ワタシ流」だから。(しつこい)

 

    ←よかったらクリックをお願いします

  

| | コメント (8) | トラックバック (0)

空に託すもの

元気ですか。

私はあなたにたくさん励ましてもらいました。
支えてもらいました。
助けてもらいました。
たくさんの笑いと喜びと元気を与えてくれました。

私も あなたを元気づけることができたら。

励ましてあげることができたら。
支えて 助けて 力になって 
笑いと喜びを与えることができたら。

あなたを応援しています。

してあげられることは少ないけど。
何もしてあげられないけど。

あなたのことをいつでも気にかけて 心配して
できることならせめて元気づけてあげられたらと
思っています。

気の利いた言葉は思い浮かばないけど。

 

空は遠い。

空は高い。

でも 空は つながっている。

どこまでも。

はてしなく。

あなたのもとまで。

 

ヒコーキ雲 みかけたよ。

どんなに遠くからでも その存在を教えてくれる

ヒコーキ雲。

 

君のヒコーキ雲は空に何を描くだろう。

 

どっちの空に見えるかな。

どこかの空に見えるかな。

 

 ←よかったらクリックをお願いします

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »