« もう祝(もうすぐ)☆春 | トップページ | くだらない夢劇場 »

2008年3月15日 (土)

泣いて笑った百面相の月曜日

     Photo_2

 

     Photo_3

 

  

     Photo_4

 

  

     Photo_5

 

 

今週は月曜早々かなり凹みました。

前々から関係部門と調整調整で神経を使いながらやってきた
仕事で。ちょっとややこしいことになっていたのです。

技術が出している製造条件が複雑になっていることで生産ラインが
ストップしてしまうこともありちょっとしたトラブルになりかけていました。

なので、精一杯やってもやっても周りから返ってくるのは、私のいる
技術部門への苦情や嫌味や批判ばかり。

ちょっと限界がきてしまいました。

本社の事業部や工場の生産スタッフなど関わる部門は広範囲で、
どこの主張や言い分も分かるのです。

どこも誰も悪くないのです。

それぞれの部門や担当業務において、必要とするタイミングや
求めるものや重要さの度合いや、変更業務の容易さや難易さ
が違っていて、部門間に感覚のギャップが生じていたり
ちょっとしたタイムラグや仕組みのひずみや隙間をすり抜けて
いってしまったりと、不可抗力の部分が多くて誰のことも
どこの部門も責めることはできない事象だったのですが、その間に
挟まれた私はいろんな部門にひたすら説明とお願いを繰り返し
とても疲れてしまいました。

どこも大変なのは分かるからそれを少しでもスムーズにできるよう
最小限の工数で済むよう努めているのに、予測できない不具合
が生じてしまったり、それに対してどこの部門も言いたい放題で
いろんなことを言われることに、ほんとに嫌になってしまい涙が
出ました。

でも主任や同僚の励ましや支えもあってなんとか持ち直しました。

関係部門の人たちも私がやっていることを理解してくれる人はいて
なんだかんだ文句はいいつつ、そんな事情を察して協力もして
くれました。

言いたい人には言わせておけばいいと頭では分かっていても
やっぱり自分がもっと気をつけていればよかったのじゃないか、
もう少し何とか工夫してやれたのではないか、もう少し防げた
のではないかと自分を振り返ってみては、いろんなところに
迷惑をかけた事実と申し訳なさに受け流すにも受け流すほどの
余裕がなくなっていました。

その日(月曜)はすごく落ち込んでしまったけれど、たまたま
その日は元上司が早期退職するということで送別会があり
昔の仕事仲間が集合して、10人ほどでワイワイと、懐かしく
楽しい時間を過ごすことができました。

笑って笑って食べて飲んで笑って、楽しい会話とみんなの
笑顔で私の気持ちもいつの間にか落ち着きと穏やかさを
取り戻していました。

その日仕事であんなに落ち込んで涙して人と話すことも
億劫なぐらい沈んだ表情だったのが、送別会では
いつの間にかみんなの笑顔につられて自分も笑っていました。

人の笑顔で自分も癒されるように、私も少しでも笑顔で
誰かを元気づけることができるといいな~ってそう思いました。

ほんとに泣いて笑った百面相の一日でした。

もう嫌だ、って思ったけど、やっぱりここで投げ出したらほんとに
無責任なんですね。

それをやったからって、なんの実績も成果も出ない割の合わない
仕事だけど、ある程度手放しできるところまで誰かが責任もって
面倒みないともっと大変なことになってしまうから、やるしか
なかったりで。

億劫な交渉ごとや面倒くさい仕事や手間のかかる仕事を
お願いするときなんかはすごくパワーと神経を使います。

その昔、新人時代を過ぎて仕事の要領を得て調子に乗って
粋がって頃は、そんな仕事は嫌だ、とかこの仕事は簡単とか
楽だからとか他人からのウケがよくなるような仕事はやったりとか
生意気にもえり好みしていたようなところがありました。
(そんなの私だけかしらね?)

でも、そんな生意気な時を過ぎて、悔しい思いやはがゆい思いや
辛い思いや我慢や失敗や反省などを繰り返しながら、でも
それだけの思いをした分信頼関係や周りとの調和や人と人との
関係を少しずつ築いていっているようにも感じることができ、
そんな風に少しずつ何かが、大事にすべきものは何かが見えて
きたように思います。

山の上流から角のとがった石ころが川の流れと共に流されて
いくうちに、次第に周りの角が削りとられて丸く軽やかになって
いくのと同じように。

自分で言うの何ですが、昔に比べると多少とげとげしさは
なくなってきたのではないでしょうか。
(他人から見たらそうじゃないかもしれないけど?)

話がそれていきましたが・・(汗)。

  

成果が見込めなくても労力が多くてもそれが必要で重要なことで
あればやるしかないんですよね。

だから皆が納得して、大変でやっかいな仕事でも皆が納得して
引き受けてくれるよう根気強く説明してお願いして、自分も努力
していかないといけないのだろうな~って思いました。

だって自分も納得して仕事を引き受けたいですものね。
大変でやっかいな仕事ほど自分が納得しないとそう簡単に
協力したくはないですよね。

だから気を取り直してまた少しずつ元気を出してやっていこうと
思います。

おしごとウーマン、頑張ります。

 

・・・ 来週からね。

    

あ、どうでもいいですけど、この記事でトータル700エントリに
なりました。
でも厳密に言うと、BlogPetの自動投稿記事が45件あったので
差し引いたら655エントリかな。

 

いつまで続くかな(笑)。

★人気blogランキングに投票する

 

 

|

« もう祝(もうすぐ)☆春 | トップページ | くだらない夢劇場 »

コメント

こんばんは yaccoさん。
文章からyaccoさんが今週どの位大変だったかがにじみでています。本当におつかれさまでした。

私はちょうど 新人を過ぎ仕事の要領を得て調子に乗って粋がっている・・・頃を少し過ぎただけの まだとげとげしい一面が残っている若輩者ですが(笑)、これまでの経験で分かったことは、同じ失敗でも 精一杯やった結果失敗したのと 中途半端な仕事して失敗したのとでは周りからのフォローも信頼度も違ってくるということです。

yaccoさんが上司や同僚の方々からたくさん励ましや支えをいただいたのも、信頼できる仕事仲間がたくさんいらっしゃるのもyaccoさんがこれまで一生懸命仕事してきて、その頑張りが認められ信頼されているからこそだと思いますよ。
仕事でどんなにいい結果を残せても、信頼できる仲間が誰もいない寂しい人より 失敗しても一生懸命挽回しようとしてくれる仲間がたくさんいる人の方が私は好きです。

きれいごとばかりじゃ仕事はできないことは重々承知ですが 一生懸命やっている人が失敗したら責められるだけの世の中じゃあまりにも寂しいじゃないですか。結果だけじゃなく過程を見てくれている人もきっといますよ。

投稿: Tウチ | 2008年3月16日 (日) 01時26分

《Tウチさん》
暖かいコメントをありがとうござます。
今回は、ほんとに疲れましたよ(笑)。
でもTウチさんも含め、周りには解ってくれている人もいるんだと思うとすごく楽になります。
Tウチさんは仕事に対しても仕事をめぐる人間関係に対してもしっかりわきまえている感もあり、誠実な面が伺えるのできっと大丈夫でしょう!
仕事に対する考え方や価値観も人によって違えば性格も違うから個人差もあり、新人時代はともかく、それを過ぎたらしっかりと心得ている人はしっかり心得ているのだろうと思うけど、私の場合はほんとに自己中心的で身勝手な仕事ぶりだったと思います。
今になって振り返るとまじで恥ずかしいぐらいの考え方や未熟さでした(笑)。
自分が大変だとか、面倒だとか、これだったらいいとか、自分の感情で、自己都合で仕事をしていたんですね。
でも自分は会社の中のひとつの歯車として考えたら、所詮歯車のひとつなんだけども、会社という大きな運営の中で課(チーム)としての歯車がきちんと回らないといけないし、そのためには自分という個々歯車がそれなりの機能と役割を果たさないと会社という全体が最適には成り得ないんですよね。
自己都合で歯車の動きを鈍くしたり停滞してしまったり壊してしまってはいけないのだと思いました。
で、その歯車をうまくスムーズに回すにはやはり「人間関係」「信頼関係」が潤滑油でもあり大事なことであると感じました。
昔は意固地になったり自我を貫き通そうとしたり言われたら言い返すといった感じで、自己防衛とプライドを守るという自分よがりの姿勢でいたように思います。(今思えば)
結局それは後に同じ現象で自分に跳ね返ってくるだけだと思うようになりました。
自分のお願いを聞いてもらうには、自分の考えや言いたいことを解ってもらうには、まず自分もまた人を受け入れて人の考えや要望も聞き入れないといけないのだと思いました。
人によっては既にそんなこと当たり前のこととして捉えられていることなのかもしれないですが、私は遅ればせながら仕事をしていきながら解ってきたのです。
自分が出来るだけのことを精一杯やっていれば必ず報われるのだと信じていきたいですね。
精一杯やる、というのも難しいものなんですけど(笑)。
ついつい現実問題、ちょっと手を抜いたり妥協してしまったり、ごまかしてしまったり、とちょっと後ろめたい仕事ぶりもあるのはあるんですけどね・・(汗)
Tウチさんも仕事の面でもいろんなことを通じて感じたことや経験したことを生かしてよりよい仕事をやっていきましょうね。
Tウチさんの言葉はとても嬉しく元気になれました。
ありがとう。

投稿: yacco | 2008年3月16日 (日) 13時05分

700UPおめでとうございます♪
これからも気負わずにマイペースで長く続けましょう。
たぶん、ライフスタイルの一部となっていて何日間か書いていないと落ち着かなくなるのでは?

仕事ご苦労様でした。
周りのサポートが得られるのはとてもラッキーですよね。(そう思ってしまうのは僕だけ?)

「分かった」と返事だけは良いものの、実際にどうなのかはその時にならないと分からない同僚や毎回言うことが違って、自分が持ち込んだくせに雲行きが怪しくなると人に丸投げしてあげくに「俺は知らんぞ」と言い放つ上司とかが居ない環境ってどんなんだろう?と、つい想像してしまいます。
ああ、なんか悲しくなってきた。

投稿: ryou920 | 2008年3月17日 (月) 00時24分

《ryou920さん》
ありがとう。
ブログはマイペースでやっていこうかなと。
でもまあ、ここは私にとって、頭に描いたイメージや思ったことを絵や文章に書き出してみるといった自己表現と自己整理の場でもあるから、書かなきゃいけないというプレッシャーはそんなにないかもしれないな。
たぶんryouさんの言うようにライフスタイルの一部になっているのかもしれないよね(笑)。

仕事はねほんと周りのサポートが得られるのはラッキーよ。有り難いことよね。
丸投げする人いるいる、言いたい放題言って、建設的なことは言わない人いるいる、言うことが毎回違う人いるいる~。
だから振り回されるのだしね。
人のフリ見てわがフリ直せって感じで、反面教師がいることで自分を振り返ることもできるから、まあよしとしましょうかね。
それにしても風邪、よくなったみたいでよかったね。
でも過労に注意ね。
(そんなの注意できないけど・・)

投稿: yacco | 2008年3月17日 (月) 17時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/139811/11281522

この記事へのトラックバック一覧です: 泣いて笑った百面相の月曜日:

« もう祝(もうすぐ)☆春 | トップページ | くだらない夢劇場 »