« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007年10月31日 (水)

賞味期限 10月も期限

    Photo

最近ニュースでよく耳にしますね。

食品業界は大半が同じことや近いことをやっているのでは
ないだろうか??って思ってしまいますね。

まあ、食品業界に限らず、どの業種でもある程度の「ごまかし」は
ありそうですが。

どこまでが許されてどこまでが許されない「ごまかし」なのかは
自分が考えてみるとよく分かりそうなものですが、会社の
「利益」追求にとらわれすぎると経営者やそれに携わる
責任者の感覚が麻痺しちゃうのかもしれないですね。

基本は安全第一ですね。
個人的には健康第一。

それにしても困ったもんだ。。。

あ、それから追加で。
関係ないけど。

少し前に落書き程度に描いたんだけど、もう10月も今日で
終わりということで時期もの落書きをぎりぎりセーフで
載せておこうかな。

     Photo_2

明日から11月ですよ。知ってた?(知ってるよ~) 

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2007年10月29日 (月)

落選で背中痛いでしょう

今日のブログ。話題をふたつほど。

■まんが賞でまた落ちたで賞■

  

地元新聞社の発行しているフリーペーパー主催のまんが大賞の
公募が行われていたので応募した。

  

協賛は地元に立地している某ビール工場。

10月初旬に同紙面上で大賞1点と佳作5点の入選者発表があった
のだが見事今回も落選。がっくし。

  

でもそのビール工場ロビーに入選作品と最終選考に残った作品を

今月末まで展示してあるとのことで昨日朝から見に行ってきた。

(車で20分程度の近いところにそのビール工場があるので)

  

自分の応募したまんがが最終選考に残っていたのかどうかを

せめて知りたかったので。

 

    Photo

   

  

ドキドキのやっこ(乙女心は失われてもドキドキはするのよ)。

これら↓が最終選考に残った作品たち。

  

 

    Dscn2793

  

   

  

そしたらありました!

   

  

最終選考に残った作品11点の中に。

    

    Photo_2

 

    Dscn2792

   

 

私の「ツボネ」が。(≧▽≦)ノ ヤッター♪

    

    New_2

  

ツボネやりました!!

  

だてにツボネやってません。

応募数は小中学生部門151点、一般部門112点だったそうです。

 

ツボネはたまたま何気に描いていた既存ネタに改めて色付け
して手直ししたやつを応募しました。

 

      

   

昨年も最終選考に残って嬉しかったのだけど「入選」への壁は

まだまだ厚い・・・。

とは言っても入選作品の中には私的にはどこが評価高かった

のか分からない作品も・・(無礼極まりないよね私)。

やっぱりネタももっと真剣に考えないといかんですな。

 

   

来年こそは入選目指してがんばろう。ひたすら描いて描いて

日々精進するとです。

  

  

一向に腕は上がらないが・・。

話題変わって。。。

   

■背中ちょっと痛いでしょう■

   

今朝から少し背中が痛い。

たぶんこれは持病のぜんそくからきているような。

  

ぜんそくといってもここ2~3年は特に発作もほとんど出ておらず

良好だったのだけど。それに私の場合は季節限定もので、

いつもいつもこの時期11月に入るころに出だす。

   

そして一番寒い時期にはそれほど発作も出ないという、まったく

変な軽い持病なのである。

   

子供の頃からぜんそく持ちで、低学年の頃は体質改善のために

水泳を習わされたり南の方の島にある「喘息専門病院」に泊り

がけの合宿にも行かされたりした。

   

そんなこんなで成長するとともに体力もついてきたせいか

小学校中学年~中学・高校ぐらいまではほぼ喘息も治まっていた。

   

だけども高校の弓道部で試合前の寒い時期に無理をして練習した

ことがきっかけで風邪をこじらせて喘息の発作が再発。

   

あの時は呼吸ができずにチアノーゼ症状も出て相当苦しかった。

  

毎晩夜~明け方にかけて息苦しく眠れない日々が続いた。

横たわると苦しいから背中を丸めて前屈姿勢で夜が明け発作が

軽くなるのをひたすら待った。

  

あまりに苦しくて夜中に母に連れられて病院へ行って吸入をして

もらったけど母も眠れずに結構きつかっただろうな。

  

それからというもの、毎年ちょうどこの時期寒くなる頃に必ず

ぜんそくの発作が出るようになった。

  

ひどい方ではないのだけど、夜中息苦しいのがつらいため

携帯用の吸入器が手放せなかった。

   

あれは即効性があり、狭くなった気管支(気道)をすぐに拡張して

くれる優れもの。

   

この時期私の必須アイテムになっていたのだけど、そういえば

ここ2~3年使っていない。

  

今度発作できつくなったら病院で新たに処方してもらわないと。

  

だから久しぶりに昨夜は軽く喘息の発作が出て肺の周りの筋肉

にも負担がかかったせいか背中が痛いのであった。

   

誕生月が訪れるたびに喘息発作に脅かされる皮肉な時期。

ここ数年良好だったのでこれからもひどくなりませんように。

 

 

■ついでにもうひとつ パンチパーマの阿部ちゃん■

  

今朝、芸能ニュースで映画の舞台挨拶をしている阿部ちゃん
(阿部寛)を見た。

 

パンチパーマのかつらをかぶってニヒルな装いでとても
かっこよかった。

 

不自然なパンチパーマのヅラをかぶっているのだけど、それが
あまりにもさりげないので、そんな三枚目なのか二枚目なのか
分からない阿部ちゃんにまたポイントが上がってしまった。

  

 

以上、今日のブログ 終わり!

人気blogランキングへ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年10月27日 (土)

境目

    Photo

 

 

子供の頃はよくそんな挑戦をしていました。

「眠りに入る瞬間をとらえる」

「意識」と「無意識」の境目を感じ取りたい。

そんなのどう考えても無理なのにね~。

今でもたまに寝るときにそんなばかばかしいことを
思ったりもするのですが、いつの間にかグーグー
眠っちゃってるんですよね。あたりまえだけど。

でも、そういえば意識が遠のいていく瞬間をリアルに
感じ取ったことがあったっけ。

それは大人になって健康診断で精密検査が必要って
言われたときに病院に行って「全身麻酔」を受けたとき。

あれは本当にリアルに意識がなくなっていく瞬間で
なんともまあ心地よいようなそんな瞬間でした。

「死ぬ瞬間」っていうのもそんな感じなのでしょうか。

それにしても普通に眠りにつくときはまったく自覚が
なくて、それはいつになっても寝る瞬間を捉えることは
難しいんだとおもいます。

ちなみに、健康診断で何がひっかかったかというと
「胃」と「大腸」。

胃は胃カメラで検査したら小さなポリープが見つかって、でも
サイズからすると「経過観察」程度で済むほどの軽いものだった
ので、次の健康診断でどうかといったところ。

大腸も何やら怪しげだということで健康診断でひっかかって
全身麻酔されて精密検査を受けました。

(/∀\*))キャ~ミナイデ~♪"

結果は「問題なし」だったのだけど、検査を受ける前に
何やら検査するための薬液を1.5リットル近く飲まなきゃ
いけなかったのがつらかった・・・。ゲプ・・。

大人になると体は古くなる一方だからやーね~。 

そんでもって話がそれてしまっちゃってやーね~。

人気blogランキングへ

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年10月25日 (木)

百面相

   Photo

 

前回、ちょっと悔しかったりやりきれなかったり歯がゆかったり
で吠えてしまった私ですが、昨日も今日も穏やかでしたよ。

一晩寝たら、イライラした気分や憤りやモヤモヤや、そんな気分も
なんとなくどこかへ消えうせています。

だから睡眠は大事なんですね。
夜は心を静めるためにもあるんですね。悲しくなるときもあるけど。

そして、夜が明けて朝の太陽を見て透明で新鮮な空気を吸って
今日も頑張るか、と気を取り直して昨日のイライラにバイバイして
またいつものように新しい一日が始まるのです。

そんなコロコロ変わる自分が面白くもあり、そういう感情を
持ち合わせているだけまだいいのかなぁなんて思ったりもして。

今日はお月様が綺麗でしたよ。とっても。

白くて大きくて丸くて。

同じ月をどれだけの人がどれだけの場所で見ていたでしょうか。

お月様も笑ってくれたようなそんな気がします。

さあさ、明日もボチボチ頑張りましょうかね。

人気blogランキングへ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月23日 (火)

太陽にほえろ☆ヤッコ

ヤッコです(ヒロシ風)。

今日も笑顔でおしごとウーマンしたとです。

でも心の中では違っていたとです。

だからここでは愚痴ってヨカですか?

吠えてヨカですか?

  

それでは。 オホン (。-_-。) ・・・

  

 

   

  

     Photo_2

 

    

すみこやすこ、イナズマバージョン。

って、前回の使いまわしだろー。(ちょっとアレンジ?)

 

いやー、ヤットラレンジスターです。

「ヤットラレンジスター」ってなんですか?
はい、よくわかりませんが、うちに実習に来ていた実習生の
アイツがぼやくとき、「やってられない」の言葉をアレンジして
「あ~、まったく仕事もヤットラレンジスターですね~」って
言ってたからそれを真似ただけです。

それにしても、今日は腹がたつやら悔しいやら歯がゆいやら
情けないやら、そんな出来事が別件でふたつほど重なって
涙が出そうなクヤシイ一日だったよ。

まあ、細かい事情はここでは言わないにしても、
不具合品を出しておきながら「うちの会社には悪いところはない」
みたいなことを材料メーカーは平気で言うし、別の仕事では
「僕の仕事じゃない」とか「ここまでは自分がするけど、ここからは
違いますから」とか妙に線引きして非協力的だし、同じ会社でも
人は人、自分は自分、ちょっと協力し合えればスムーズにいくものも
そんな風にテリトリーできっちり分けたがるからうまく進まない。

そういうことを平気で言う感覚も信じられない。

同じ製造業なのにメーカーは品質を真剣に考えてないのか。
顧客に対して品質に対してそんな姿勢でいいのか。
本社の社員だからってそんなにエリート意識で仕事を
えり好みしていいのか。
本社の人間がどれだけ偉いのかしらんが、入社して数年の
若造に何が分かっているというのか。
仕事ぶりや仕事の出来や質は会社ではなくその人次第で
決まるんじゃないのか。
プライドばかり高すぎて人の頼みはきけないのか。
女だから言われたらしゃくにさわるのか。
女だけにそんな口の聞き方するのか。人を見て仕事するのか。
ツボネだからそうなのか。
(うーん・・、それはちょっとここではちがうような)

そんなこんなだから世の中偽装事件なんか起こすんだよ。

品質や顧客なんてどうでもいい態度になってしまうんだよ。

そんな風に相手や消費者や顧客をなめたり見下したり
するから、それが当たり前になって人を欺いたりするんだよ。

そんな心の持ち方で仕事をしたくはないね。

えらそうなことはあんまり言えないけど。

今日はそんな風に呆れる無責任な発言や仕事や相手に対する
誠意のない姿勢を目の当たりにしてちょっとお怒りぎみのヤッコ
でしたよ。

  

太陽にほえろヤッコ!
ヽ(`Д´)ノ ウオー!!

  

そんなやりきれない心の怒りを抱いて仕事帰りに
太陽にほえようとおもったら、太陽はもう沈んでいた・・・・・。

  

人気blogランキングへ←久しぶりに応援クリックをお願いします

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年10月22日 (月)

私のプチ仕事観

大きな仕事をしようとか、第一線で活躍したいとはあんまり
思わないけど、というかもちろんそういうのはできないけど

たとえ小さな仕事でも目立たない地味な仕事でも
やっこさんがいないと困る、やっこさんだからやれる、
と言われるような仕事、そして関係者のために信頼する人の
ために少しでも自分が力になれるような仕事のやりかたを
していきたいなぁ。

今日のひとりごと。

人気blogランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月21日 (日)

食わず嫌いだったイラスト本

先日、会社の後輩の女の子に本を貸してあげていた。
(からあげ大豆をくれた会社の友人とは別の女子)

本を返してくれるときに、彼女が今「縫い物(ソーイング)」に
凝っているからといって、手作りのブックカバーをくれた。

こんなの。

 

     Dscn2769

 

色もデザインもシンプルでとても気に入った。

  

     Dscn2773

 

この間、たまたま本屋で文庫本(小説)を買っていたから
ためしにつけてみたら、ジャストフィット。
作り方もそれほど難しくなさそうだし、自分でこういうのが
ちょちょっと作れたらワンダホー♪なのになぁ~。

私は「洋裁」「縫い物」系はまるっきしダメなのよね。

と、前置きはこのぐらいにして。

  

で、その後輩の子は手作りのブックカバーと、彼女が持っている
本を4冊(シリーズもの)を貸してくれた。

その本がこれ。

 

     Dscn2787

「毎日かあさん」 西原理恵子 著

にしはらりえこ?? しらんなぁ~。

私が知っているのは

 

     Photo

 

 

   

そりゃ、にしおかすみこ だろ。

「すみこやすこ」になっちゃってるよ。

ちなみに「西原理恵子」は「さいばらりえこ」だそうです。はい。

私が見た感じ、これまたイラストエッセイといいましょーか、エッセイを
そのままマンガにしたような感じ?

     Dscn2788_2

   

毎日新聞朝刊に連載されているショートギャクマンガだそうな。

西原さんと二人の子供(小学生のお兄ちゃんと保育園に通う妹)
の日常。
夫も登場してくるが、事情があって(夫の酒乱が原因?)離婚。

元夫はそのまま酒におぼれ入退院を繰り返すが、病状は悪化
していく。

そんな子供たちとの日常や元夫との離婚後の関わりなどを
ユーモアを交えて描いている。

ちょっとガサツっぽい絵の雰囲気や文字のごちゃごちゃとした多さ
などからして、私の好むイラスト系ではなかったから、本屋で
その本の存在は知っていても自分から読もうという気には
なってなかったのだけど、読むうちにちょっと切なかったり
ホロリときそうだったりして、自分も食わず嫌いだったところが
あったのかもしれないなぁ~、なんて思ったりして。

人間にもいろんなタイプの人間がいて、なんとなく印象で
受け付ける受け付けないとかが自分の中で無意識的に分類
されていて、でも相手の意外なところを知ったり、イメージと
違う部分があるのを知って好印象に変わったり惹かれたりもする。

知らない部分を知ることで、改めて好きになったりその逆も
あったりで。

本や音楽なんかもきっとそうなのかもしれないなあ。

  

人気blogランキングへ

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2007年10月20日 (土)

重くなっている?

私のブログはなんとなく重たいでしょうか?
私も自分のPCでブログを開くときに、なんだか時間がえらく
かかるような気がするのだけど。

で、先日もコメント書き込みがちょっとしづらい環境にあると
いうことも聞きましたし。

その他にも画面が表示されるまでに最近は時間がかかる
んだけど、と感想をいただきました。

そういや、私の体重はちょっと最近重くなってきてます。
あぶないあぶない。

ウォーキングやめたからかしらね。
たぶんそうそう。

で、秋になって食欲が増しているからかしらね。
ぜったいそうそう。

ブログが重たいのと私の体重が重くなってきているのには
なにか関係があるのでしょうか??
これはミステリー??

全く関係ないけど、コスモスが綺麗な季節になってきましたよ。
そんな季節、肌寒くなってきましたので風邪などひかないように
注意してくださいね。

人気blogランキングへ

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年10月18日 (木)

今どきのハイティーン

先日、仕事が終わっていつも通りに車で帰っている道で、少し前方に
若い女の子が自転車を二人乗りしている後姿を見た。

      Photo_2

      

後ろ姿はなんだかとてもケバく、金色に近い茶髪と明らかな金髪娘。

歩道をチャリで行けばいいのに、車道に出ているからとても危なっかしいし
運転の少々迷惑。

後ろの荷台に座っている女の子着ている服なんかもう10月半ば過ぎて
肌寒くなってきているというのに肩をべろーんと出して下もミニスカ?
ホットパンツ?(下の格好は詳しく見てないけど)上半身も下半身も
肌をあらわにした格好だった。

なんか後姿だけでもケバそうね~、と思いながら、車で追い抜こうと
近づいたときに二人が何気にこちらを振り返った。

 

     Photo_4

   

うぎゃー。

後姿から想像していた以上にケバいし怖い。

 

     Photo_6

   

通り過ぎる一瞬のことだから細かいところは記憶もあいまいなんだけど、
私から見た二人の印象はまるでこんな感じよ。

目の周りがどこまでも黒く(いわゆるパンダ?)眉毛も薄く細く、表情も
怒ってんだか何かを企んでにやけてんのか分からない微妙な表情。

すれている、とか、どこか歪んでいるとか、そんな感じもするような。
そんなに都会でもないここらへんでもたやすく見かける派手な若い
女の子達の姿。
(ここで言う「若い女の子」は10代の子のことを主に指す) 

こういう子たちは「不良」や「不良予備軍」に当てはまるのか、これが
今どきの「普通」の女の子達の姿なんだろうか。

こういった見た目も行動も派手な子たちは同世代の女の子達の
何割ぐらいなんだろうか。

自分を「おばちゃん」とは決して言いたくもないけど(ツボネとは自虐的に
言っているが)、若い女の子たちの風貌や感覚には理解しがたいものが
あるな。

そんな彼女らに私は言いたい。

「そこのギャル達よ。あんまりお肌を露出するでない。自分を大切に
しないとダメざんす」

たとえ人にオバチャンと言われようと、彼女らに馬鹿笑いされようと。

そんな風貌をすることで男性の目を引こうとしているのかもしれないけど、
そんな風貌に近寄ってくる男にはろくな男はいないぜ。

悪い男や悪い人間もたくさんいるわけで。結局痛い目にあったり、
質の悪い生活や泥沼にはまりこんで抜け出せなくなるのは自分
なんだから。

それが幸せだとは誰も思わないし、自分だって思わないだろう。

うわべだけの自己満足や派手な生活に酔いしれているだけということに
後で気づくだろう。

それともそうすることで何かを満たそうとしているのかな。

とかなんとか言っているけど、所詮年増女のたわごと。
あたしの知ったことではないんだけどね。

外見で判断するのもよくないのかもしれないけど、若いからこそ
年相応に健康的な若者であってほしいし、そんな「若さ」や「自分」
というものを大事にしてほしいな~。

 

   

人気blogランキングへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年10月16日 (火)

間違いの女(大豆からあげ編)

会社の食堂でランチを共にしている同期の子に
本を貸してあげていた。

その子が本を返してくれるときに一緒に
「旅行に行ったからお土産に買ってきた」
といってこんなものをくれた。

「大豆からあげ」。こんなの。

     Dscn2786

     Dscn2778

  

また珍しいお菓子やね。
からあげ味の大豆のお菓子かしらね。

もらったのは3週間ほど前だけど、家に持って帰って
そのままにしていた。

おととい、なんだか小腹がすいて、なにかちょっとポリポリ
食べたいな~と思い、例のお土産のお菓子があることを
思い出したので食べることにした。

薄いベージュの固形の大豆からあげをかじった。

   

・・・・・・。

   

超カタイ・・・・。

堅かったけど、ガリっとかじったらほんのちょっとだけ欠けて
口の中に入った。

   

・・・・・。

   

味がしない・・・。
なんか乾燥穀物を食べているような・・・。

お世辞にも美味しいとは言えないなぁ。
同期の友人はよくこんなものを買ってきたよね。
売る方も売る方よね。
いくら珍しいからといってもこれは売れないだろー?
歯が悪い人やお年寄りの人は絶対食べられないよ。

どこのメーカー製だ?と思って外装袋の裏側を見てみた。

 

     Dscn2780

   

するとそこにはこんな説明書きが。

《大豆からあげの使い方》

1.湯戻し
  商品80gに80℃位のお湯を60cc入れ35分位
  浸します。

2.水切り
  湯戻し後、4、5倍に膨らんだらザルにあげて水切りします。

3.下味またはフライ処理
  調味料に漬け込んでから揚げ粉をまぶし、からあげに。
  炒め物、煮込み料理も美味しくできます。

 

 

・・・・・・(;¬_¬)もしかして・・・これって・・

 

お菓子じゃなかったの???

 

ええーーーー???!!! ガ━━(゚Д゚;)━━━ン!!

 

ええ、ええ、どうりで堅いはずよ。味がしないはずよ。
マズイはずよ。

これは正真正銘、お菓子ではなく下ごしらえして調理して
食べる加工食品だったのよ~。

「からあげ味の大豆のお菓子」なんてあるわけないじゃない。
どう考えてもおかしいよ。

(≧◇≦)またやってもーた・・・。

これをお土産にくれた会社の友達に失礼よね。
カタイとかマズイとか思っちゃって申し訳ない。

私、これをもらった時点でなんでか「お菓子」と間違って
頭にインプットしちゃったみたいね。

でも、これがお菓子じゃなくて、調理しないと食べられないと
知ったら、一気にテンションが下がってしまった。

ちゃんと説明書きまでしてあるのに、お菓子と間違えて
食べるなんて、まるで「毒まんじゅう」と書いてあるのに
気づかずに食べるようなものよね。

そういえば、年末掃除していたときに、「小鼻あかすりスティック」
をリップスティックと間違えて唇に塗ったこともあったっけ・・・。

 

 

どう考えてもアホよね~。

 

それにしても、説明書きにある「35分位浸す」っていう微妙な
ニュアンスがちょっと面白く感じた。

 

人気blogランキングへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年10月14日 (日)

やっこのプアーな連想

空を見上げた   綺麗な青い空と白い雲     

     Sora1_2

 

風に吹かれて  雲が流れていくね   ほら

  

     Sora2_2

 

なんだか雲がくっつきはじめたよ 

    

     Sora3_2

 

・・・・・・

  

なんだか見覚えのある形になったよ

 

     Sora4

 

 

・・・・・・・・・・・・・・

    

     Sora5

   

そうだね、ソフトクリームと思えばいいよね

決してトイレに浮かぶアレではないと

   

~やっこの素敵ポエム 以上おわり~

    

   

・・・・・(o・ω・o)ノ あのー・・ちょっと一言イイデスカ?   

  

ソフトクリームと思えばいい、というより、最初から
ソフトクリームのようだ、と連想できなかったのでショーカ?

やっこの連想もプアーだけど、ブログの内容もプアーだったかね?

まあ、いろんな日もあるさ♪

 

人気blogランキングへ

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年10月13日 (土)

「めぞん一刻」で爪とぎ状態

最近小説を読んでいないからそんな小説な気分だ、などと
言っているにも関わらず直後の今回の記事ではまたマンガの話。
(本日二本目の連続投稿です)

先日「めぞん一刻」という漫画を同僚から借りて読んでいると
記事に書いていたけど、もう最終巻のクライマックスに入ってます。

「一刻館」という古いアパートに住む五代裕作というお人好しの
青年と、そこへ管理人としてやってきた二歳年上の未亡人
音無響子とのラブコメディ。

あらすじはうまく説明できないけど、とにかく二人を取り巻く
人間関係と恋愛模様がもつれあって、二人はくっつきそうで
なかなかくっつかない。

というか、邪魔が入ったり誤解したりされたりで、五代君と響子さん
は、好き合っているのにくっつくチャンスをことごとく逃している。

でも最終巻ではある件をきっかけに、とうとうお互いの気持ちを
確かめ合うところまで辿り着いた。

で、いよいよ二人が結ばれるか、、、、ドキドキ(やっこの心音)

でも気持ちを確かめ合ったのに、ベッドインの状況で失敗・・。
気持ちを確かめたにも関わらず体は結ばれなかった・・・。

それでもそれをきっかけに、再びお互いなんだかんだ気持ちを
伝え合って(イマイチ説明力がない私でごめんよ)、お互いの
心の中のひっかかりがとれたところで、とうとう

   

ゴーーーーーーーール!

   

またもや キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

   

そんな二人が心身ともに結ばれたシーンを読んでいた
私の状態はこんな感じ↓
   

   

   Photo

  

がーり がーり がーり。

がーり がーり がーり。

 

もう (≧∇≦)キャー♪ で (/∀\*))キャハ♪" で
顔文字全開よ。

   

・・・・・・。 

これじゃ、単なる下ネタ好きの年増女みたいよね。(¬_¬)タシカニ・・
しかも、あらすじとかこれを読んでも全然さっぱり分からんし。

でもなんだか恥ずかしいやら、最終巻までさんざん
ひっぱってきた二人がついにくっついたから嬉しいやらメデタイやら。

ラブコメディなんだけど所々は真面目モードもあり、二人の結ばれる
ラブシーンは結構胸きゅんしてしまった。
五代君もいつもはドジだけど保父さんをめざして頑張っている姿が
最後の方ではなんだかカッコよくみえるし♪

なんだか気恥ずかしくてくすぐったくて、「穴があったら入りたい」
というよりは「壁があったら爪をとぎたい」。

猫になってがーりがーりとツメをとぎたい、そんな心境なのでした。

・・・漫画ごときに・・・イイ歳して・・(* ̄m ̄)ぷっ

私ってこういう「本のあらすじ説明」や「レビュー」って上手じゃ
ないから、「めぞん一刻」を読んでいない人、知らない人には
あまり通じなかったでしょうね。ごめんなさいね。

でも伝えたかったのは、「猫になってツメをとぎたくなる」ような
気分だったということです。はい。
  

人気blogランキングへ

| | コメント (3) | トラックバック (0)

久しぶりに小説な気分

最近、マンガやイラストエッセイなどのような本ばかり
読んでいて小説や文芸書などは読んでいないな。

集中してまとめて読む時間っていうのがなかなかないというか
余裕がないというか、だからマンガやエッセイなどのさらーっと
読めるものを最近選びがちなんだけど。

先日、ワールダーさんのブログで映画「サウスバウンド」の
原作者「奥田英朗」の話題が少しでた。

私は奥田英朗さんの小説はそんなにたくさんは読んでいないけど
上記の他に「空中ブランコ」「イン・ザ・プール」をシリーズで以前
読んだことがある。

   

     Dscn2771

    

結構面白くて私は好きになった。

このシリーズでは、型破りな精神科医「伊良部」が主人公で、
伊良部総合病院の地下一階にひっそりとたたずむ薄暗い雰囲気
の「神経科」が彼の仕事場である。

そこに気が進まないながらも訪れてくる数々の、心に病を持つ
いろいろな患者たち。

尖端恐怖症のやくざや、ケータイ中毒の高校生、送球コントロール
がおかしくなり「イップス」とも呼べるその症候群に苦しむベテラン
プロ野球選手の話などなど。

そのいろいろな心の病気を持つ患者がそれぞれの話を構成する。

伊良部は、がさつで下品で醜くて全くもって医者らしいところは
何もない。
またこれといった治療も何もしてくれない。
ただビタミン注射を異様な表情で打つのみ。
自分もまた精神異常者のように。

そんな伊良部のペースにのせられる患者たちだが、彼に
付き合っているうちに、気づいたらいつの間にか
心に持っていた病や症状が消え去っていた。

読んでいる方もいつの間にか患者側になっていて、ひとつひとつ
の話を読み終える頃にはすっかり心がすーっと晴れやかな気分
になっていたりして。

軽快な会話とユーモアを交え、なんとなく気分が晴れていく
そんな小説。

久しぶりにもう一度読んでみようかな。

他に角田光代さんの小説も読んだことはあって、結構
面白かったので他にも読んでみようと思う。

そういえば、昔筒井康隆の小説も好きで読んでいた記憶がある。

あと、中学校時代は太宰治を好んで読んでいたな~。
夏目漱石も読んだりする「なんちゃって文学少女」だったけど、
夏目より太宰の方が好きだったのよね。
結構根暗な中学生だったのかしらね?

本なんて星の数ほど無数にあって、どれがいいのやらどの作家
の作品が面白いかとか分からないから、私はひとまずそこそこ
売れているメジャーなところから入ることが多いけど、お勧めの
作品や作家さんなどあれば教えてくださいませ。

      

人気blogランキングへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年10月11日 (木)

しゃぼん玉

シャボン玉がとんだよ

シャボン玉が消えたよ

生まれては消え 生まれては消え

わたしのココロみたいに

怒ったり 泣いたり 笑ったり 喜んだり

そんなココロの中の感情が

生まれては いつの間にか消えてゆく

でも忘れることはない

この気持ち あのときの思い

シャボン玉は消えても 

忘れることはない 消えることはない

いろんな想い 色とりどり

   Photo   

人気blogランキングへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年10月 9日 (火)

明日の仕事 顔で笑って心で・・

明日は出張。

ちょっと気が進まない。
というか行かないで済むものなら行かずに済ませたいなあ。

自分が行かなければならない必要性も、今回の出張が
そこまでしなければならない重要性もいまいち分からない。

それだったらもっとやるべき仕事がたくさんあるからそれを
優先して済ませたいと思うのだけど。

それに他の仕事も溜まっているし、他にも事情があったりするし。
残業で溜まった仕事をさくさく消化してコントロールするのも
難しいから、一日会社を空けるのは私にとってはちょっと厳しい。

とはいっても自分の休暇で一日会社を空けるのは結構平気
だったりするんだけどね(^_^;)。

明日行く予定の出張はイマイチ、目的と必要性が私には
伝わってこないというのもあって、乗り気じゃないのです。

仕事はどうせやるなら少しでも楽しくやりたいし、仕事は少しでも
自分で納得してやりたいものね。

でも腑に落ちなくても、イマイチ納得できなくても、しなければ
いけないのが仕事。

自分の持ち仕事じゃなくてもチームワークとしてそれが必要であり
自分がすることでチームとしての役割が果たせるのならそれは
それで仕方がないと割り切ってやるしかないのよね。

渋々の出張仕事なんだけど、他にも事情があって行かずに
済ませたいのも山々なんだけど、引き受けざるを得ないのが
ちょっとつらいところなんだな。

だからここで愚痴っているんだけど。

「明日はメーカーに予定通り行ってきます」と笑顔で上司に
言ったつもりだけど、少々引きつり気味のスマイルだったかも
しれないなぁ~。

顔で笑って 心で悩んで
顔で笑って 心で愚痴って
顔で笑って 心でトホホ

でも割り切って引き受けたからにはボチボチ頑張って
いきましょうかね。

ヤッコ、スマイルよスマイル♪ (;¬∀¬) コレデイイ?…

まあ、これも無駄な仕事ではないし、意味のない仕事というわけ
でもないし、もっと大変な仕事だったりするよりはまだいいし、
きっと自分の役にも立つはずだからと思えばいいだけだものね。

そう自分に言い聞かせている私なのでした。

 

あーあ、それにしても行きたくないよ~。(結局愚痴)

  

   Photo

 

人気blogランキングへ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年10月 8日 (月)

秋だから 会見模様

    Photo

 

秋はやたらに眠いのよね。
気候がよくなってきたせいか、寝ても寝ても眠たい。

秋だから、とはいいつつも、秋に限ったことじゃなく本当は
いつでも眠たかったりするんだけどね。
(春もたしか眠いと言っていたような・・)

何かマンガかイラストでも描こうかと机に紙を置いて
みたもののネタはうかばず、うとうと・・・

これじゃ日向ぼっこしながらうつらうつら居眠りする
おばあちゃんとおんなじじゃんか。

まあ、眠れるときに眠って休息しましょうかね。
(いつもの如く自分を正当化する)

話は変わって・・

それにしても、今日の神田うのの結婚会見もちょっと
引いてしまったな・・。

  
いつぞやの女王様の不機嫌舞台挨拶とあまり変わらない
ぐらいにしらけてしまったような。

最近の会見で好感が持てたのは、イノッチ&瀬戸朝香の
結婚会見と、仙台育英の佐藤由規君の高校生ドラフトでの
涙の指名会見かな。

着飾ることなく自然体で感動や嬉しさを自分の言葉で
素直に表現できるのは素敵なことよね。

見ている人たちにもそれが切々と伝わってくるから
共感もてたり心を動かされたりするんだろうな~。

佐藤君の親への感謝の気持ちを涙ながらに言葉にしている
姿にもらい泣きしちゃったよ。

自我や自己欲があらわになりすぎた会見というのは
やっぱり共感もてなかったりするから冷ややかな目で
見られがちなんだろうね。

 

人気blogランキングへ

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2007年10月 7日 (日)

不機嫌なツボネ様

    Photo_2

なーんか、この不機嫌な態度はどこかでも誰か女王様みたいな
人がやってましたよね。

ちなみに、このマンガを描いたからって、今私がご機嫌ななめ
ってわけでも何か怒っているわけでもないのであしからず。

人間だもの(みつを風)、誰でも機嫌がいいときと悪いときとが
あるわよ。

理由もなく不機嫌になることなんてないもの。
何か理由はあるんだと思うのだけど、やっぱり不機嫌になる
理由とかそんな自分の感情とは全く無関係な人たちにまで
影響を及ぼすのはあまりよろしくはないですわね。

オトナだもの(やすこ風)、子供だったら許してもらえるけど、
家族の前や恋人などの親しい心許した相手にぐらいだったら
許してもらえるかもしれないけど、子供じゃないしそれが仕事の
場であったりしたらちょっといただけないよね。

でもうっかりすると自分だって何かの理由で不機嫌になって
ムスーっとしたり黙りこんだりなんかしちゃったりするから
人のフリ見て我がフリ直せってやつで、気をつけないと
いけないなぁ~なんて思ったのでした。

タレントやアイドルや女優などの芸能人は「人気=好かれること」
が命の商売ですから、どんなに美人で可愛くてもイメージダウンで
嫌われたら致命的よね。

私も美人で可愛いとはいえ、嫌われないように注意注意っと♪

 

  

・・・・・・・(゜∀゜*)ハ?イマ ナンテイッタ??

  

  

人気blogランキングへ ←厚かましいツボネを応援してください

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年10月 5日 (金)

最近のビジネストーク?

私は中学校の頃までは英語が大好きで得意でした(ちょっと自慢)。

   

でも高校に進学したら英語を含め成績はガタ落ち。
それっきり「英語が得意」なんてことは口がさけても言えません。

   

しかも今はどうか知りませんが当時の学校で学ぶ英語なんて

文法がどうのこうのとかで、今どきの英会話などのような実用的な
英語ではないので当時自慢していたのも

 「単語をたくさん覚えている」 とか 「文法を知っている」 とか

いった類で、英語を話せるか?といったら全くもって

 

シャベレマセーン!

  

まあ、前フリはこのぐらいにして。

  

会社では、英語が本当に会話的にスラスラ話せるのか、あるいは
私のように昔ながらの英語程度でごまかそうとしているのか

分からない感じで中途半端に英語と日本語を併用している
ビジネスマンが多くいます。

(英語が出来なくなった私のひがみだろうか?)

   

うちの会社の品質管理部の部長で、超キザでカッコつけた
スマートでエリートでインテリジェンスな部長がいるのですが、

先日メーカーとの打合せ時に同席されていて、相手のメーカーの
人たちに指導していたセリフがこんな感じで↓

 

   

    Photo

  

  

 

「クイックリーにウォッチして」  って・・・・(゜∀゜*)

   

なんだか違和感があるんです。

   

その部長の不自然な英語交じりの口調に気をとられて肝心の
打ち合わせ内容はほとんど聞いていませんでした。
(´▽`*)アハハ・・・

  

  

また別の日には、本社(神奈川)から出張で設計開発関係の

マネージャーが来られていたのですが、会議の場で

   

     Photo_4

 

 

 

     

   

と言っていたようで、打合せに同席していた派遣の女の子

Sさんは会議室から出てきてすぐに 

 

 

      Photo_8

  

   

あず すーん あず ぽっしぶる??」  

  

   

私もど忘れしてしまって即答できなかったけど確か

「できるだけ早く」の意味。

   

   

   

日本語で言った方が早いじゃんか~!?

   

   

なぜわざわざそこだけ英語で言う??日本人相手に。

  

   

またその日、よそからきた別の出張者の人も近くの電話で
相手に
何やらこんな感じでしゃべっていた。

   

  

     Photo_5

 

   

    

よく聞いてなかったので会話の中身は違っていると思うけど

確かこんな感じのしゃべりっぷりだったよ。

   

彼らはいたって普通の感覚で普通の口調で話しているの
だろうけど、なんだか私から見たら

  

 

  

     Photo_6

 

   

   

なんだかちょっと可笑しかったりして。 

  

    

うちの職場にも結構キョーレツな課長がいて、ほんとにまるで

ルー大柴のようにやたら会話の端々に不自然な英語が入るの

だけど、英語だけでなく赤ちゃん言葉・お子ちゃま口調が加わる

からそりゃもう変よ。

 

  

     Photo_7

 

   

おまけに早口でマシンガンのようなトークっぷりだからほとんど

聞き取れないし。

 

「最近の若者のしゃべる日本語はなっとらん」なんて年配の人が
嘆いたりもするんだけど、ビジネスマンの変な英語交じりの
日本語もどうかと思うけど??

  

人気blogランキングへ トゥギャザーしよう♪

  

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年10月 3日 (水)

本日のブログ 2007/10/03

■メッセージのコーナー■

ありがとう

 
いつも心でそう思っている

なかなか素直になれないことも多いけど
なかなか言葉に出して言えないこともあるけど

いつも心では思っている

周りに流されそうになったり
自分を見失いそうになったりもするだろうけど
私だって同じ

自分がこうと思ったらそれでよし
自分がそうじゃないと思ったらそれでよし

これまでもそうしてきたように
これからも自分のペースでやっていけたらそれでよし

辛いときこそ誰かに頼ろう
苦しいときこそ誰かと分かち合おう

私は何もしてあげられないけど
私で支えられることがあったら
力になれることがあったら
私が話を聞いてあげることで

あなたが少しでも楽になれるのなら

そう願う

少しでも  
一人でも多く 
一日でも多く
みんな 私も あなたも笑顔でいられますように

********************************************

■手作りグリカ??のコーナー■

もう10月ですね。そんで今日はもう10月3日。

ちなみに、今日お誕生日を迎えるひと~~!!

 

  

・・・・・・・・・・(¬_¬) シーン・・・・・・・・・

 

 

わざわざパソコンに向かって「ハーイ!」なんて答えるような
テンションの高い人はいないかしらね(汗)。

でも今日がお誕生日の人もきっといるでしょうから、今日は
私が手作りのグリーティングカード
もどきを描いてみましたよ♪

心からハッピーバースデーをお祝いします♪♪

まずはコレ↓

   Photo

  

  

 

  ・・・・・・・こっちが開いた口がふさがらないよ。

 

 

では気を取り直して
次はコレ↓

    Photo_2

 

 

どう?

上のふたつとも10月3日ということで「103」をモジッて
みましたが・・。

 

  

 
全然イケテナイですね。はいイケテナイです。

もし 「私の誕生日は○月×日だから同じように
“なんちゃって手作りグリカ”を描いて~」というようなリクエストも
受け付けますが、言っておきますがあまりにもショボイと思うので
何の足しにもならないし何の価値にもなりませんのであしからず。

ただし無料です。←当たり前だーヽ(`Д´)ノ

******************************************** 

ということで、本日のブログは二部構成でお送りしました♪

 

・・・・・・・。

 

っていうか、二部構成も何も、このブログって一貫性もないし
特にブログスタイル定まってないじゃん。

エ?? (゜д゜;)ソウダッタノ~?

というわけで訳がわからないブログでごめんよ~。

  

人気blogランキングへ

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2007年10月 1日 (月)

秋の夜長に「めぞん一刻」

会社の同僚(その昔ノロバナ君のことを書いたりしていましたが
同僚とはその彼のこと)がマンガ本を貸してくれたので今読んで
います。

やっぱり読書の秋ですからね。マンガだけど。

何のマンガを読んでいるかというと 「めぞん一刻」。

同僚が貸してくれたのは「ワイド版」。

      Dscn2733

その昔、一度読んだことはあって、その話をノロバナ君と話して
いたら、「俺、ワイド版で全巻集めたから貸すよ」といって持って
きてくれたのです。

で、その「めぞん一刻」を秋の夜長に読んでいるのです。

やっぱり面白いな~。
話題や雰囲気も昔っぽさがあるけど、「一刻館」という古いアパート
に住む住人五代裕作くん管理人さんとしてやってきた未亡人の
音無響子さんとの恋のゆくえが気になるところ。

二人ともお互いを好きなのにここまでひっぱるかというぐらいに
なかなかくっつかないところがまたじれったい。

そして響子さんを好きな光る歯をもつキザな御曹司三鷹さんや、
五代君を好きな後輩の可愛くて押しの強くてでも鈍感なこずえちゃん
やその他いろんな女性が現れて三角関係どころかそれを超える
ほどの恋愛複雑模様を見せてくれる。

でも五代君はさりげなくもてるんだけど、ちょっと優柔不断すぎ。
優しいとも解釈できるけど、あれは優しいというより優柔不断だな。

マンガを読んでいる私のほうがえらくヤキモチやいてしまうよ。
優しさの裏返しでもある「はっきりしない態度」が思わせぶり
なのよね。

ひとりの人を誰よりも好きで誰よりも大切にしたいのなら
その人だけに優しくすればいいのにね。

響子さんのことを好きなのに、なんでこずえちゃんや他の女の子
から誘われたり迫られたりして断らないんだろう?

男の人ってみんなそういうところがあるのかな。
とはいっても響子さんも五代君を好きでいながら三鷹さんにも
冷たくできず結構どっちつかずの態度をとったり、それがまた
マンガとしてはじれったくて面白いところなんだけど。

あー、じれったい。

知らない人は何のことやら分からないよね。

(¬_¬)ソウダネ・・・

 

まだまだ引き続き読書(とはいえマンガ)に没頭中のヤッコ
なのでした。

 
あ、最近イラスト描いてないな。

人気blogランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »