« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

2007年4月30日 (月)

なりきりおセンチウーマン

     Photo_134

★ポエム?★

 

マスカラで黒ずんだ目の下

一晩中 泣き明かして 目の下にくまができたわけじゃないの

 

うっかり こすって ついちゃった

本人 鏡を見るまで 気づかないの

 

感傷的な気分で 鏡をみたら オーマイガッ

一気に気分が盛り下がる

 

顔で笑って 心で泣いたつもりでも

実は 顔で笑われてる

 

あー  なんて私はコメディーウーマン

 

そんな私だけど

心だけ

心だけでも

おセンチウーマンにならせてください

 

*************************************

 

とまあ、変なポエムといいましょうかブルースといいましょうか

そんな詩を思いついたので書いてみたのですが。

ちょっぴり泣けちゃった・・というときでも鏡でみたらブザマな顔

だったりしてね、それが自分で滑稽に思えてくるのです。

 

人間ね、ドラマや映画のように綺麗な感じにはいかないですよね。

自分では感傷的になりきっていてもどこか間が抜けていたり。

(それって私だけか??)

 

窓辺にただずんで外の夕日をロマンチックに眺めていたって

スカートのファスナーがあいてたりするのです。

(それって私だけです。はい実際にありましたから)

 

その内面と外面のギャップを表してみるとこう↓なるのでしょうかね。

  Photo_137

 

自分では意識していなくても、はたから見たら立派にお笑い系

だったりするんですよね~。

まあ少なくとも私に限ってはそうだね。

| | コメント (2)

2007年4月28日 (土)

真夜中のひとりごと

今日もなんとなく眠れない

なんだか疲れた 疲労感が増す

いろんなことが面倒くさくなってきた

今の気持ちを持て余していることや
相手に伝えたい、話したいと思うことや
気持ちを知りたいと思うことや

毎日 夜を迎え朝を迎えることすらも

いろんなことが

見えない壁を感じて 
それが次第に厚くなるような気がして

そうすると もう向こう側には届かないような気がして

壁に向かって蹴ったサッカーボールのように
自分の気持ちだけが虚しく跳ね返ってくるような

壁の向こう側にあるものを 
忘れてしまえばいいのかもしれない

そうしたら
壁の存在さえも気にならなくなるから

こんなことを考えることも 本当はやめてしまいたい

シャボン玉のように 一瞬にして消えてしまいたい

いつかみた写真のワンちゃんのように
すやすやとひたすら眠り続けたい

眠れない 今夜 わたしのひとりごと

| | コメント (4)

2007年4月27日 (金)

1月のプロフェッショナルを見て

今頃話題にするのもどうかと思うが、1月に放映されたNHK

「プロフェッショナル」という番組で、漫画家 浦沢直樹

取り上げられていた。

 

ちなみに浦沢直樹の代表作品はYAWARA」「MONSTER

20世紀少年」「HAPPY」「PLUTOなど。

 

私はその時ちょうどその番組を見逃した。

というか、それほど熱狂的ファンというわけでもなかったので

その番組があることを全く知らなかった。

 

たまたま、その時期に浦沢直樹が描いたマンガ本PLUTO

会社の同僚に借りて読んでいたので、なんとなく興味が出ていた

時だった。

 

そんな時だったので、「プロフェッショナル」の番組が終わった後に、

たまたまテレビ欄で浦沢直樹の特集があったことを知った時は

残念でたまらなかった。

 

幸い、「PLUTO」を貸してくれたその同僚が番組を録画していたから

その録画したDVDをくれた。

 

DVDを受け取ったのはもうずい分前(番組自体が1月だったし)。

 

いつでも見れるという安心感があったせいか、なかなかそのDVD

見ることがなかったのだけど、ようやく先日遅ればせながら

その番組を見た。

(今頃?!なんでもワンテンポずれている自分がお恥ずかしい・・)

 

まあ、その番組の感想はというと、世の中にすごい人はたくさん

いるし、漫画家という職業の中にもいろんな人やすごい人が数多く

いるのだろうけど、浦沢直樹さんも私から見たらかなり「すごい人」

なんだなーと思った。

自分の受けたイメージを言葉でうまく表現できないのがもどかしい

けど。

 

漫画・絵のテクニックはもちろん、ストーリーや映像イメージや展開を

頭に描き、それを実際に紙に絵で表現する。

小さな部分も妥協を許さずに修正を重ねる。

締め切りという納期との戦い。

 

そして自分が描きたい・表現したい・伝えたいという信念が作品の

出来に反映していく。

 

それが累計発行部数1億という実績につながっている。

 

何の職業がいいか、というよりもどんな職業でもレベルの高いものは

レベルが高く、そういう高いものを目指して努力することが出来る人を

私は尊敬する。

 

単に「儲かっているからすごい」とか「有名だからすごい」とか

そんなのじゃなくて、本当にすごいのは「尊敬」できる人であると

いうこと。

私が思うに。

 

村上ファンド代表の村上氏やホリエモンとかは、賢い頭脳を使って

金を動かして儲けた人たちということでは、そりゃ「すごい」とは

思うけど、私は「尊敬」しない。

 

金儲けに対して努力していたのかもしれないけど、私から見たら

何か違う。

 

私は、お金は自分の労力や努力を売ってお金に換えるものだと

思っているし、志や目標が高く、それに向けて努力をしている人・

何かを創造している人は「尊敬」できるし、結果的にその努力が

技術や実績となって収入に結びつくのならそれが理想的なんじゃ

ないかって思う。

 

とかいいながらも、どこかに「楽をしてお金を得られたらいいな~」

って思う自分が2割、いや3割ぐらいはいるのも本当のところ

だったりもするけど。 

 

とにかく、誰かのために、自分の志・信念のために何かを一生懸命

やっている人はすごいなって思う。

 

それは自己欲・物欲とは明らかに違う。

自分にはなかなか出来ないことだからゆえに「すごい」と思うし

「尊敬」する。

 

仕事においてもそう。

上司においても同僚においても誰においても近いことがいえる。

 

どこか尊敬できる部分があるということは相手を認めるということ。

 

そうやって違う個性を認め合って一緒にやっていければ、割と

うまくいくのではないかって、そう思ったりもする。

 

話がそれてしまったけど、「浦沢直樹」漫画はそれまで単に知って

いただけで、読んだことはなかったけど、そういう目で見ると

また一段と読む楽しさが広がるような気がした。

 

「漫画」っていうと軽く見られがちだけど、手塚治虫漫画などの

ようにやはり評価が高いもの、売れているもの、みんなから愛される

ものは漫画であってもそれなりの価値があるのだと思う。

 

 

それにしても、1月放送の番組を今頃見て何やら語っている私って

やっぱりワンテンポずれてるよね(汗)。

| | コメント (0)

2007年4月24日 (火)

食い気

      Photo_133

しんみりしていても、おセンチになっていても、ブルーになっていても
腹はへります。
トイレだって行きたくなります。

動物的欲求と生理現象は感情とは別で働くものなんですね。

ちょっと落ち込んだからって全く飲み食いできないようだったら
人類みな餓死してしまうだわよ。

ちょっとだけ食欲がないわ・・程度だったらダイエットには
いいかもしれないけどね。

ちなみに、ここに出てくる赤毛のへんなやつは
「やくびょうがみのやっくん」です。

この前の前の記事(4コマ)をご覧あそばせ♪

で、このやっくんの名前の由来を

「えー、“やくびょうがみ”だからやっくんなのー?!」

と、私が教えるまで全く気づかなかった!という鈍いお人がいた。

気づいておくれよ・・・  (´・ω・`)ショボーン

|

2007年4月22日 (日)

ナキムシ

     Photo_131

なんだかグスグスしてますねー。花粉症じゃありませんよ。

私は小さい頃からよく泣いていました。
なんでだろうって未だに自分でもよく分かりませんが、とにかく
すぐに泣くような、よわっちいやつでした。

悲しいとき、怖いとき、不安なとき、寂しいとき、悔しいとき、痛いとき
感動したとき・・。
泣いちゃいけないって頭で思っていても涙がすぐに出てしまう。

会社ではもちろんキリリとお仕事ウーマンですからね、周りの人から
見たらそんなヤツには全然見えないと思います。

子供の頃、母がテレビのドキュメンタリー番組とか動物モノの
映画やドラマを見てはすぐに泣いていたのを見て
「バカみたい、テレビなのに」と心の中で母を小ばかにしたように
思ったりもしていたけど、結局人のことは言えないんですよね。

しかも私、その母の子どもだし(笑)。

泣かないようにしようって思っていてもなかなか難しいもの。

でも、男だって女だって子どもだって大人だって犬だって
泣きたいときは泣きます。涙を流します。

それだけ心が揺れ動いているのは誰にも抑えることは
できないものね。

・・とまあ、自分を正当化してみましょうかね♪
せいとうか!おうべいか! ←クダラン・・。 シーー( ̄、 ̄*)ーーン

                オマケ↓

     Photo_132

| | コメント (4)

2007年4月19日 (木)

やっくん

    Photo_130

ここに出てくる疫病神のやっくん・・って、なんだか
なんちゃってスケバン恭子みたいよね。

疫病神でもこういうオモシロ系のキャラだったら
一緒にいるだけでも楽しいかもしれないな~。

| | コメント (5)

2007年4月15日 (日)

心にあるもの 心にないこと

Kokoro_3

| | コメント (11)

2007年4月14日 (土)

ジュウデンチュウ

        Photo_129

   チラ・・・

| | コメント (2)

2007年4月 7日 (土)

ジュウデン

     Photo_127

人気blogランキングへ

| | コメント (10)

2007年4月 2日 (月)

お仕事ウーマンの洗濯失敗日記

(1)週末、社服を洗濯した

 

(2)普通に干した

 

(3)半乾きだったので乾燥機にかけた

 

(4)胸ポケットに入れていた口紅が乾燥機の熱で溶けて

  社服がストロベリー色のマーブル柄になってしまった

 

おわり

 

*****************

なんという情けない失敗でしょうか。

ティッシュをポケットに入れたまま洗ってしまったときも

ショックなのですが、口紅を入れたまま洗濯したのは初めてで

しかもショックデカイです。

かなりあちこちに赤いシミが・・。

確認したはずなのに・・・。

乾燥機の扉をあけてビックリ

 

なんじゃこりゃーーーー!? (松田優作口調で)

 

    Photo_116

そもそもの間違いを振り返ってみましょう。

 

まず失点その①

 社服に口紅を入れたまま洗うことが間違い

  →ポケットの中はもう一度しっかり確認しましょうね。

   そこで気づいていれば・・・。

   Photo_122

 

失点その②

 干すときに気づいていない

  →脱水完了した後に取り出すときにも気づいていませんでした。

   幸い(?)にも口紅は胸ポケットの中に入ったまま

   水浸しになりながら洗濯されたものと思われます。

   そこで気づいていれば・・・。

 

失点その③

 半乾きの社服を乾燥機にいれた

  →まあ、乾燥機に入れることは悪いことではないけれど、
   急ぎじゃなかったから
ハンガーに吊るしたまま自然乾燥
   させればよかったです・・。

 

失点その④

 乾燥機からカラカラという異常音を聞いたのにそのままにした

  →乾燥中「カラカラカラ・・」という音が乾燥機から聞こえて

   来たにも関わらず、

   「ファスナーか何かの金具が当たっているのかな」

   程度にしか思わずそのまままわしてしまいました。

   そのとき私の口紅はドラムの中を回転しながら胸ポケットから

   放出され、ふたも外れ、熱風とともに溶解しながら半液状と

   なって社服に付着していったのでしょう。

 

ここで一句

 

「おぞましや 乾燥機の中 赤いしみ」 

  

そんなこんなで再度洗いなおしている
お仕事ウーマンは社服の洗濯屋です。

  

あーあ、とれるのかしら・・・

| | コメント (0)

って言ってたよ(BlogPet)

yaccoは
ほんとうは、yaccoは全てを吐き出せないから、ひまの中にしまっておくしかないから、行き場を失った感情が凝縮されて涙というものに形を変えて表れてくるのかなーなんて思ったりもします。
って言ってたよ。

*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「momo」が書きました。

|

2007年4月 1日 (日)

ひまつぶし☆ビーズ

       Dscn2341

好きな絵もイマイチ描けないし、天気も今日は雨でイマイチ。
だから久しぶりにビーズでストラップを作ってみた。

イマイチの気分を解消してくれるかなと思って色は赤系。

いやはや私は凝り性だけど、根気がないし飽きっぽいから時間が
かかるものや手の込んだものは無理。

だからすぐにできるストラップやブレスレットとかが私としては
作りやすいのね。すぐにできるとプチ達成感が得られるからね。
難しいものはそれなりに完成したときの喜びが大きいと思うけど
なかなかね、そこまではチャレンジできないのです。

編み物も中学・高校生のときに乙女心が芽生えて母に教えて
もらって試したけど、セーターとかは私にとっては後始末(最後の
糸の始末)とかが面倒で難しくて、しかもそこまでに至ることも
ほとんどなく途中でイライラして終わり。
(なんという根気のなさ・・)

マフラーが簡単だからマフラーをいくつか作って私の熱は冷めた・・・。
まあ、そんなことは置いといて・・。

       Dscn2343_1

       Dscn2346

       Dscn2345

       Dscn2344_1

これは手持ちビーズの一部だけど、ビーズの色鮮やかでキラキラした
いろんな色のビーズを見たら少しだけ気分が良くなった。
心にもキラキラ感がほしいな。

***********************************************

あら?どうでもいいけど、ブログペットのmomoちゃんが
自分のところからはみ出して画面上をウロウロしてるけど、
こんなこともあるのねー。

あら??これまたどうでもいいけど、今日から4月なんだねー。

 
だから  なに・・・?  

     

| | コメント (0)

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »