« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2006年10月30日 (月)

ヤッコはここにいます

   4koma_2

ヤッコさん、一体どこにいるんでしょうかね。

第六サティアンに潜んでいるナントカ真理教のグルじゃありませんよ。

自分のことをタナにあげてます。はい。

いろんな場面において文句を言うときやむかついたときなどは
もちろん、自分のことを知らず知らずのうちにタナにあげている
のですが、自分が嫌な気持ちになったときや悲しくなったとき、
辛くなったときなども、自分のことだけ見えていて人の気持ちに
気づいていないことだって結構あるんですよね。

自分だけが不愉快だったり嫌な気持ちになっているわけでは
なくて、相手だって嫌な気持ちになったり悲しい気持ちになったり
不愉快だったり辛かったり傷ついたりしていることもあるわけで。

相手の気持ちにも、もっと気づいてやれるようになりたいものです。

| | コメント (5)

きょうyaccoの(BlogPet)

きょうyaccoの、空想したかった。


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「momo」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月28日 (土)

ぶつぶつと ひとりごと

真面目な話。

最近のニュースやこのごろの事件を通して思ったこと。

  

小学生の女の子がインターネットの掲示板で30代の男と

知り合って一緒に行動を共にしていた。

女の子は無事保護された。

  

そのほかにも。

  

男が少女を買春した。

出会い系サイトで知り合った男に偽札をもらって

女子高生が使った。

  

ただそれだけのこと。

だけどどこかおかしい。

  

・合意のもととはいえ、いい年した成人男性が、明らかに

 大人じゃないと分かる少女を性の対象にしていること。

・お金で釣っていること。

・少女も安易に男性についていくこと。

・少女側もお金が欲しいという理由で性の対象になることを

 了承していること。

それに伴うリスクがどれだけ大きいか知らないのが子供であり

 何も知らない子供だからこそ簡単にだまそう、だませると思う

 大人の傲慢と身勝手さ。また実際にだます行為。

それは自分の単なる欲求、欲望、性欲、願望を満たすだけの

 もの。

 

ものがありふれているこの時代、何かを持つことが自己満足になる。

人よりたくさんのモノ、より高級なモノを持つことが優越感や

ステイタスになる。

だからそれを得るためにはお金が必要になる。

 

だけど仕事をしていない未成年や子供や少年少女はお金を得る

手段がない。

親にお小遣いでもらってもそれだけでは足りない分をどうにかして

手に入れようと、ない知恵を絞って浅はかな行動をとる。

  

情報がありふれているこの時代、必要以上の情報にまどわされる。

自分の中の欲望や願望だけに留まらず、理性だけでは

コントロールできなくなってしまう。

 

だから悪いことと知りつつも自分を抑制することができずに犯罪との

境界線付近まで行き着いてしまう。

それが子供相手であれば自分をごまかせるだろう、社会の

中では正常を装っていられるだろうというずるさと愚かさが

蔓延している。

 

少々の悪いことぐらい誰でもすることはある。

悪いことをしたことがない人はほとんどいないはず。

ただ悪いことの大きさや小ささや影響の度合いなどで

許されやすさが違うもの。

 

人や周りへの迷惑や、人を傷つけたりするものかどうか、

それが発覚したときの自分への影響や心理、それぞれが

自分の中で自分の解釈と自己都合による基準でもって

瞬間的に半分無意識に、そして半分意識的に判断して

行動する。

 

その自分の中の自己都合的な基準が、以前は誰もが常識的で

かつ良識的な範囲内のものであったのが、今では相当麻痺して

いるのではないだろうか。

 

人によってその線引き(基準)と罪悪感の意識の格差が

大きくなっているような気がする。

 

犯罪に関わらず、需要と供給がマッチしていれば何をしても

許されるのだろうか。

 

そんな解釈なんて都合がよすぎるだけ。

そんな解釈は留まるところを知らず、自分に歯止めをかけることが

できずエスカレートしていき結果として犯罪に結びつくか、もしくは

誰かを傷つけ心の闇と後遺症の被害が拡大していくのだろう。

 

世界各国のように、銃乱射やテロ、核実験などの目に見える

すざましい犯罪や戦争めいたものではなくとも、目に見えない

悪質な出来事も、日本のちまたでは当たり前のように

起きていると思うとなんだか恐ろしい。

| | コメント (4)

2006年10月26日 (木)

Halloweenな感じで温まろう

Halloween_1

10月。
ここはまぎれもなく日本。
ですがこの時期、町のパン屋やケーキ屋の近くを通りかかると
店の前はハロウィンのディスプレイや創作菓子で飾られ
なんだかそこの空間だけ洋風チックな感じ??

 
その飾りやオレンジ色の暖かい雰囲気だけでもなんとなく
気持ちが暖かくなるような、そんな気がします。

今日は三日月が綺麗です。
秋の静かな夜。
せつなくもあり、穏やかでもあり、安らかでもあり、物悲しくもあり。
そんな物思いにふける夜です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年10月23日 (月)

実話劇場

   Mangakuratan_12color

   Mangakuratan_34color_1

   Mangakuratan_56color 

 

   私の職場にちょっと風変わりな人がいるんですが

   その人のとある“伝説”です。

   

   コンビニに自分で車で行っておきながら帰りには

   すっかり忘れて徒歩で帰るあたりもすごいけど、

   翌朝車がないことに気づき、それを 「盗まれた」 と

   思い込んでしまうのもなかなかないですよね(笑)。

    

   警察まで行きながら 「あ、犯人は俺だった」 なんて。

   すごいオチを地でいくそんな楽しい天然ボケキャラの

   人です。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2006年10月21日 (土)

気がつけば・・

Photo_18

最近はちょっと肌寒かったりして毛布にくるまって寝るんだけど

寝相が悪いもので、ハッと目覚めるとこんな状態になってます。

ウィンナーロールみたいでしょ。

でも私は煮ても焼いても食えません。はい。

きっとまずいでしょう。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年10月17日 (火)

yaccoブログ 写真のミステリー

Hensyu_5

先日の記事 「まんが賞 最終選考に残ったで賞」 の

文末に写真を掲載しました。

 

その写真にあるが・・・

  

写真の中の「ネームプレート」の一部の文字が消えている??

 

いったい何が書かれていたのだろうか・・・

 

何者かがそこを意図的に消したのか

あるいは超常現象・・?怪奇現象・・?

 

いやいや犯人はズバリ私でしょう♪

(ちびまるこちゃんの丸尾君調)。

 

たぶんね、そこは年齢が書かれていたのだと思われます。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2006年10月16日 (月)

感情や(BlogPet)

きょうは、momoが俳句を詠んでみようと思うの

 「

感情や 乱れてしまう 天気かな」


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「momo」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月15日 (日)

伝わるものと伝わりにくいもの

嬉しいことや楽しいこと、喜びや愛しく思う気持ちは

言葉がなくても、その表情だったり仕草だったり

触れ合ったりすることで十分相手にも伝わるもの。

  

そのことに特別な理由があってもなくても、HAPPY気持ちは

それだけで十分だから。

  

でも、苦しいことや悲しいこと、辛いこと、嫌なこと、せつないこと、

寂しいことは、その人の中に その人の中だけに

何がしかの理由があって、でもそんな気持ちだけに

自分の中だけに留めておこう、留めておきたいって思ったりも

するわけで。

  

だからよけいに

誰も気づかないし、誰にも伝わることがなかったりで。

  

だからよけいに

悲しさや寂しさや苦しさが増すわけで。

  

でもどうしても苦しいことや辛いことがあるときは

やっぱり 自分が

話したい、伝えたい、聞いてもらいたい、解ってもらいたい

と思う人に、できる範囲で構わないから心のうちを話して

少しでも楽になれば、とそう思う。

 

少しでも話してもらいたいってそう思う。

 

嬉しいことや楽しいことはそのままで十分だけど

苦しいことや辛いことはそのままにしておくわけにはいかない。

 

その気持ちから その状況から 少しでも開放してあげなければ

ならないし、少しでも楽にしてあげたいと思う。

  

だから、その人の中の苦しむ理由を 少しでも、ほんの少しでも

話してくれれば、痛みが分かるから、痛みを分かち合うことが

できるから、無理は言わないけど、やっぱり少しでも話してほしい。

 

そんな苦しい心の内は誰にも話せなかったりするけれど、

心のおける人、気の許せる人になら話せる部分もあり

大事な人だからこそ話したほうがいいこともあるわけで。

 

う思う。

| | コメント (9)

2006年10月14日 (土)

ツボネのメガネ

4koma_hensyu    

 なんかこの顔、ジャーナリストの江川紹子に似てない?

 彼女も私以上に正真正銘の「ツボネ」なのかもね(笑)。

| | コメント (2)

2006年10月13日 (金)

秋の空

Sunsethensyu2

去年の今頃に描いたイラストに色をつけなおしてみた。

ただそれだけ。(-д-;)オイオイ

それじゃ単なるネタの使いまわしだろ~。

いいのです。私の自己満足ブログなんですから。

| | コメント (0)

2006年10月11日 (水)

おせんちウーマン

Photo_16  

今回はちょっとおセンチ路線ですかね。

女心と秋の空といいますからね、

「勝手におセンチモード」入ってます。

  

それにしても、最近は便利な世の中になったもので、

大事な写真をビリビリと破ったとしても、手元に

データがあればすぐに復元できますからね。

しかも何枚も(笑)。

  

、ちなみにこの落書きはフィクションです。

あしからず。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

闇夜の月

あなたは言っていたね。

 

「信じることは難しい。

愛することは簡単なのに。」

 

と。

 

今の私がそう。

 

「嫌だ」ってどうして思うんだろう。

「嫌だ」なんて思わなければ気楽なのに。

どうして「嫌だ」という感情がつきまとうのだろう。

 

感情はなまもの。

コントロールすら自分でできない。

 

信じようと思えば思うほど

不安にかき立てられる。

 

信じたいと思えば思うほど

心が乱れてしまう。

 

こんなことじゃいけない

心を強く持たないといけない。

 

 

信じる力があると 信じたい。

************************

 

さわやかな秋晴れの天気も、日が暮れたら

闇夜に変わります。

そんな私も一喜一憂の毎日。

今日は一転して自分の中の思考と感情が

闘っています。

闇夜の中で煌々と輝く月はとても綺麗ですね。

 

お月様、私をなぐさめてくれますか?

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年10月 9日 (月)

まんが賞 最終選考に残ったで賞

Hensyu_3

先日、地元新聞社制作のフリーペーパーで「まんが大賞」の

企画があって、それに応募したのですが、見事落選しました

(当たり前だけど)

  

その企画の主催は新聞社で、協賛は某ビール会社。

  

県内にそこのビール工場があるのですが、そこは一般開放型の

ビール工場で、ビール工場見学ツアーや試飲が出来たり、広い

公園があったりと、一般客が気軽に足を運べるような施設に

なっています。

  

まんが大賞の入選作品(大賞1点と佳作5点)と最終選考に

残った作品を、そのビール工場ロビーに貼り出します、とのこと

だったので昨日9日に行ってきました。

  

他の最終選考に残った作品を見てみたいというのと

もしかしてもしかすると・・なんて淡い期待、いや過剰な期待も

あったりしたわけで。

  

そしてロビーの一角に「まんが大賞」の受賞作品と

最終選考作品が貼り出してありました。

  

な、なんと、私の作品もあったではないですかー!

(≧∇≦)キャー♪

  

「あー!私のマンガがあったー!!」

  

周りに人がいることもお構いなしに

ついつい叫んでしまったわけです。はい。

  

これって、2割は、、いや、7割は自慢話ですな。

( ̄▽ ̄;)アハハ…

 

そのときの写真もバッチシ撮って来ました♪

(更に自慢っぽいね)

最終選考作品10点のうち、上の段の右から2番目が

私のヤツです。

   Photo_12

   Photo_13

   Yacco_3

| | コメント (7)

2006年10月 8日 (日)

もの思いにふける秋

   _061001

 秋は秋で物悲しくなっちゃったりもするけど、

 なんだか美味しいものも食べたいな~なんて

 空想しながらウットリ・・。お仕事しましょうね♪

 空想&妄想は得意です。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年10月 7日 (土)

秋の夜長にスラムダンク

   2_061001_1

 

秋真っ只中ですね。

月が綺麗な夜です。

  

こんな秋の夜長は読書で心を落ち着かせたり。

読書とはいっても、今私が読んでいるのは「スラムダンク」。

まあ、コミック本ですな(笑)。しかも借り物!

でも面白い♪

  

プロの漫画家の描写やストーリーの面白さは絶賛ものだわ~

などと別のところにも感心したりして楽しんでいます。

  

小説やエッセイやドキュメンタリーものや写真集も大好きだけど

もちろん漫画も大好き。

いくつになっても漫画はやめられません。

| | コメント (0)

2006年10月 5日 (木)

おつぼねウーマン劇場

   4komahensyu_061001

          おつぼねウーマンは今日も元気です。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年10月 4日 (水)

競争社会の生み出したもの

いつからなのか分からないけど、

昔からそういう部分もあったのだろうけど、最近は

自分さえ よければそれでいい

って感じの風潮に満たされているような感じがする。

  

相手への思いやりや相手を思う気持ちっていうのは

持ち合わせていない。

心にも余裕がないのだろう。

  

そんな心理は競争社会が生み出したのだろうか。

  

少しでも自分を良く見せたい、優位でありたい。

自分が人の上をいくことで自分の存在が保たれる。

  

この社会、この組織、この世の中で生き残るためには

自分が人より優位に立たなければならない。

 

だから自分の下に位置する存在が必要になる。

 

だから自分より下の人をあえて自分と同等以上の位置に

引き上げてあげようと手を差し伸べることがない、

手を差し伸べることができないのではないだろうか。

  

助け合いの精神も未だに存在はしているだろうけど

もし昔と今を定量的にとらえることができるなら

今の方がそんな精神は少なくなってきているのでは

ないだろうか。

  

それは悪意のあるものでもなんでもない。

必然的にそうせざるを得ない環境・社会になって

いるから。

 

それぞれの生活や守るべき大切なものや趣味や娯楽や

お金やいろんなもののために、この場所で自分の世界や

存在を維持していくには普通に必要なものだから。

必然性のもの。

  

でも豊かさの上に成り立った現代社会では、自分が

より優位で豊かでないといけない、生き残れないという

歪んだ価値観生み出しているようなそんな気もする。

 

それが人への思いやりや助け合いの精神の希薄さに

結びついているのではないだろうか。

うーん、我ながら なんだか真面目路線だ・・

| | コメント (3)

2006年10月 3日 (火)

フラワーメッセージ

       突然ですが

      Yacco1_2

      Yacco2_2

     ※本画像は動きません。あしからず。

フラワーロックと同じ類のもので、一応動いているつもりです。     

      Yacco3_2

  な、なんかブツブツつぶやいてますよ・・     

      Yacco4_2

 動いているつもりの動かない画像フラワーyaccoでした。

 失礼しました!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年10月 2日 (月)

とか思ってるよ(BlogPet)

ほんとうは、yaccoは
こないだ、yaccoが静か****************************************
とか思ってるよ。
とか言ってた?

*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「momo」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月 1日 (日)

運命にあやつられて

Hensyu3_1    

 

なんでしょうね。このおサルさん。

 

あの巾着袋には何が入っているんでしょうね。

 

幸せ? お金? 仕事? 愛? 若さ?

チョコレート菓子? コミック本?

大切なもの? 時間?

 

だれでしょうね。あのヒゲの人。

 

私の人生をあやつる「なにものか」「なにか」

なんでしょうかね?

 

それにしてもラジコンで操作されているよ・・

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »