« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2006年9月30日 (土)

大人は子供じゃない

大人は子供じゃない

  

だけど、子供のよい部分はそのまま変わらずに持っていたい

たとえば 

素直な心 純粋さ 柔軟性

  

だけど、子供のような稚拙な部分は捨て去りたい

たとえば 

わがまま 自己中心性 忍耐力の欠如

  

人間の気質や性格は 善しも悪しも表裏一体

  

いい部分も角度を変えれば悪い部分

悪い部分も角度を変えれば善い部分

 

だから悪い部分があるのは当然であり

それはどうしても自分の中に存在するもの

  

それを自分の本質の一部であることを

認めることも大切なのかもしれない 

それを否定する必要はない

それが自分なのだから

  

でも人との調和や社会の中での調和を保つためには

それが障害になったりするわけで

  

だから子供の稚拙な部分や悪い部分は持っているとしても

大人になったら それを自分の中でコントロールして

そのときそのときで 

切り替えたりしていかなければ ならないのだろう

  

誰にでも願いはある 願望はある 嫌なものはある

そういう自分の気持ちが

いつでも優先されるにこしたことはない

  

だけど 世の中必ずしも自分の思う通りにはいかない

思い通りにならないことの方が多い

  

希望や願望はかなわないことが多いわけで

嫌なことや辛い現実も受け入れなければならないわけで

  

思い通りにいかないからと 子供のように大泣きして

だだをこねるわけにもいかない

 

それは十分わかっている

分かっているから ひっそりと誰もいないところで

泣くしかないのだろう

  

そうやって自分を抑えることを身に付けていく 

大人になるにつれ

 

だけど 自分のささやかな希望や願望や信念は

あきらめることなく押し殺すことなく 

心の中に持ちつづけたい

  

自分の思いが どう転んでも

その現実を素直に受け入れる自分の対応力が

大切なのだから 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

それぞれの道

昔のブログを見ていた。

ある人の。

懐かしい。

   

みんな元気にやっているだろうか。

 

学生時代の友人。

バイト時代の仲間、先輩、店長。

会社の元仕事仲間。

病気と闘っている仕事仲間。

ブログ友達。

  

それぞれが それぞれの道を歩いている。

たぶん いやきっと元気でやっていることだろう。

  

誰にでも自分の世界がある。

自分の日常がある。

  

そんな一人一人の日常が集まり

それぞれが少しずつ部分的に交差し

その人のオリジナルな人生が存在する。

  

そんなそれぞれの日常が

ひとつの大きな空の下に存在している。

  

みんなそれぞれに頑張っているであろうと信じて

私も 自分の日常をこれまで通り過ごしていきたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月27日 (水)

お仕事ウーマンのひとりごと

仕事に関するひとりごとです。

今日は真面目なお仕事ウーマンです。

   

ふと思えば、仕事を長くやってきました。

ここまでやってくるのに、なんだかんだありました。

   

なんだかんだありましたが、しぶとく残っています。

移籍するしないとか、人が少ない中で業務ノルマに対して

実績が出てないだの、労働問題や不条理なことは

たくさんあるのですがなんとかやっています。

  

メカニズム解析だとか要因分析だとかに行き着く前に

追われるままに評価やって⇒結果を出して⇒

よく分からないけどよかったからOK

   

などと根拠や原因を特定できてないまま進んでいくというパターンが

多いですね。私も、この部も、本社も・・全体的に。

  

腰が弱いままスピードを上げて走ろうとするから転びやすく

なっているような、そんな気がします。

  

こんな機会に、じっくり考える時間と気持ちの余裕をもたないと

いけませんね。

日常の雑事に追われてばかりじゃ進歩はないのかもしれません。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年9月24日 (日)

落書き ~好奇心~

   4koma_1

    

  この間のあやしいTBが貼り付けてあった件で、

  わざわざ内容を見てみた自分がなんだか滑稽で

  面白かった♪♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年9月23日 (土)

落書き ~仕事が・・・~

   4koma

  

   あらあら、またくだらない落書きを描いちゃいましたよ。

   

   “仕事が手につかない” とき、ありませんか?

   

   いやいや、だからといっていつも集中しているわけでもなく、

   仕事が手についている方がむしろ少ないんですけどね(汗)。

   

   まさに「ココロここにあらず」状態ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月20日 (水)

もしも

もしも違う道を選んでいたら 私はどうなっていただろう

   

もしも ここに生まれていなかったら

もしも この学校に通っていなかったら

もしも 進路をこっちにしていたら

もしも 違う職業を選んでいたら

もしも 違う人を選んでいたら

   

何もかもが違うものになっていただろう

  

人生のそれぞれの分岐点において

自分はそれを選んできた

選ばざるを得なかった

  

もしも別の道を選んでいたら

今私が抱えている

悩みも 苦しみも 怒りも 悔しさも 辛さも せつなさも

なかったであろう

  

だけど 同時に

ささやかな楽しみや 嬉しさや 感動や 喜びや 尊さも

なかったであろう

出会いも

  

違う道を選んでいたら

また別の苦しみや悲しみに直面しているだろう

別の感動や喜びに出会っていただろう

   

もしもなんて

過去を変えることの出来ない今

どうすることもできない

  

どうすることもできないから

そんなことを思ってみたりする

でもその過去を築き上げてここにいるのが今の私

  

苦しいときやつらいときは

どうしてこの道を選んだのかという後悔

   

ささやかな幸せを感じるときは

ここまできてよかったという安堵

   

今がつらいから過去を恨めしく思う

その過去があったから今のささやかな喜びがあるのも事実

   

そのときそのときの 気持ちの持ちようで

自分の今いる地点への評価も変わる

  

過去を変えたくても変えられない今

かといって今を変えたくても変えられない

そんな臆病な自分も今ここにいる

  

これからのことを 未来のことを

どうにかして 切り開いていくしか

今はできないのかな

でも どうやって

| | コメント (2) | トラックバック (0)

性のこと

先日、またあやしげなトラックバック(TB)が貼り付けてあった。

   

「我慢できなくて・・ハァハァ・・」

   

っていうタイトルのやつ。

   

我慢できないからって、何の関係もない私のブログに貼り付けなくても

いいでしょうが (`□´)コラッ!

   

今までも、前のブログでも何度かこういういかがわしいTB貼り付けられた

ことはあったけどね。

   

でも今回好奇心旺盛なヤッコは怖いものみたさで、中身を

見て見ましたよ。  ゞ( ̄∇ ̄;)ヲイヲイ アンタモヤラシーネー

   

そしたら女子大生を名乗る女の子のブログで、要はエッチ誘い系

でした。

   

直接のエロいサイトではなく、ブログの形式だったんだけど

文章はちょっといやらしかったなー。

   

その女子大生とやらが、飢えたように男を求めていて、

えらく露骨な言葉と表現で自分が関係したことの内容を

つらつらと書いていた。 (どう見ても嘘っぽかったけどね)

   

彼女のブログのところどころにリンクが貼り付けてあって、それは

全て彼女のプロフィールシートとメール送信用のリンクだった。

 (それを確かめる私もちょっと変かしらね(笑))

   

でもあの露骨な表現と文章は本当に本人が書いているのだろうか?

  

女の子の顔写真は載ってて可愛かったんだけど文章があまりにも

きたない・・

   

こういうのを喜ぶ人もいるんだろうけど、この内容はとても

女性の感覚とは思えないな。

   

男が自分勝手な妄想をもとにして、ウケ狙いや何か怪しい目的で

書いているんじゃないかと。

   

まあ、正常でも健全でもないのは確かだけどね、女の感覚で

こんな風に書けるかなーとギモンに思ったりしたのね。

   

男、女でも性の感覚は全く異なるし、個人でも違う。

   

だから何が普通で何が異常でどこからが変態かって

そんな境界線ははっきり分からないのだろうけど。

   

少なくとも、女は心で感じて初めて体で感じるものなんだと思う。

     

男性はどちらかというと衝動的な部分も持ち合わせているよね。

終わりもはっきりしているし。

イメージでいうとデジタル系?

   

女性はどちらかというと受身的。アナログ系かしらね?

自分からムラムラすることはほとんどない。

(個人差もあるかもしれないけどね、男よりは少ないと思うな)

   

相手の心や体に触れたり触れられることによってじわじわと

心地よさを感じたりするもの。(なんじゃないかなー)

   

相手のことを「好きだ」と心から思えたとき、相手から「好きだ」と

気持ちを表現されて初めて体が感じるのではないかと思う。

   

男の人がそうじゃないっていうわけじゃないし、男も基本的には

女と同じだと思う。

ただ男は心と切り離してたところでも性が成立しやすい(女よりは)

っていうところなんじゃないのかしらね。

   

単に身体的な快楽だけを求めるのであれば、気持ちは関係ない

のだろうけど、それだったらトイレに行って用を足すような

ただの生理的現象にしかすぎない。

   

それでもいいのだろうけど。

生理的現象で片付けてしまってもいいのだろうけど。

   

でも私たちは人間。

   

動物でもあるけれども人間でもある。

   

心や気持ちを伝え合うことの無い、ひとりよがりのSEXよりも

相手を愛しいと思い、相手から愛されるSEX、

大切な人を大切に思う、そんな気持ちを確かめ合うSEX

であれば全くその意味合いは変わってくるだろう。

    

それが人間としての男と女の性のあるべき姿なんじゃないかな。

  

単なる発情期の動物にはなりたくないよね。

人間だもの(みつを風)。

   

SEXは下品でエロいだけの自分勝手で動物的な行為にも

なりえるし不潔な印象も否定できない。

でも同じものでも、愛する人と最大限にコミュニケーションをとる

究極の愛情表現の行為にもなりえる。

   

自分の中の位置づけ次第では全く違うものになる。

   

愛と性について真面目に考えてみましたよ。

   

だからそのTBは女の子が書いたにしてはうさんくさいなー、

んて思ったりしたんだよね。

女性の性の感覚とはなんか違うもの。

   

男の人だって誰もが変態じみてるわけじゃないし、単にスケベ

なだけじゃないと思うけどね。

    

それにしても、下品でいかがわしいリンクはご遠慮願います!

貼り付けてあったTBはいかがわしそうでも、怖いもの見たさで

一応中身を覗いてみて((◎д◎ ))ゝヒョエ~~!! 

となるヤッコでした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年9月18日 (月)

時を歩く(BlogPet)

こないだ、yaccoが
*****************************************
とか思ってるよ。

*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「momo」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月17日 (日)

まんが賞 落選したで賞

2

地元新聞社制作のフリーペーパーにて「まんが賞」なる企画

漫画の作品が募集してありました。

    

私は最初それを知らなかったのですが、隣の席のアイツが

   

「ヤッコさん、そういえば“まんが賞”の公募をやってたみたいですけど、

知ってました?」

   

と言うので、帰ってその応募記事をチェックしてみると、なんと

締め切りは3日後ではないですか!? (≧◇≦)エーーー!?

   

なのでこれは応募しないわけにはいかないと、気合だけ入ったわけです。

大賞5万円+副賞(1名)、佳作1万円+副賞(5名)だからね。

   

でも今から描いても間に合わなさそうだから、今までの手持ちのヤツで

適当なものを選んで出すことにしました。

   

で、応募するに当たって応募要領をよく読んだのだけどいくつかギモンが・・。

    

応募要領や決まりは忠実に守るべし、という基本を満足するべく、

ヤッコはすぐさま編集室に問い合わせの電話をしましたよ。

かも根ほり葉ほり、執拗に聞きまくりました。

    

仕事でもこのくらい執念深く、情熱をもってやれればいいのにね(笑)。

仕事となると、こんな熱心さと積極さはからきし

ないんですよね~ ( ̄∇ ̄;)ヲイヲイ

   

で、過去に描いた手持ちの4コマ漫画と1コマ漫画を2点応募

したのだけど、16日(土)の紙面発表で見事に落選しました。

あたりまえだけどね(笑)。

しかも新たに描きおろしでも何でもなく既存の作品を使って

入賞しようなんて図々しいよね~。

そんなにうまくはいかないね♪

    

ま、地道に描き続けてレベルアップして次回頑張ろう~。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006年9月14日 (木)

またくだらないけど・・

    4komablogkaitumami

  

   会議中とか、人と話しているときとか、考えごとを

   しているとき、ふと、ある言葉について妙にピピっと

   アンテナが働くときがあるんです。

                                

   そういうとき、描いてみたりするんです。

    

   まあー、またくだらない落書きをしちゃったかな。

    

   かいつまんで話すとそういうことだね♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年9月11日 (月)

これは なんの生物?

          Kubinaga_yacco

なんでしょうね?コレ??

   

ヤッコは何かを待っているのでしょうか。

    

宅配ピザを待っているのかな?

コーヒーを入れるためのお湯が沸くのを待っているのかな?

   

待ち遠しくて首が長くなってしまったようです。

   

時間って私にとってはとても大事なもの

時に 早く過ぎてほしくもあり

時に ずっと止まってほしくもあり ゆっくり過ぎてほしくもあり

   

要は自分に都合がいいだけなんだけどね(笑)。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2006年9月10日 (日)

ホッと ひといき

   Coffe_time_dreamer

   

         今日は どんより天気

         

         私の気持ちも

         お天気のように

         明るくなったり 暗くなったり

         晴れたり 曇ったり

            

         今日は どんより天気

          

         曇り空の はるか向こうを 見ながら

         思いにふける

          

         こんな日は

         コーヒーでも飲んで

         まったりと くつろぐとしようかな

  

| | コメント (3)

4コマ劇場 ~今話題の人?~

    Hanketu_2

    

     気分がイマイチだったときでもせっせとしたためました。

     こんなくだらない4コママンガを・・。

     しかも話題すぎてるし・・・( ̄へ ̄|||) ウーム

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年9月 9日 (土)

ヤッコ なまはげ状態になる(続き)

待ち時間もなくて、飛び込みで入れる美容室を意地になって

車でウロウロして探し回って、なまはげ状態になったヤッコでしたが

(前回記事参照)

   

「あー・・もう疲れた・・・。今日の散髪は無理かな~・・・」

   

とあきらめかけて帰ろうと、ある交差点に向かう手前の左手に

美容室らしき店が目にとまった。

   

インテリアショップのようなウッド調のこじんまりとした店。

Hair」と書いてあったのでおそらく美容室なのは間違いないようだ。

“ふーん、なかなかナチュラルでシャレた感じだし客もいないみたい。

場所的に目立たないところにあるからかな・・派手すぎず地味すぎず

いたって普通で私的にはちょうどいい感じ?”

  

一旦通り過ぎたものの、再度車をバックさせて店の駐車場に止め

思い切って店内に入った。

   

「あのー・・・、予約していないですけど、今からいいですか・・?」

     

「いいですよ(あっさり)。通りがかりの人ですね」

   

「はい(ウッ、バレテル・・)」

   

店の中も雰囲気がよくて、その時間は人もいなかったから

すぐに取り掛かってくれた。

   

ちょっと無愛想なお兄さん美容師だったけど、手際もよくて

私の「こういう風にしたい」というイメージを親身に聞いてくれて

なかなかよかったかな。

    

今までのところはあまりにも慌しすぎて、ひとりの客に丁寧に

構っていられない余裕の無さを感じていたからね。

    

カットした仕上がりも私のイメージに近い感じになったので

それまでのイライラもすっかり吹き飛んでしまった。

   

でも、最初「どんな風にしますか?」と聞かれ、

    

ヤッコ「あのー、ここら辺を短くして、かくかくしかじか・・

   で、例えていうなら『木村カエラ』みたいな感じに・・」

    

自分で言った後なんだかとーっても恥ずかしくなってしまった。

しかも美容師のお兄さん、リアクションがなかった!

 Biyouin2_1

私が木村カエラになりたいわけじゃないのよ。木村カエラのような

髪型にしたいのよ、って弁解したくなったけどそれもまた

変だからあえて何も言わなかったけどね(笑)。

   

たかだか散髪するのにえらく労力使っちゃった。

    Biyouin3_2

うーん、自分を美化するのはほどほどにしておきましょうね。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年9月 6日 (水)

ヤッコ なまはげ状態になる

日曜日、朝からおもむろに

「髪を切りに行こう」

と思い立った。

   

自分の中でいろんなことがモヤモヤしていたことと、

前回髪を切ったあと、イマイチまとまりが悪くて気に入らない

ところがあったから。

   

前に行った自宅近くの美容室に行こうと、朝9時半頃行くと

もうお客さんでいっぱい。

   

そこは予約制なしで割と安いことから客も多い。

朝の順番争いが最近は過熱気味で、私が行ったときには

開店30分後だったけど、既に「2時間待ちです」と言われた。

   

仕方ないけどそれでもいいと、受付台帳に書いて一旦家に

帰ったものの、カットだけなのに2時間待つのもバカらしいので

どこか他に美容室はないかと探すことにした。

   

同期の子が通っているという美容室が割と近いから行ってみようと

車で出向いたところあいにく店休日。

   

想定外だったけど、もう家に戻るのも面倒だし“散髪をする”という

気分の勢いに任せてそのまま他に美容室はないか車でウロウロ

してみた。

   

でも飛び込みで知らない美容室に入るのは結構勇気がいるのね。

  

今日は早く髪を切りたいから空いている方がいいけど、でもあんまり

客がいないところは、人気が無い=下手orセンスがない のではないか

という不安もあったりして。

   

で、結構ここはよさそうかなってところに行くと、第一日曜日だったからか

店休日のところが多かった。

   

他の開いている美容室はやっぱり予約優先で込んでいて、

「早くて3時ごろです」 とか 

「夕方頃だとたぶん空いていますが」

とのこと。今はまだ朝の10時半。

   

もう半分意地になっているので、すごすご帰って午後か夕方に

出なおしたくもない。

かといって、これまで行っていた店もキャンセルしてしまったから

もう一度行ってもまた2時間待ちになるのは目に見えている。

   

今からでもどこかすんなり入れる美容室はないかと、だんだん躍起に

なってきてイライラして、車を運転する手つきもだんだん荒くなってきた。

   

でも飛び込みで空いている都合のいい美容室なんてないよね。

  

車で1時間ほどうろうろしながら、どこかないか、どこかないか・・・。

開いている美容室はないかー・・ 空いている美容室はないかー・・

焦り。

もうだんだんどこでもいいようになってきた。

   

だんだん美容室へのこだわりがなくなり開いているところなら

どこでもよくなってきた。

そんな私は、例えていうと「なまはげ状態」

こんな感じでね↓

 Biyouin1_namahage_1

計画性のない行き当たりばったりの性格ってほんと損だね。

  

はたして、ヤッコ、午前中のうちにすぐに入れる美容院を

見つけることができるのか・・・ (つづく)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年9月 4日 (月)

なんとなく 夕焼け空(BlogPet)

きょうは、blogするつもりだった?


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「momo」が書きました。

| | コメント (0)

2006年9月 3日 (日)

yacco状態図 ~それから~

   Yacco_

自分の殻に閉じこもったヤッコ。

その後はどうかというと、こんな状態。

   

まだちょっと不安なところ、不安定な部分があって

殻から出てこれていません。

   

でもちょっと気分が落ち着いてきたので

少しだけ殻を開いて様子を伺っているのです。

   

ヤッコの観察日記がかけそうかも。

気難しい生態かもしれません(笑)。

でもこれじゃ嫌われちゃうよね。

  

あ、でもエサはなんでも食べます。雑食ですので。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年9月 2日 (土)

静かな夜 眠れなくて 描きました

Meiousei_1

殻に閉じこもったはいいけど、眠れなくて。

寝ようとするけど眠れなくて・・。

  

長い夜になりそうな今夜、どうしようかと。

   

で、数日前に描いていた下書きの絵を

ペンで清書してパソコンで色をつけたりして

仕上げました。

   

絵を描いている間は、何も考えずにそれだけに

集中することができる。

たとえくだらない絵でも。

   

思考回路は絵を描くことで満たされ、余計な雑念を

排除することができる。

   

そんな静かな長い夜を過ごしている私です。

   

冥王星なんて小さいからと勝手に決めつけられたりするけど

私のココロのちっぽけさにくらべれば 太陽より 宇宙より

宇宙をとりまく、なんかわからない世界よりはるかに規模は

大きいと思うんだけどなー。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年9月 1日 (金)

yacco状態図 ~自分の殻~

    Yacco_2 

いつものように、普通に

明るく振舞おうとするけど

明るく振舞えない

  

とっても無理をしているような自分が分かる

   

かといって、悲しい表情や暗い顔や嫌な自分を

見られたくない 見せたくない

   

心配をかけてはいけない

自分のせいで嫌な思いをさせたくない

   

でも自然な笑顔で

明るく優しく振舞うことが

今の私にはなかなかできなかった

   

嫌な自分が出てきそうになった

そんな嫌な自分は見せたくなかった

   

でもスマイルなんて余裕はなかった

   

だから

仕事が終わって

別に早く帰る必要などどこにもないのに

   

その場を早く去りたくて

会社という世界から 自分を切り離したくて

逃げるように帰ってきた

   

そして今日一日は

自分の殻に閉じこもる

   

今夜一晩

今夜一晩 自分の殻に閉じこもったら

   

また明日

そーっと 殻を開けて

そーっと 周りをきょろきょろ見渡して

   

朝の新鮮な空気をすって 深呼吸すれば

  

きっと

殻から抜け出すことができるだろう

  

今日だけ 殻に閉じこもらせてください

***********************************

上の絵、髪の毛がチョロっと出てるのがポイント。

自分の殻に閉じこもりながらも、自分の存在を

さりげなくアピールしていたりするのよね。

 

自分の殻に閉じこもりながらも自分に気づいてほしい

構ってほしい慰めてほしい、なんて思っちゃう

わがままな私なのです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »