« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2006年8月30日 (水)

時を歩く

今朝は久しぶりに早朝ウォーキングに出た

家を出たのは朝5時25分

   

前回早朝ウォーキングに行ったのは8月21日

約10日ほど前

   

たった10日間の間に世界が少し変わっていた

  

外の明るさ

少し前までは5時半でもまだ明るかった

ここ最近は明け方の日の出の時間が少しずつ遅くなり

同じ時刻でも夜の明け方が変わっていた

  

外の音

少し前までは、健康パークに行く道のりに聞こえるのは

カエルの鳴き声だったのが、今日歩きながら耳に聞こえてくるのは

鈴虫やコオロギの鳴き声だった

   

少しずつ変わっていっているのだ

たった10日の間でも

   

時は確実に進んでいるのだ

季節は駆け足で過ぎ去り、もう次の季節へ

移ろうとしているのだ

   

外へ出なければいけない

とにかく歩かなければいけない

   

外に出て自分の足で歩かなければ何も見えない

何も気付かない

   

時は確実に進んでいる

季節は変わる

世界は変わる

   

できればそれを自分の肌で感じた方がいい

   

卓上カレンダーを見つめ月日の経つ早さを憂うより

何もしないで外の景色や周りの変化に気付かないより

   

外に出て自分の足で歩いた方がいい

   

外の流れに 歩調を合わせなくてもいい

の流れに 焦る必要はない

   

遅くてもいい 自分の歩調で

   

時には休憩したり立ち止まってもいい

疲れたら休めばいい

雨が降ったら雨宿りすればいい

寒ければ一枚余分に着ればいい

   

自分の足で歩くことで何かを感じる

自分の足で歩かないと何も感じない

   

匂いも 音も 明るさも

暖かさも 冷たさも 風の優しさも

   

自分で何かを感じ取ることが

   

とても大切であるような

次の自分につながるような

  

そんな気がした

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年8月27日 (日)

4コマ劇場 ~下請法の教育~

    4komashitaukehou

 

先日、会社で下請法の教育を受けました。

親業者が下請け業者の 不利になるような不当な行為をしては

ならないという法律の話。

  

ですが、このマンガはその教育内容とはほとんど

関係ありませんので(笑)。

   

☆ここのところ、この手の4コマばっかりだね(苦笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年8月26日 (土)

4コマ劇場 ~連休ボケ~

     4komarenkyuboke

 8月の連休(お盆休み)も終わって久しぶりの仕事。

 「連休ボケ」ということにかこつけて、なんだかだらだらした

 一週間でした(汗)

|

2006年8月22日 (火)

4コマ劇場 ~恐怖におののく金魚たち~

    4komakingyo2

可愛い金魚が二匹うちにやってきました。

   

コイキングが死んでショックだったけど、なかなか懲りていない私です。

   

金魚がひらひら泳いでいる姿に私は癒されているわけだけど

もしかしたら水の中の金魚から見たら私の顔ってこんな風に

見えるのかしらね(笑)。

  

あんまりじーっと見たら金魚にとってはストレスになるかもね!

| | コメント (5)

2006年8月20日 (日)

新たなるコイキング二世

Dscn1858

この間,、二年も育てた金魚のコイキングが私の不注意で

死んでしまった。

  

もう生き物は可哀想だから飼えないと思っていたのに、昨日

夏祭りで金魚すくいをしてあっさりと二匹持って帰ってきてしまった。

 

コイキングの生まれ変わりとしてまた可愛がってあげたいな。

  

犬や猫や鳥など、人間の存在を認めて、人間と共存して生きていく

動物は別として、亀や爬虫類や魚などの生物は、自然界に自由に

生きるのが生物の本当の幸せだと思いながらも、気軽に金魚を

飼おうとするこの矛盾した私の行動。

それこそ人間のエゴかしらね。

| | コメント (10)

2006年8月18日 (金)

4コマ劇場 ~新人教育~

     4komayasukokyouiku_2

      新人の頃の初々しい私のココロはいずこへ・・・

| | コメント (4)

2006年8月17日 (木)

今日の日記は「昔の日記」

先月たまたま実家に帰ったときに、幼い頃の写真や思い出の品が出てきた。

    

Diary_1その中でも、印象的なのが子供の頃に

書いた日記帳。

小学6年の頃から中学生時代にかけて

書いた、まさに「中学生日記」。

                                                                                                                

   

まだ全部のページを読み返してはいないんだけど、パラパラと読んでみたら面白いの何のって。

   

おませな乙女のヤッコが書いている内容は、ほとんどが好きな男の子の話。

しかも自分だけの日記というだけあって、リアルな本音がたくさん書かれて

あったりして。

    

ここで全内容を紹介したいぐらい面白いし可笑しい。

   

それが、小学生~中学生と、幼ければ幼いほどその書いている

大人びた内容とのギャップがまた幼さを助長していて、恥ずかしい

くらい。

   

その中で、ふと目に付いた私が書いたポエムを紹介しましょう♪

   

題: ★大人+マニキュア★ 作:14歳の頃のヤッコ

   

足のつめに そっとぬった マニキュア

つめのまわりを ひんやりとした

大人の空気に つつまれた

   

左手の小指も 大人になってみた

そのにおいは マジックのにおいと同じだった

まだ かわききっていないのに

真っ白なティッシュでふきとってしまった

大人になりきってしまうのが こわかったから

つめのすみには まだ残っている オレンジの日本列島

やっぱり大人には なりきれなかった

そのにおいは マジックのにおいと同じだった

   

大人になりきれなかった私・・・

   

この詩を書いていた実際のページがコレ↓

Diarypoem_3

そのほかに、こんなオモロイ恋の妄想ストーリー↓が・・

Diarydorama_3

最後の

「な---------------んつって!」

   

がまた可笑しかった!

上の余白に描いているコテコテの少女マンガ風の絵!

あの女の子、私?

あのパーマっぽいヘアスタイルの男の子、ダレ??

しかも、その横に書いてある、ハイヒールの足はいったい何???

   

まあ、これを読み返して思ったことは、この頃から書き記すことが

やっぱり好きだったんだなーって思いました♪ 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ばあちゃんとの再会

昨日は久しぶりに、ばあちゃんのところへ遊びに行って来た

   

「グリーンヒル」という、小高い丘の上にある、日当たりのいい

老人擁護施設グループホーム。

   

ばあちゃんは、ヘルパーさんのお世話の元で、他の入所者の

おじいちゃんおばあちゃんたちと共同で生活をしている。

   

私が来ると 「おや?だれだったかいね?」 という顔で見るばあちゃん。

なんとなく顔を思い出したようだけど 「名前は何だったかね?」 と言う。

 

「やすこだよ」

「あー、やっこちゃんだね」

   

色あせて薄くなった記憶のピースがようやくまた少しずつ部分的に

繋がりつつある瞬間。

   

前回遊びに行ってからまたずい分月日が経ってしまったけど、

ばあちゃんの時間の流れは思った以上にゆっくりと、止まって

いるかのようにゆっくりと進んでいた。

   

「ばあちゃん、何歳になった?」

「ん?八十八だよ。八十八。」

前回来たときも八十八歳と答えていた。

今年の3月に誕生日を迎えているはずなのに。

もう90歳を超えているのは確かなのに。

   

ばあちゃんの中の時間もすっかり止まっていた。

   

私が訪れた時間はちょうどおやつの時間だった。

8人ほどの入所者のおじいちゃんおばあちゃんが、ゆっくりと

それぞれのペースでテーブルにつく。

そして小さなモナカと牛乳が一人一人に出される。

   

ヘルパーさんの動きとは対照的におばあちゃんたちの動きのスローさは、

映画の中の特殊な映像処理をしているかのように別の世界を思わせた。

   

キティちゃんのマグカップで牛乳をゆっくりと飲むばあちゃん。

   

皆何を話すでもなく、遠いどこかを見つめて、目の前の床を眺めて

それぞれがそれぞれの世界の中にいた。

   

自然に命を全うするまでの時間を幸せに、できるだけ不自由なく

過ごすという一種のホスピス。

    

ばあちゃんは、「ここは何の心配も無くていいところだよ」 と言った。

   

ほんとにそう思う。

   

それだけの生活をするのにはお金は必要。

   

だけど、それによって生活と心の安定と介護が保証されている。

肉親による世話ではないけれども、割り切ってしまえばそれが

ばあちゃんたちにとって幸せでもあるのかもしれない。

    

ただ、私たちができるかぎり顔を見に行ってやって、記憶が完全に

なくなってしまわないように、今までの人生の記憶が薄れて

しまわないように、過去を共にした私たちが時々でも一緒に時間を

過ごすことで、ばあちゃんの幸せがより本物になるんじゃないかなー

なんて、そう思ったりした一日だった。

   

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年8月16日 (水)

知られざる ぜい肉の技

Zeiniku12_3

かなりやばいですね~。

私の二の腕はもちろん「たるんだぜい肉」状態。

自分で触るとぷにぷにして気持ちよかったりもするんですね。

でもたるんだだけのぜい肉では終わりませんよ!

続きがあるんです。

ね?すごいでしょう(笑)。

二の腕のぜい肉に自信がある方、是非試してみてください。

外側から見ると本当に筋肉が盛り上がっているように見えます。

だからなんだって言われるとどうしようもないね・・・(笑)

Zeiniku34_1

| | コメント (5)

2006年8月12日 (土)

美容院のイス

今日は久しぶりに美容院へ行って髪を切ってきました。

  

今までずっと来てなかった分、一気にまとめて済ませようと

カットとカラーとパーマ。

  

しかも私が行っている美容院は予約制ではないので待ち時間も

長かった・・。

そして人も多かった・・。

  

カットとカラーとパーマでずっとイスに座りっぱなし。

疲れた・・。

  

最近の私はダイエットをして体重が少し減ったから

肉厚だったオシリが薄くなったのよ(ほんとか!?)。

   

だから長時間、イスに座っているとオシリと背中が痛くて・・。

   

美容院はスタッフの技術やセンスももちろんだけど、「イス」も

大事な要素かな。

   

見た目がおしゃれなイスの方が店の内装イメージもいいけど

やっぱり、機能性や実用性も重視してほしいなー、なんて

思うのはやっぱり私が年をとってきたからなのでしょーか??

   

もっとクッションのきいたイスとか座布団(クッション)サービスとかで

長時間でも体が痛くならないような工夫があるといいなぁ~。

   

★明日から実家に帰りますのでブログは15日ぐらいまで

 お休みするかもしれません。

 帰ってきたらまた更新します♪

| | コメント (4)

2006年8月11日 (金)

球根

チューリップの球根のように

スイセンの球根のように

   

目には見えないけど 表には出ていないけど

   

土の中で

ゆっくり ゆっくり

   

去年 自分なりに咲かせた花よりも

昔 自分が苦労して何かを咲かせようとしたときよりも

   

土の中で

ゆっくり ゆっくり

   

目には見えないけど

土の中の 養分や潤いやエネルギーをいっぱい吸収して

  

次の自分の花を咲かせようと

かを咲かせようと

   

そんな球根のように

自分で気づかなくても 誰かに気づかれなくても

   

自然と ゆっくりと

  

私たちは

育ち行く力をつけているのでしょう

  

| | コメント (4)

2006年8月10日 (木)

ひとコマ劇場

Photo_2

うちの課長、携帯とマウスを間違えていました(笑)。

| | コメント (8)

2006年8月 9日 (水)

付箋紙落書き~暑中見舞い~

Photo_1

仕事中に 付箋紙にちょっと落書きをしました♪

ほんとに毎日暑いですよね~。

皆さんも夏バテしないように気をつけましょうね。

夏バテ対策は何がいいのでしょうかね。

やっぱり浮き輪を頭に乗せるのがいい?(笑)

いい方法を知っていたら教えてください♪

| | コメント (4)

2006年8月 6日 (日)

blogを引っ越してきました。

OCNのブログ人からこちらのココログに引っ越してきました。

元のブログは

コチラ⇒ http://yacco.blog.ocn.ne.jp/heart/ です。

まだ元のサイトも閉じていません。

もうすぐブログ人の方のブログは閉じる予定です。

使い勝手がよくなるのか悪くなるのか分からないけど

とりあえずやってみようかな、と。

よろしくお願いします♪

| | コメント (11)

くだらないこと

Tiwawa_genka

痴話ゲンカという言葉がありますが。

チワワが夫婦喧嘩をしたらチワワゲンカ。

「痴話ゲンカは犬も食わない」という言葉もありますが。

チワワの夫婦喧嘩はやっぱり犬も食わないんでしょうね。

チワワ自体が犬ですが。

どうでもいいですね。はい。

| | コメント (7)

2006年8月 2日 (水)

私の中のキーワード

時が流れる

  

四季の移ろいのように

ゆっくりと ゆっくりと

時間をかけて 時が流れる

  

一日の出来事のように

いつのまにか 走馬灯のように

かけあしで 時が流れる

   

そんな 時の流れ

   

ここまでの道のりは

   

長いようで 時間をかけているようで

  

でも

   

短いようで あっという間のようで

   

そんな風に 長くも短くも感じる

そんな風だから 大切にしたい

   

私の中のキーワード

  

「時間」

| | コメント (6)

2006年8月 1日 (火)

お仕事ウーマン劇場(プチ)

11_darake_mode

12_chiteki_mode

仕事していても集中力がもちません・・(汗)

ついついだらけちゃって・・ふわぁ~・・・

でも、仕事で話しかけられたら

「はい!なんですか?何でもお答えしますわよ♪」

とおめめをパッチリ、表情キリッとお仕事ウーマンモード♪

・・・・・・・・・・・・。

ウラオモテありすぎだ====!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »