« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »

2005年12月30日 (金)

ありがとう

携帯からです。どうしても言いたくて。皆さんからのメッセージ見ました。本当にありがとう(涙)。レスは落ち着いてからじっくりたくさん書きたいので遅れますが待ってて下さい。書きたいこと言いたいこと話したいことがたくさんあるから。だからもう少しだけ待ってて下さい。本当に嬉しくて、ありがたくて言葉にできないくらいなのです。 もういよいよ年の暮れ、そしてお正月ですね。皆さん、よいお正月をお過ごし下さいね。本当にありがとう。また来年お会いできることを心から願ってます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月29日 (木)

いろいろな事情

ブログを数日休んでしまいました。毎日うっかり寝過ごしているわけではありません(笑)。私にとってブログは私の場所なのでいつも書きたいことをここに書きたいと思ってほとんど毎日書いてきました。

ここ数日のうちに、ちょっとした、いやかなりヘビーな出来事といいますか、まあ、はっきり言って「もめごと」「確執」なのですが、私の中では結構やっかいな問題が今起きています。

だからといって私の人生がガラッと変わるとかいうような重大問題でもないので心配はいりませんよ。

でも私にとって、とても大切にしてきたこのブログの継続も今のところはっきり分からなくなってしまいました。

とりあえず、今までほぼ毎日更新してきたブログ、しばらくお休みするかもしれません。いえ、しばらくお休みすると思います。

まあ、年末ということもあるので、問題が起きなかったにしても年末年始はお休みしていたかと思いますが。

しばらくお休み、といっても更新できるときが少しでもあれば少しでも更新したいとも思っています。でもできるかどうかはわかりません。

できることなら、この「おしごとウーマンの心の洗濯屋」を閉じるようなことはしたくありません。でもそれすらも分からないぐらいに私の中では問題になっています。

私としてはしばらくこのままの状態でお休みして、またここを元気に復活させることができればと思っています。日々更新できないとしても。

ブログ仲間のところへは、これまで通り遊びに行きます。けっこうつらい今の状況ですが、なんとか乗り越えたいと思います。

詳しい事情を説明することができないので、これを読んでもさっぱり事情が理解できないと思いますが・・・ごめんなさいね。

次の更新がいつになるかが自分でも分かりませんが、時々のぞいてやってくださいね。それからコメントのレスも遅くなるかもしれませんが、許してくださいね。

いろいろな事情で、いろいろあって、いろいろ疲れてしまった私でした。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2005年12月26日 (月)

職場での絵描きボランティア(BlogPet)

ほんとうは、yaccoは
課長が「コストダウンの部屋も考えないといけないけど、それよりスピーチネタが優先だ」と考え込んでいたのがちょっと可笑しかったりして。
って言ってたけど…

*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「momo」が書きました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年12月25日 (日)

22日の朝 凍結道路の通勤

1223日夜からの雪で朝から一面真っ白。

私が住んでいるところでは、この時期にここまで雪が降ったり

積もったりすることはめったにないから、ちょっと感動しました。

前夜から雪が積もり始めたので、夜のうちから外を見ては

わ~なんだか綺麗♪ などとちょっとワクワクしたりしてました。

翌日22日の朝は案の定、前夜からの雪で外はより一層

真っ白な景色。

おお~♪ 真っ白だよ真っ白!! 雪が綺麗だ~♪

などと最初は感動してデジカメで写真撮ったりしてたんだけど、

ん??待てよ・・? これで会社は行けるのだろうか・・・?

周りが真っ白ということは、道路も見たら真っ白。凍ってる?

何台か車が通ったのを見かけたので、とりあえず出勤するか。

5分ぐらい早めに出たんだけど、そんな凍った道路を車で

走ったことない。

最初普通の速度より少し遅いくらいで走り始めたけど、周りの

車がすごくのろのろ運転だったので、これはマジで慎重に運転

しないとまずいよね・・と思い私も徐行なみの速度で運転しました。

こちらの方では皆そういう状況には全くといっていいほど

慣れていないので、朝の街中がいつもとはるかに違って異様な

光景でした。

どの車も長く連なって超低速のろのろ運転。

自転車の男子高校生が目の前でスッテーーーン!!と

転んだのを見て、私もハンドルを持つ手が動揺したのか、

シュルシュルー横滑りして左のガードレールに軽く接触

したりして。

ガードレールに当ったのかどうかすら分からないほど緊張感で

いっぱいだったような気がする。

その後も気をつけて運転したのだけど、狭い道で対向車と離合

するために止まろうとしたら、スルスルーっと車ごと真横に

向いちゃったりして。

なんだかそういう状況が自分でおかしかったりもしたけど、会社に

たどりつくまで時間もかかったし、気持ち的にもものすごく長く

感じました。

ちょっと遠くから来ている後輩の子は、720に出て大渋滞に

あったらしくその日会社に着いたのは10時すぎ。

皆命がけで会社にたどり着いたって感じ。

私は830ぎりぎりで事務所に着いたけど、まだ会社に到着して

いない人も多数いて、始業チャイムがなってもなんだか仕事に

ならない雰囲気でした。

雪でワクワクしている場合じゃなかったね。

緊張感たっぷりのヒヤヒヤ通勤でした。

       Dscn1393_yuki       

私の住むところではこの程度の雪もかなり珍しい☆

     Dscn1367_yuki3_1

 これはその日とは関係ないけど、私の母が住む家の前☆

 猫ちゃんの足あとがついていて可愛かったから

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2005年12月24日 (土)

momoちゃん(blog pet)ようやく登場

blog petのmomoちゃんを画面に出せずに悪戦苦闘していた私・・・。

jadeskyちゃんやメグテキさんがいろいろとアドバイスしてくれた

おかげでようやく画面に出せることができました♪ ありがとう!!

んー! 我ながら 感動・・・

って普通の人は普通にやれることなんだろうけどね

私にしては たいした進歩でございます。エヘ♪

ということで、改めてmomoちゃんをどうぞよろしく。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

私のおしごとデスク

Img_desk005_hensyu_1

今日はクリスマスイブですね~♪

でもここに書いていることは全くクリスマスイブとは関係ありません・・だってクリスマスイブっていってもあまり私には関係のないことだから・・・(笑)

さてさて、これは私のおしごとで使っているデスクです。

ものを捨てられない性分と、すぐに片付けない性分とが

プラスされて、こんなに書類の山ができています。

さっさと捨てるか、ファイリングすればいいのに・・と

自分で分かっていながらそのままの状態。

一応、山ごとに自分だけが分かるような分類に

なっているんですよね(笑)

キーボードのまわりにはチョッパーやキョロちゃん、

ジョージアについていたクーパーのミニカーなど、

ちっこいフィギュアを置いています。

引き出しには、ガムやチョコなどの非常食のお菓子が

常に入ってます。

引出しの中も整理されていないから、筆記具だの名刺だの

サンプルだの目薬だの分析写真だの、ランダムに入ってて

すごいのなんのって。

となりの席のアイツがくれた、ゴルフコンペで優勝したときの

ゴルフボールまで引き出しに入ってます。

こんなデスクの状態ってあまり自慢できないね(笑)

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2005年12月23日 (金)

忘れないでおきたいこと

夜の街の中に 

浮かびあがった明かりが にじんで見えた

この景色を忘れることはないだろう

夜の冷たい空気の中で 

降り積もった雪が 白く輝いていた

この雪の冷たさとやわらかさを

忘れることはないだろう

薄暗い中に 

自動販売機の明かりが 

こうこうと明かりを放っていた

このとき手にした ホットコーヒーの熱さを

忘れることはないだろう

ひっそりとしたお寺の片隅に 

子供の頃に親しんだ石像の3匹の猿が 

子供の頃と変わらぬままで そこに座っていた 

このとき記憶によみがえった懐かしさと優しさを 

忘れることはないだろう

大切なものが 心にしっかりと 刻まれていく

大切なものを 心にしっかりと 留めておきたい

思わずこの手で触れたくなる 

忘れまいと触れたくなる

近いのに遠い距離 

触れることができる距離なのに 触れられない距離

このときの気持ちはずっと忘れることはないだろう

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年12月22日 (木)

私としたことが・・

あわわ・・・
とうとう更新しそびれた・・・ 

別に更新することが義務ってわけじゃないけど、毎日更新していると
半ばヤケ、というか意地というか、ムキになってしまうというか。

だから、何があろうと更新していた私なのだけど・・・

なにがあったかというと・・

何もありません。

夜9時半頃から、ついうっかり グーグー寝ちまいまして・・・
目覚めたら夜中2時過ぎ。

すっかり日付変わってる!! 

夜中に目覚めて、はじめのうちは状況つかめずに

ん??私はいつから寝てる?? これは寝る準備をして寝たのか
はたまたうっかり寝に該当するのか・・?
私、歯みがきしたっけ?? 今日、何曜日??

などと寝ぼけ思考回路でぐるぐるしながら

ん??やっぱりうっかり寝てしまったようだ・・・

はっ!! ブログ!! 
はっ!! 携帯にメールが着てたのに返事しないまま!!

オーマイガッ・・・

ブログは自分の記事の更新もだけど、誰かコメントしてくれていたら
返事は遅らせたくない。
ってそんなにたくさんコメントもらうわけでもないんだけどね(笑)

頭がだんだんさえてきたら目もさえてきた。

このまま寝たほうがいいんだろうな、なんて思いつつ、目もさえてきたし
すぐには寝れそうになかったし、やっぱり気になって、夜な夜な
起きてきてここに書いてる次第でございます。

あ~、とうとうカレンダーに穴があいてしまったよ~!
自分の中ではなんだかちょっと悔しい・・
どうでもいいことなんだけどね。

別に更新しなかったからって何も変わりはしないんだけどね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005年12月20日 (火)

懐かしのアップルパイ再現計画

Slowさんの、“アップルパイを作った”という記事を見て
私も思い出した。

私が子どもの頃、たしか小学校高学年の頃だっただろうか。
母とアップルパイを作るのに凝っていた時期があった。

貧乏くさくて田舎出で、「上品」とは程遠い母にしては
“アップルパイ”を作ろうなんて、どういう風の吹き回し
だったのだろう。

母子家庭で生活水準低かったから、余計にそういう
今でいう“セレブ的”なものに憧れていたのかなぁ。
そういう“おしゃれ”な気分を娘と一緒に味わいたかったのかなぁ。
同じつくるなら、きな粉だんごでも牛乳寒天でもよかっただろうに。

その頃作ったアップルパイ作りは、とても面倒だったような記憶がある。
生地を練って、2~3回ほど冷蔵庫でねかせたり、りんごを煮詰めたり。

そして、母と作っていたアップルパイは“カスタードクリーム入り”。

何の本を見て作っていたのかは、子どもの頃の私が知ることも
なかったのだけど、そのカスタードクリームの入ったアップルパイが
とても美味しかったのは今でも深く記憶に刻まれている。

なので、カスタードクリームをつくるという作業も入って、今思うと
なかなか凝ったアップルパイだったように思う。

湯煎しながら時間をかけてクリーム状になっていくのがまたワクワク感が
あって楽しかった。
そして、心の中で味見と称して、途中何度も人差し指をつっこんで
ペロッとなめてみたり。んー♪ まいう~♪♪

パイ生地も粘土遊びのようにこねて広げて、カスタードクリームと
煮詰めたりんごをのせて、仕上は長くひも状にしたパイ生地を縦横に
クロスさせてそれらしい形に飾ったりしてホント創作気分。

オーブンで焼きあがったそのできたてアツアツのアップルパイを
食べたときのおいしかったこと♪

このときの美味しかったアップルパイの感動は今でも忘れない。

ひとしきりアップルパイの美味しい感動を味わったあと、狭い台所を
見ると、ボウルや泡だて器やおたまやおなべや調味料やその他
調理器具や材料の残骸が無残に放置されたまま・・・

これを片付けるかと思うと一気にブルーになったりしてたよなー。
懐かしい。

すっかり大人になってしまった今、子どもの頃に母と一緒に作って
食べたあのアップルパイを再現したいなーと思ったりして、数年が
すぎた。

普段お菓子作りなんて素敵な趣味はないから、いざつくるとなると本が
ないと全くだめ。

なので、パイ菓子の本をさがしたんだけど、カスタードクリーム入りの
アップルパイのレシピがどの本にも載ってない。

普通のりんごだけのアップルパイの作り方はどの本にも載ってるん
だけど・・。
母と作ったあのカスタードクリーム入りのじゃないと意味がないのよ!

応用のきかない私は、作り方の本がないというだけで早々と
あきらめモード。

アップルパイを作ろうと思い立ってから、そうこうしているうちに
もう数年がすぎた。

何年も前から企てている懐かしのアップルパイ再現計画は、はたして
実現するのか・・・?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年12月19日 (月)

不安になったときは

なんとなく 不安になったり
訳もなく 悲しくなったり
無性に 誰かにすがりたくなったり

そういう時だってある

人を頼りたくなること
人を求めたくなること
それは ごくごく 自然なこと

自分はだめなやつだ とか 自分は弱いやつだ
なんて 思うことは
ちっとも情けないことじゃない 恥ずかしいことじゃない

誰でもそう 私もそう
みんな 自分のことを そう思うときはたくさんある

人を頼らない人が 強いとは限らない
人を頼らない人 強く生きているように見える人も 
むしろ心の中では 
ものすごく たくさんの 不安を抱えているかもしれない

不安におしつぶされそうに なっているのなら

誰かに 思い切り頼ればいいさ
みっともなくても さらけだして泣いちゃえばいいさ

不安をひとりで抱えてても つらいだけ 重いだけ
だから 頼ってもいいんだよ 甘えちゃってもいいんだよ

気持ちが落ち着けば だいぶちがうから
とりとめもない話でも 気分が和らげば 少し楽になるから
かたくなになった心が やわらかくなったら それでいいから


君が 眠れないときは 私も一緒に 起きていてあげよう
君が 寂しくなったときは 私が 話し相手になってあげよう
君が 心細くなったときは 私が しっかり抱きしめてあげよう

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005年12月18日 (日)

冬の風にふかれて

憂鬱な灰色の空
頬をさすような冷たい風

冷たい風にのって 雪が舞う
右から左に 前から後ろに
雪が ひゅるひゅると 横に流れていく

私の髪も 冷たい風に吹かれて 舞い上がる
私の手の指も 冷たい風にさらされて ぬくもりを失う

この時期 ここではめったに降らない雪
その風の冷たさと ひらひら舞う雪に 慣れない私は
ただただ 肩をすぼめるだけ

心の芯まで冷えてしまいそうな 凍ってしまいそうな
冷たくて寒い空気

そんな冷気と 反対に
街は ほんのり暖かい
いたるところの店に クリスマスのウィンドウディスプレイ
自動ドアをくぐって 一歩中へ入ると
そこは 暖かさと活気に満ちている

芯まで冷えきっていた 私自身も
じわじわと 解凍されて ぬくもりを取り戻す

店内のエレベーターにのっている最中に ふと側面の
鏡に目をやった

冷たい風に吹かれた 私の頭は ボサボサだった
ロマンチックに 冬を感じていたのも つかの間だった

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2005年12月17日 (土)

やさしい気持ち ~chara~

jadeskyちゃんが charaの曲についてコメントしてたので
ちょっと聴きたくなって 久しぶりに聴いた

「やさしい気持ち」の曲が好きで メロディと甘い歌声が気に入ってる

歌詞はね ちょっと照れくさくなるような 恋の歌なんだけど
charaが歌うと これまた いいんだな♪

なので ちょっと 紹介♪  ※単に今日はネタがなかったという説もあり

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月16日 (金)

ひさしぶりの ひとりドライブ♪

いつも夜12時頃更新するから、また日付が変わっちゃったけど・・

今日は久しぶりに分身会社へ出張に行ってきました。
高速道路を使って片道1時間半のマイカーでの移動。

ひとりドライブは自由気ままで気楽だから好きなんだけど、この冬の
寒さとどんよりした曇り空はなんだか、もの悲しい気分になって
しまいます。

雪が降って道路が凍結したりしないよなー、大丈夫かなー・・などと
不安を抱きながら車を走らせました。

私は会社に入ってから視力が落ちたので、普段はメガネやコンタクトを
するほどじゃないけど、会議中と高速道路の運転時にはメガネが必須。
高速道路で看板見落としてインターを降りそこなったら大変だからね。

だから、今日も高速道路を運転するのでメガネをかけました。

メガネをかけた瞬間、 シャキーン! 

yacco、高速回転モード スイッチオン!!

(まるで「こち亀」に出てくる本田(バイクに乗ったら人格変わる奴)みたいだ・・)

MYチョロQ号(ワゴンRコラム)で、高速道路を突っ走りましたよ。

私の車は軽だし古いし非力だしで、そりゃうるさいのなんのって。

エンジン音も6千回転近くで ウィーーーーン!! 
ワイパーも当たりが悪いのか 動くたびに ギッ  ギッ  ギッ

なもんで、音楽かけても そういう騒々しさにかき消されて聞こえない。
だからボリューム更にアップ! 

うわー・・ ひとりなのに車の中がやけに騒々しい・・

こんな寒々としたどんより曇り空なんてへっちゃらへっちゃらへのかっぱ!

元気を出して走るぞー!
だけど、速度は95km/h。  元気がよくてもとばしませんから♪

今日のBGMはサザン。
でもって、テンポのいい曲がかかると自然にアクセルに力が・・

よーし、そこいら走ってるベンツやトラックやミニバンだって
ごぼうぬきじゃー!

yaccoが通るよ どいたどいたー!

あたしゃ サザエさんのような ただのすっとこどっこいじゃないよー!

・・・なんて、するわけがありません。
したくても速度出ない車ですから、はい。

帰りはお決まりのように、高速道路に乗る前にコンビニにピットイン。

あー、お腹がすいたなぁ・・お?チョコレートか、冬季限定とかいうのに
弱いから買っちゃえ♪

飲み物は、今日はホットレモンな気分ね。

そして、最後になぜか「ちーかま」が目に付いてココロが揺らいだ私は
「ちーかま」も買っちゃいました。

ホットレモンにちーかま。
・・・・んー、なんか合わないけどいっかー。

帰りはすっかり暗くなって、ちょっとした夜のドライブ気分でした。

どんより曇り空で、晴れ晴れとしたドライブ気分じゃないなぁ・・・と
始めは思いつつも、結構なんやかんやいって楽しんだ
ひとりドライブなのでした。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2005年12月15日 (木)

職場での絵描きボランティア

私は趣味の範囲で絵などを描いたりしてますが、たまに職場の関係で
絵を描くことがあります。

仕事がらみでは、となりの部の課長から
 「キャンペーンポスターをつくるから、こんなのを描いて」  とか、
職場の人の結婚回覧(非公式の社内回覧用結婚お知らせ文書)に使う
挿絵とか。

先日は、ノロバナの彼の結婚回覧文書を作成しました。
写真、イラスト、4コマ漫画つきの豪華全8ページ!!

はっきり言って仕事じゃありません。ふぅ~。

あと、最近うちの部の社内用HPに 「やすこちゃん」 というタイトルの
つたない4コマ漫画を掲載するようになりました(一応連載もの)。

いつ打ち切りになってもおかしくない、先の構想も全く練らずに
始めるという無計画ぶり。

数日前には、隣の課の課長からイラストを頼まれました。
(HPの4コマ漫画掲載を企画したのも実はこの課長)

それは  『白馬に乗ったアイドル風の男』。

何でも技術論文に使うとのこと。
そして指示内容は、

 「白い馬にジャニーズ系の二枚目の男が乗っている絵を描いて。
  馬はできれば走らせて。この男は43歳。そしてシャツを腕まくり
  しているのがポイントだから」

ん??“43歳でシャツを腕まくり”に何かみそがあるみたい??
そのコンセプトとはいかなるもの・・?

んー、そして私は基礎のないド素人で、しかもせいぜいチープで
マンガチックなやつしか描けません。

しかも「馬」なんてほとんど描いたことがないし。
馬の写真を参考にしながら、なんとか描いてみたのがコレ。

     Hakuba_2_1

なんか この男、43歳には見えないんだけど・・・ま、いいか。

 「とりあえず、これでどうでしょう?」
と持っていったら、すんなりOKをもらいました。
こんなんでOK出していいの?? 論文に使えるの??

他に今、仕掛かっているのは、となりの部のキャンペーンポスター用
第二弾。
これがまた私にとっては難しい。

構想とかはシンプルなのだけど、私の得意分野の絵柄ではないから・・・。

「イラストレーター」系の高度な専門性やセンスは何もなく、単なるしょぼい
マンガ描き系なので・・・。

んー、どっちにしても趣味を仕事にするのは難しいような気がするなあ。
自分の好きなように気ままに描けないから。

相手の要望にいかに忠実に、イメージ通りに表現できるか、だから
結構難しいと思うんだな。

あ~あ、いくらつたない絵とはいえ、結構時間を費やして描いているから
なんか図書カード500円分ぐらいでもほしいくらいだよ。

本来、見返りは要求しない主義なんだけどね・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年12月14日 (水)

会えて よかった

あなたに 会えてよかった

ありきたりの 言葉だけど 心からそう思うことがある
照れくさい 言葉だけど 本当にそう思うときがある

ここでの出会いもそうだし
仕事での出会いもそうだし
なんでもない場面での出会いもそう

たくさんの人と 出会うことで
たくさんの ハッピーを もらっているような

あなたと 会えたことが 何よりも うれしいこと

普段は 可愛げのない私だけど
心では 素直に そう思ってる

これからも ハッピーを 私から与えたいし もらいたい

だから いろいろな出会いを 大切にしたい

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005年12月13日 (火)

間違いな わたし

      Dscn0904_kemenrider

 朝から 卵の中味を 間違って 三角コーナーに捨ててしまうし

 出張先で 人の靴を 間違って 履いて帰ろうとするし

 緑茶を飲もうと お茶の葉を 急須にではなく 間違って 湯飲みに
 サラサラと 入れちゃうし

 シャンプーのつもりで 間違って ボディソープを頭につけて
 妙に キシキシしちゃうし
 
 なーんか 間違いって よくやっちゃうんだよなぁ

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2005年12月12日 (月)

Blog Petがよくわからないー!(byシステムオンチ)(BlogPet)

こないだ、yaccoが
(隣りの部の出しものバカもね)その合同大忘年会は昨日(金曜日)にもうありました。
とか考えてたよ。

*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「momo」が書きました。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

夢の冬眠ライフ(現実と非現実のコラボ♪)

さ、さむい・・ めちゃくちゃ寒い・・・

私は寒いのは かなり苦手。
鈍い動きが 更に寒さで鈍くなってしまう。

暑いのも苦手だけど、冬の寒いこの時期は空もどんよりとしてて
太陽も出ていないことが多いせいか、なんだか私も活気が
なくなってしまう。   うーーー、、、ブルブル。。。。。

一度暖かい部屋に落ち着いてしまうと一歩もそこから
出たくなくなる。
お布団が気持ちいいから、そこからなかなか抜け出せない。
ずーっともぐり込んでいたくなる。

私はイヌタイプなーんて言ってはみたけど、そういうところは
ネコの気持ちがよく分かるなぁ。

ゴロゴロニャー♪
なんていってゴロゴロしながら丸くなるのがいい♪  ってかんじ?

いっそのこと、冬眠したいな。
私だけの秘密の穴ぐらに閉じこもって、寒い冬の間は
ずーっと眠りつづけていたいなぁ。

ひたすら眠って、ときどき目覚めて起きて、暖かい穴ぐらの中で、
ホットコーヒーやホットミルクを飲みながら、好きな絵を描いたり、
マンガを読んだり、DVD観賞したり、音楽を聴いたり。

携帯メールで遊んじゃったりするのもいいね♪
そしてお腹が満たされて退屈になったらまた寝る・・っと。

ときどき、クマくんやカエルさんが遊びに来たりして、
「あら、いらっしゃい♪」と言って迎え入れて眠気覚ましのティータイム♪ 
なーんていうのもあり? いいかも?

突然、素敵な王子様がマイ穴ぐらに訪れるっていうのも
いいわね♪ だめ?

ブログ友達さんたちと、座談会っていうのも楽しそう♪

穴ぐらは、バス・トイレがついている1LDKの広さと
暖かいお布団があれば冬眠にはもう十分かも。
あ、でもやっぱり必要最低限の電化製品はいるなぁ。

現実と非現実との空想コラボレーション♪

んー、考えただけで幸せな気分になる。
yacco の夢の冬眠ライフ♪

でも寝るだけって時間がもったいないかな。
所詮、単なる寒がりのぐうたら思想なのかしらね。

 Toumin_life

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2005年12月11日 (日)

女心 男心

女心って何でしょう
男心って何でしょう

女心をくすぐる ってどんなやつでしょう
男心をくすぐる ってどんなものでしょう

女心と秋の空 というように 秋の空が変わりやすいということに
女心を例えているような部分もあったり

私はどちらかというと 秋の空といえば その何気に物悲しげな空に
おセンチになっちゃったりする ということのほうが女心っぽいような
気もするんだけど・・・

女心をくすぐる というのは やっぱり 「母性本能」 を刺激するもの
なんじゃないかと
相手の 不完全、未完成な部分に そういうものを感じたりするのかも

逆に 頼れるとか頼もしいとか たくましいとか 「強さ」「包容力」なんて
いうのにも 魅力を感じたりするのかも

男心 っていうのは んー・・・・・

私、男じゃないから さっぱりわかんない

でも 男の人のほうが 結構デリケートでロマンチストだったり
するよね

自分にはないものを 持っているから 惹かれあうんだろうな

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月10日 (土)

忘年会(続)

前回、合同忘年会で披露するうちの部の宴会芸のネタ
 『マツケンサンバ』と書きましたが、1.9分け部長がこのネタを拒否
されたため急遽ボツになりました。

拒否の理由は、「マツケンサンバの踊りが難しくて踊れないから」。

「適当に踊ればいいですよ」と説得はしたようですが、うちの部長は
「完璧主義者」。

何事においても、やるなら徹底的にミスひとつなくやらないと
気がすまない性分らしく、今からマツケンサンバをマスターするには
無理があるとの考えのようでした。

もうすっかりそれでやる気でいた後輩の子たちは、マツケンサンバの
DVDを借りたりして入念な準備をしていたのですが、土壇場になって
ボツになってしまってかなり困ってしまっていたようでした。

出し物は必ず部長を参加させるというルールがあるため、部長が
了解するような出し物で面白いもの・・。

ちなみに他所の部がする出し物は・・
  ・恋のマイアヒ…隣りの部の部長と女の子達がパラパラを踊る
  ・長州小力…詳細内容不明
  ・歌謡ショー…シャネルズ? 小林幸子? 美川憲一?
  
うちの部に余興プロデューサーともいえる、お笑い芸に長けていて、
会社や結婚式のイベント・余興モノには欠かせない親分肌あふれる
強烈な濃いキャラのA主任という人物がいます。

後輩の子が、余興についてどうしようかとその主任に相談してようやく
出し物が決まったようです。

何をするかというと、
 アリスの『チャンピオン』。
ちなみに、この出し物に関しては部長の許可は得られたそうです。

そして、うちの部全員に
幹事助手から以下のようなメールが発信されました。

*****************************
掲題の件、当部は『マツケンサンバ』を予定していましたが
アリスの『チャンピオン』に変更します。
メンバ(代表?)は以下の通りです。

◆メンバ 
     谷村   :部長 (カツラ・セロテープ)
     堀内   :××課長 (まゆげ・ヒゲ)
     ドラムの人:A主任 (カツラ) 

◆組技スクールメイツ(女子) B,C,D,E
※ちなみにスクールメイツの一人は後輩の子
*****************************

セロテープ、って・・。
部長がセロテープで鼻を吊り上げるの??
ちなみにA主任は、ドラムの人(やざわとおる?)の役で、
ロン毛のカツラをかぶって、見えないドラムを叩くらしい。

部長は、マツケンサンバは踊りが完璧に出来ないから嫌との
ことらしいけど、鼻にセロテープして谷村新二の真似をするのは
大丈夫なんだ・・。

予定変更になって、後輩の子は再び、スクールメイツに使う
スコートをバドミントン仲間から借りたり、カツラを買いに
行ったり、部長扮する谷村用の帽子を借りたり、おもちゃの
ギターを用意したりと準備にあけくれていました。

もちろん昼休みと5時過ぎに踊りの練習もやっていたみたい。
(隣りの部の出しものメンバーもね)

その合同大忘年会は昨日(金曜日)にもうありました。
残念なことに私は参加できなかったから、どんな風に盛り上がった
んだろうと興味深々です。

あーあ、いきたかったなあ。

早速後輩の子に結果を聞かなきゃ♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年12月 9日 (金)

わたしからのエール

頑張っている君へ 

仕事が嫌になりそうだったり きつかったり だるかったり

勉強がはかどらなかったり 集中できなかったり 眠かったり

なかなか思うようにいかなかったり 

自分の中の迷路に 入り込んでしまったり

100%全力出していようと 50%、20%の力しか出していなくても
頑張っているのには 変わりはないだろう

だから 明日も 自分の力で 乗り切るのだぞ

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2005年12月 8日 (木)

わがまま

わがままって なんだか言いにくいね 言えないしね
ちょっとしたわがままとか 可愛いわがままだったら
言っても許されそう

でも 自分の中で考えていることは すごくわがままで

あれが食べたいとか どこに行きたいとか 何がほしいとか
そういうのとは レベルがちがうのね

考え方がわがままなのって どうしようもないね
自分勝手とも いうのかもしれないね
叶えようがなかったり することが多いもの

自分の中にある そんなわがままな部分って 
ほんと嫌になるけど

大切な人のわがままは きいてあげたい って思うのよね
優しくしてあげたい って思う気持ちからくるのかしらね

でも 私は 可愛いわがままは言えないくせに
中味はすごく わがままなんだ・・・・

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005年12月 7日 (水)

おしごとウーマン劇場★紙切れ

                  【紙切れ】                       

   4komaprinta1

   4komaprinta2

   4komaprinta3

   4komaprinta4

  実習生(隣りの席のアイツ)の所属する会社にいる 彼の上司。

  癒し系キャラなので、笑顔のスナップ写真をプリンターの
  紙補給支持板に貼り付けています。

  紙が切れたときだけ アイツの上司は笑顔で現れる。

  紙切れのときにしか新鮮な空気をすえないのは
  ちょっと可哀相かも??

  でも、ホントにその笑顔の写真が出てくると とても癒されるのです。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005年12月 6日 (火)

髪を切ってきました

土曜日は美容室に行ってきました。

もうえらく久しぶり。
土曜ということもあって、朝から人が多いこと。

いつもの担当の人も忙しそうで、ちょっと時間があけば
別のお客さんのところへ行ってチョキチョキ・・

その担当の人は女子サッカー「なでしこジャパン」の
澤 穂希(さわ ほまれ)選手によく似た女性。

もしくは女子プロレスにでも出そうな体格の良いちょっと強面(コワモテ)な
感じ?。シャキシャキとチョキチョキするような。
でもベテランな感じは他のスタッフの態度からも感じ取れる。

でもその担当の人(ほまれさんと仮に呼ぼう)は忙しい。
だから私のシャンプーは、代わりの担当でなんだか頼りなげな
見習っぽい背高ノッポのやせたクルクルパーマ(大泉洋みたいな)の
お兄ちゃんがすることに。

見習いっぽいせいか、性格なのか、なんだかその兄ちゃん、シャンプーが
雑だった。

そして、パーマをするのでロッドを巻いていくという時に、またほまれさんが
どこかに呼ばれて言ってしまった。

ノッポのクルクルパーマの兄ちゃん(ノッポパーメンと仮に呼ぼう)にロッドを
巻いてと指示して。

そのノッポパーメンは慣れない手つきで私の髪を巻いていきはじめた。
私はなんだか不安・・。

逆に巻いたりしないよな・・。巻き方それでいいのかよ??
チリチリになっちゃった、なんてことは勘弁してよねー・・・
と心で思いながら、平静を装い雑誌を見る私。

ほまれさんが戻ってきて途中状態の私の頭を見て ・・・・。

ロッドを解き始めた。
 「ここはこういう風に」 「これはこっち側に」 と厳しい口調で指示を
しながら、ほまれさんがなれた手つきで巻きながら指導をしている。

「はい」、「はい」と真剣に聞くノッポパーメン。

彼も頑張っているんだろうけど、一歩間違えば私の髪型がおかしくなる
危機一髪のところだった。

そしてロッドも巻き終わりパーマ液をかける段階。

ノッポパーメンは 「次はパーマ液をかけていきますね」 とスマイルで
声をかけてくれたが、いざやってもらうと、パーマ液が顔にだらだら
首筋にまでこぼれてくる。タオルの締めが甘いのだろう。

おまけに冷たいわ、くすぐったいわで。 ちょっと耳は感じました(笑)

ちゅるちゅる音がするたびに私の頬を少しずつながれるパーマ液。
それでも、小心者だけど広い心の私は黙って耐えていた。

“もう未熟者なんだから・・・しっかりやりなさいね。”と思ったりしたけど、
結構ノッポパーメンも顔は真剣だし、ちょっと厳しいほまれさんの指導にも
素直に 「はい」 と返事して一生懸命やっているように見えたので、

“ノッポパーメン君よ、頑張って一人前になれよ・・・”
と心の中でエールを送ってあげた。

やっぱり、厳しい上下関係や人間関係、仕事の下積み時代の中に
おいては、どうしてもそこが嫌で抜け出したり逃げ出したくなりがち。

でもねー、そこで踏ん張って頑張ってほしいと思うんだな。
そこの、もうひと踏ん張りができるかどうかで先が見えたり見えなかったり
するのかもしれないって思うんだな。

それができれば、どこで仕事しようと何をしようと問題なくつとまるんだと
思うし、それができなければ、そこを辞めて別の世界や別の仕事・職業に
ついたとしても同じことの繰り返しのような気がする。

入り口から少し入ったところで、先が険しそうだと後戻りして引き返して、
結局自分は前に進まないまま道を探し続けるだけなんじゃないかな。
結局何も見つけられずに進めずに、一番良い道を探そうとして体力を
消耗してしまったり。

一度入った道は、先が険しそうでもとにかく進んでみれば案外先は
明るいかもしれない。すぐ楽な道に変わるかもしれない。
そこを抜ければ自信がつくかもしれない。
たぶん自信がつくし、次からどんな道に進もうとそこを越える力が
ついているんだと思う。

・・・・・・・・・・・。
なんだか話がそれてきた。おまけにダラダラ長いし・・・・。
バラエティ番組からNHK番組路線に変わったような(笑)

ノッポパーメン君は、はたしてこの先この仕事・この店で続けて
いくことができるのかどうかは分からない。
美容師の仕事も厳しいと思うから。

でもせっかく真面目に頑張っているように見えるから、下積み時代で
大変だと思うけど、やっぱり頑張ってほしいな。

えらそうに言ってるけどね、私も同じ立場。
(年はそんなに若くはないけどね・・)

一度決めた道はそう簡単にあきらめたらいけない、投げ出したら
いけないとなんだか自分にも言い聞かせてしまったyaccoでした。

それにしても、結局私の髪型はイメージ通りではなく自分としては失敗・・・。

ベテランの人にしてもらおうが、ペーペーにしてもらおうが、“こんな風に”
とリクエストした私がそもそも髪型選択ミスしてたみたいね。。。(苦笑)

自分の顔に合った髪型を選びましょうね(笑)。
長くなってごめんなさいよ。読んでくれてありがとう♪

 Parma

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005年12月 5日 (月)

ノロバナの彼の結婚式♪

今日(12/4)は、とうとうノロバナの彼の結婚式。
(日付変わっちゃったけど)

火星人がコンビニで買い物をしているという話と、ノロバナの彼が綺麗な
女性と結婚するという話の どちらを信じるかというと、火星人の話を信じる
と言いたくなるぐらいに奇跡が起こった彼。(かなり失礼極まりない私です)

11時から人前結婚式で、12時から披露宴でした。

式場は、今流行りのハウスウエディング。
彼には似ても似つかないオシャレな南仏風の建物&ガーデン。
(彼女にはとってもお似合いの雰囲気)

ノロバナの彼は終始ニッコニコで、本当に嬉しそうでした。

彼女は、本当はもうそろそろ後悔入っているんでは??などと
ちょっと失礼なことを勘ぐったりしてたのだけど、やっぱり彼女も
すごく幸せそうでした。

またすごく綺麗な人だから、ウエディングドレスもカクテルドレスも
素晴らしくお似合い♪

新郎側(うちの会社側)の余興は、同期の男性が「ゴリエ」に扮して、
Mickeyのテーマソングで会場に登場。

そしてひとしきり曲が終わるまで大汗かきながら踊って、その後は、
私が描いた、職場の名物キャラの似顔絵をスライドで映して
その似顔絵の本人にゴリエリポーターがマイクを持ってメッセージを
もらいに行くという内容。

ゴリエに扮した同期が会場をくまなく踊って周ったり、突撃リポート
したりして結構盛り上がってました。

問題の 1.9分けの部長のスピーチはどうだったかというと、案の定
こっぱずかしくて歯の浮くような見え透いた内容でした。

 「コンサートのチケットを入手するときでも座席の空き具合を入念に
  インターネットでチェックするその緻密さが今の仕事に結びついて
  います」

とか。

 「パソコンにものすごく長けているから、今の設計の仕事の第一人者」

だとか。

なんだかすごく無理やりこじつけている感が否めない・・・。

ま、披露宴のスピーチってこんなもんでしょうね。

スピーチの最後の方で 

 「夫婦になってからは『ありがとう』を忘れずに。
  口できちんと言うことが大事」

と助言されていて、唯一それだけが、嘘偽りの無い
部長の言葉だったように思えたのでした。

料理はとても美味しかった♪
引き出物は、ギフトカタログの入った箱と、もうひとつは、ソーセージと
ウィンナーの詰め合わせ。(建物は南仏風で引き出物はドイツ風?)

なかなかオシャレでしたよ。
やっぱり彼女のセンスかしらね。

カメラはデジカメと一眼レフ(フィルム式)を持っていったけど、
デジカメは手ぶれするし、一眼レフは明るさの調節が手早くできずに
ピントがオートフォーカスでも合いにくかったりで、素人の私には
どっちもどっちって感じでした。

それにしても、とうとう結婚式が終わったノロバナの彼。
でもこれが完結編とは思っていません。

まだまだノロバナは続く・・・って感じでしょうか??(笑)

      Dscn13311_1
               建物の外観

             Dscn12851_1

                                   披露宴会場                         

      Dscn12911
     たいしたことじゃないけど、テーブルの花がとても綺麗だった・・・  

      Dscn13311_2
     どうでもいいことだけど、ブルーベリーのケーキが美味しそう・・・

      Dscn13201
     めちゃくちゃどうでもいいことだけど、ゴリエの後ろ姿・・・      

  

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2005年12月 4日 (日)

仕事とか

仕事とかやってるとねー。当たり前だけど 嫌なことが多いのよね。

交渉ごととかもそうだし、 他部門からのクレームや改善要求に
対応しないといけなかったり、それをするための難関を越えなきゃ
ならなかったり、いろんなノルマを課せられてそれを遂行しないと
いけなかったり・・・。

仕事をする上で、どうしても自分(自部門)と他とでは立場が違うから
利害関係にあるわけで、こちらが都合がいいと向こうが悪かったりで
双方の不利益が最小限で済むようなことを考えなくちゃならない。

時には資料作りで大変な目にあうこともあったり。

それでも何とかやるしかないんだよね。
お給料もらってるんだもんね。
そうやって、大変だけどそれなりに精一杯やれば、悪い結果には
ならないと思う。

というか、結果そのものは悪くなることがあるかもしれないけど、
自分にとってはそこでひとつ試練を乗り越えることで、ちょっとでも
自分の中で前進したような。

そして、仕事はひとりではできない。

どんな仕事や職業でも、多かれ少なかれ人と関わっている。
真面目に取り組んでいれば必ず誰かがサポートしてくれる。
協力してあげようと思う人が必ずいる。

私も、大事な仕事仲間が大変なときにはフォローしてあげたいと
思う。
何かできることがあれば協力したいと思う。お互い様だからね。

休みの日も会社に出勤して渋々と仕事に明け暮れる人もいるだろう。
そんな人にもエールを送りたいなと。

仕事が楽しい人はそれほど多くはないだろう。

でも仕事をしていく上で、少しでも良い人間関係を築けたら、少々
大変なこともそれほど苦にならないのではないだろうか。
気持ち的な負担が軽くなるのではないだろうか。

仕事をする環境や雰囲気だけでも、良いほうがいいよね。

仕事をするのは決して甘いものじゃない。
甘いものじゃないからこそ、もまれて、鍛えられて少しずつ強く
なっていくのかもしれない。

「強く」っていうのは 言葉のままの「強さ」ではなく、なんと言ったら
いいのだろう。
自分が成長するという広い意味での「強さ」かな。

なんだか くどくど書いちゃったな。

今まさに 仕事とかで大変だったりする人が身近に多いから
yaccoは誠心誠意応援するよ! といいたい。

ただそれだけなのでした。

そういう自分も、なーんか うまくいかないんだよな・・・。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2005年12月 3日 (土)

忘年会

あっという間に12月。
クリスマスもだけど、忘年会シーズンでもあります。

うちの職場でも恒例の忘年会。
昨年会社の組織が大きく変わって、うちの職場があるフロアは
複数の部署が共存しています。

そして、最近はフロア内の部署全体でレクレーションなどの
イベント事もあったりと和気あいあいな雰囲気です。

で、今年の忘年会は、同じフロア内の近隣の部署と合同でやろう
ということになり、いつになく盛り上がっています。
私はその忘年会には残念ながら参加できないのですけど・・。

そして、その忘年会では、職場(部)対抗の出し物をする予定。

これまでの忘年会は、課などの最小単位ではするものの、部全体
での忘年会も大きな人事異動があったときに形式ばってする程度。

でも今年は大きな人事異動はなかったけど、みんなで盛り上がろうと
いう趣旨なので、結構みんな乗り気のようです。
しかも複数の部署と合同での忘年会。盛り上がりそう。

うちの部の出し物は何かというと、「マツケンサンバ」
だそうです。

同じ課の後輩の女の子は人当たりもよくお世話役が上手でしかも
部の中では下っ端扱いなので、今年は幹事は免れたけど、余興の
準備に大忙しのよう。

マツケンサンバを部長を筆頭(マツケン役)に各課から
1~3名選出してヅラをかぶって白塗りの顔で踊る予定。
(もちろん選出された女の子達も男性陣に交じって)

後輩の子は、会社帰りに100円ショップに行って余興グッズを
調達しにいってるみたい。

会社でもマツケンサンバのビデオを入手する手配とか練習だとか
準備に余念がありません。

後輩の子は

  「買ったカツラを家で試着してみましたよー! 思わず
  真剣にヅラあわせしている自分が可笑しかった!
  髪の毛はカツラの中に入れたほうがいいかなーとかブツブツ
  ひとりごと言ったりして」

と笑って話していました。

いい年頃の女の子が家で余興のカツラをひとりでかぶって
真顔で入念にチェック・・・。

なんだか想像したら可笑しくなってしまいました。

1.9分けの髪型の部長が主役のマツケンサンバ。

きっと楽しい忘年会になるでしょう。あー見てみたかったな。

まあ、別にも忘年会を予定しているからそっちを楽しみに
しておこうかな。

    Katura_bounenkai

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2005年12月 2日 (金)

いつでも ここに おいで

わたしは ここにいるよ
わたしは ここにいるから

なんだかひまだなー とか 
くさくさして 気分転換がしたいなー とか
むしゃくしゃするから 荒れてみたい とか

嫌なことばかりで 誰かに話を聞いてもらいたいとか 愚痴りたい とか
落ち込むことがあって 疲れた とか
たいくつだから 誰かと話がしたい とか
寂しくて 人が恋しくなった とか

そんなときって いつでも 誰にでも あるから

そんなときは いつでも ここにおいでよ 

わたしは いるよ
ここでよかったら いつでも おいで
好きなように 見るだけ 読むだけして帰ってもいいし
何か 言いたくなったら 話したくなったら 存分に書いていいし

そんなわたしだって 誰かと話したいときもあるし 
愚痴をきいてもらいたいこともある ぼやきたいときもある
語り合いたいときだってある

わたしが 自由に思うまま気ままでいられる
このブログであるけれど
たいくつしのぎの場 や 憩いの場 でもあってほしいこのブログ

いつでも ここに きていいからね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月 1日 (木)

中&日 友好♪

私のブログによく遊びに来てくれるjadeskyちゃんは
中国の女の子。(中国在住なんだよね?)

日本人じゃないかって思うくらい日本語が上手。

でも時に、中国のことをコメントでリアルに書いてくれるから
ホントにそうなんだー、って実感してます。

11月29日の「この時期といえば・・」の記事のコメントに
jadeskyちゃんが少し中国の旧暦新年(春節)などについて
説明くれています。
(私が質問したからです)

よかったら 読んでみてください。
関連のサイトも そこのコメントで 教えてくれてます。

なので、中国について知りたいこととかあれば、jadeskyちゃんに
質問しちゃいましょう。

もちろん、批判とか中傷とか嫌な思いをさせるようなコメントは
私が許しませんので、そこのところ どうかよろしく。

それにしても ホントにねー、ブログってすごいのねぇー。
出会いってすごいのねぇー。
何かの縁なのねぇー。

国と国との問題とか、抱えている事情はとてつもなく大きいけれど
やっぱり仲良くしていきたいよね。

平和が一番だよね。争いごとは無い方がいいよね。

LOVE & PEACE だよね。

これからも みなさん仲良くしていきましょうね。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »